Canape

アデライン、100年目の恋のCanapeのレビュー・感想・評価

アデライン、100年目の恋(2015年製作の映画)
3.7
事故で年齢を重ねても老化しなくなったアデラインの物語。世界で一人だけ永遠の命があるってことは愛する人を永遠に見送り続けるということ。同じように人生を歩めないということ。何事にも始まりがあって終わりがあるから美しくその瞬間を噛みしめ愛おしむことができる。満天の空の下で星を見上げた時、森を歩いている時、ふとした光景に思い出す人。交差する押し込んだ思いと伝えられなかった思い。それぞれが伝えあった愛しているから本当の気持ちと受け止めた気持ちに胸がいっぱい。さよならそしてお帰り、アデライン。
どの時代も可愛らしいブレイク・ライヴリーと愛する人たちの背中を押すハリソン・フォードがとっても素敵だった。森で2人が背中合わせに歩きだすところは地球と彗星のようでとっても印象的。きゃぴきゃぴしてると思ったけどしっとりとした美しい童話のようなお話でした。
Start Again Lyrics/Rob Simonsen & Faux Fix Ft. Elena Tonra