ブラック・スキャンダルの作品情報・感想・評価

ブラック・スキャンダル2015年製作の映画)

Black Mass

上映日:2016年01月30日

製作国:

上映時間:123分

3.3

あらすじ

アメリカ・ボストンで生まれ、幼なじみとして育った3人の男たち。70年代、固い友情で結ばれた彼らはギャングのボス、FBI捜査官、有力政治家として、大きな権力を握るようになる。しかしこの絆はやがて、アメリカの正義の根幹を揺るがす大事件へと変貌する…… マフィア浄化に取り組むFBI捜査官のコノリーは、イタリア系マフィアと抗争をくり広げるギャングのボス、バルジャ―に敵の情報を売るよう話を持ちかける。F…

アメリカ・ボストンで生まれ、幼なじみとして育った3人の男たち。70年代、固い友情で結ばれた彼らはギャングのボス、FBI捜査官、有力政治家として、大きな権力を握るようになる。しかしこの絆はやがて、アメリカの正義の根幹を揺るがす大事件へと変貌する…… マフィア浄化に取り組むFBI捜査官のコノリーは、イタリア系マフィアと抗争をくり広げるギャングのボス、バルジャ―に敵の情報を売るよう話を持ちかける。FBIと密約を交わし、情報屋の立場を悪用して敵対する組織を壊滅に追いやるバルジャ―。出世欲の強いコノリーと、名声を望む政治家のビリーもまた、彼と手を組み権力の座を駆け上がっていく。3人の利害が一致したのだ。 欲望と権力にまみれ、狂気を加速させる悪党たちは、どこまで腐りきっていくのか──? ギャング、FBI、政治家が手を組んだ、アメリカ史上最悪の汚職事件=スキャンダルがいま暴かれる!

「ブラック・スキャンダル」に投稿された感想・評価

カトリックのミサといえば、神父が丸い小さなお菓子「ホスチア」を信者の口に入れて十字を切るあれだ。『ブラック・スキャンダル』原題の「Black Mass」(黒いミサ)とは、ヤクザのバルジャーがホスチアよろしく子分や関係者に施した“恵み”を現しているのだろう。
活きのいい若者には景気のいい施しを与え、幼馴染みのFBI捜査官に対立するヤクザの本部を教え、新事業を共にするヤクザ仲間には信頼の証として大金を与える。しかし、カトリックのミサと違うのは、その裏に「無制限の寄付」の要求があるところだ。
この映画に寓意のようなものがあるとすれば「ヤクザとの約束が果たされたら無制限の寄付を求められる」といったものになるだろう。
だが、この史実自体が孕んだ寓意は、「無制限の寄付」の裏にあるヤクザの家族的な関係性だ。親が子に向ける愛情は見返りを求めない無制限にあふれ出る、正に「無制限の寄付」だ。同様の“愛”を子分たちに求めるのがヤクザの親分である。
バルジャーも子分たちに僅かな瑕疵も無い絶対の信頼を求める。同様に愛する息子や母親、弟に無制限の愛を傾ける。特に息子へは強く絶対の愛を。その愛の対象たる家族を少しずつ失い、バルジャーの愛は奇妙な方向へ向かう。
その愛の混迷さを混迷したまま描き出しているあたり、同分野での、たとえばスコセッシの手腕には届いていない。
こわ〜いジョニデ。
かりん

かりんの感想・評価

3.5
記録 何が凄いってジョニー・デップ😆
いや、目が怖い(笑)
Atsu

Atsuの感想・評価

3.4
実話を元とした作品なんですが...その実話を知らないまま見たんですよねー。

予告編から化かし合いとか予想してたんで、ちょっと面くらったというか。

ただドラマとしてみると、なかなかいい作品でした。
特にジョニー・デップの残虐性と繊細さが混ざりあった演技、素晴らしかった!!
はると

はるとの感想・評価

4.0
わかりやすい
maechan

maechanの感想・評価

3.1
大好きな実話映画。
ジョニーデップがスゴい!!
でも登場人物が多すぎたり、人によって名前の呼び方が違うから内容を把握するのに大分と苦労しました…笑笑
まぁ僕の頭が悪いだけで他の人ならもっと楽しめると思います。
公開された時に映画館に行こうかめちゃくちゃ悩みましたが、我慢してDVDにして良かったーって個人的には思いました。
moru

moruの感想・評価

2.4
もっとすごいことするのかと思ったら予想以上にカンバーバッチ関係ないし、何もないし。
あまりこの手の役どころがなかったジョニー・デップを観るための映画。

話は特に複雑でもなく、終わってみれば「まぁ、そうなるな」で片付けられる感じ。
映画ではそれなりにこんな感じの話ってあるよな、と思いつつ、今作は実際にあったことを下地にしてることを考えるとウヘェ('A`)となる。

しかし、CMやら広告でいうほど(想像させるほど)弟さんは何もしてないし、むしろコレとばっちりなんじゃ……?
>|