なつそら

ブラック・スキャンダルのなつそらのレビュー・感想・評価

ブラック・スキャンダル(2015年製作の映画)
2.8
先日「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」を鑑賞し、とても面白い映画だったので、ベネディクト・カンバーバッチが出演している作品を探していたら、大好きなジョニー・デップがとてもインパクトのある髪型?だったので鑑賞。

ストーリーは実在のギャングの話。
兄がギャング、弟が上院議員、その友達が連邦捜査官という嘘のような本当の話。
兄であるホワイティ・バルジャーを演じているジョニー・デップは流石。
あの冷淡さと恐怖を出すのは凄いね。
コノリーの嫁とのシーンは背筋が凍るぐらい。
連邦捜査官コノリーを演じていたのはジョエル・エドガートン。
この人がイマイチだったかな?
連邦捜査官でかなり優秀なんでしょうけど、あんまり優秀に見えない。
馬鹿っぽく見えちゃって…
個人的にはもっと上院議員である弟を絡めて欲しかったかな?
実際にも兄弟の繋がりは見せていなかったのかもしれないけど、そこは脚色して欲しかったかな?
この3人の幼少期からの絆があんまり見えてこないので、どうも感情移入ができない。

ジョニー・デップのカメレオンぶりをみるにはいい映画かもしれません。