片腕ファルコン

天の茶助の片腕ファルコンのレビュー・感想・評価

天の茶助(2015年製作の映画)
1.8
SABU×松山ケンイチって事で、本当は映画館に足を運ぼうとも思いましたが 当初から評判悪かったでレンタル待ってました…。 うむ...もし映画館で見てたら、『極道大戦争』『Zアイランド』を抜いてワースト1になっている可能性がありましたね。。

それくらい危険なツマラナサで突っ走って置いてけぼりにする映画でした。

思えば、堤真一とのコンビが終わってからのSABU監督は全くもって良い所ナシですよねぇ。。どうしてこんな事になってしまったんでしょう。

天界で人間たちの人生のシナリオを書いてる天使(?)の松ケンがとある可愛い女の子を救うために下界に降り立って…色々珍騒動が起こるって話なんですが、ヘンテコな設定なのに まずコメディではないんです。あえてコメディ路線は避けてるのか 笑わそうという動きは全くありませんでした。
あくまでファンタジーを突き通すつもりなんですが、それも違和感がありまくりで内容がスーーっと入ってきません。

伊勢谷友介や大杉漣、寺島進など演技派が脇を固めてるのにも関わらずいくら波を起こそうと思っても波が立たないという恐ろしい空回り方…SABU監督の頭の中を除いているよな感覚にも感じますが、それならユーモアがなさ過ぎて 嫌だな~て思っちゃいます。
これで105分とはツライです。

オール沖縄ロケってなってますが沖縄っぽさが全くありませんでしたし。。

本当にどうしてしまったんでしょうかね。。SABU監督の復活はもう不可能なんだろうか。。