光一

鬼灯さん家のアネキの光一のレビュー・感想・評価

鬼灯さん家のアネキ(2014年製作の映画)
3.4
最初のフックはド下ネタなので見づらい人は多いと思うけど、そこには優しい理由が隠されていたし、後半はとても人間味のある映画でした。

「世の中には、まだ名前のつかない気持ちがある」というキャッチコピーそのままに、何とも言えない気持ちが交錯していきます。こういう世界に向き合う気持ちは、視聴者側の僕たちにも本当に大事なことだよなあと思わされます。

前野朋哉のサラリーマン感がどうしてもヤバいけど、彼だからこその「間」がよかったです。

ストーリー点3
監督点4
役者点4
映像音楽点3
印象点2
エモーショナル点4
追加点0.1
総合点3.4

ストーリー点…シナリオや舞台設定など。物語に魅力を感じたか

監督点…構成や演出などのセンス。不自然さを潰してリアリティを作れているか

役者点…俳優や女優の凄み、エキストラの質。キャスティングは適役だったか

映像音楽点…撮影や編集のクオリティー。グラフィックデザインや音楽は作品の世界観に寄り添えているか

印象点…作品として記憶に残るインパクトはあったか。個人的な好みはここに

エモーショナル点…笑えたかor泣けたか。感情の振り子を揺さぶられたか

追加点…同じ点数で並んだ他作品群よりも抜きん出ていると思えた場合は0.1〜0.2点加算