M.K.

天の茶助のM.K.のレビュー・感想・評価

天の茶助(2015年製作の映画)
2.5
学生時代に夢中になってみていた監督の作品。弾丸ランナーからMONDAY位まで、日常からあり得ないくらいの非日常に連れて行かれて夢か現かの世界でグチャグチャでメチャクチャカッコいい世界観に没頭した。
あと堤真一、田口トモロヲ、寺島進を始めとするテレビではあまり観なかった俳優たちの存在…それにフィチャーされる女優さんの綺麗なこと。
愛と誠で武井咲ちゃんより気になった大野いとちゃんという事で、そこは良かった。

天上界で人生はシナリオとして描かれていて、人々はそれに従って生きている。
それに抗おうとする茶汲みの茶助。
予め無茶苦茶な設定から始まるという逆の発想でどんな物語になるのかと興味津々だったけど、正直、共感できなかったなぁ。
この手のテーマ描写や設定の奥行きが浅いと子供の作り話みたいに思えてくる。
そんな浅はかさを忘れさせてくれるような斬新な描写もなかったし、綿密な作り込みもなかったため、茶番にみえてしまった。
突っ込みどころ満載なので触れないけど…。
ただ玉城ティナちゃん?
短時間で見事な存在感、唯一?の収穫だった。
あと伊勢谷君がカッコ良すぎ!