ブラック・スキャンダルの作品情報・感想・評価

ブラック・スキャンダル2015年製作の映画)

Black Mass

上映日:2016年01月30日

製作国:

上映時間:123分

3.3

あらすじ

アメリカ・ボストンで生まれ、幼なじみとして育った3人の男たち。70年代、固い友情で結ばれた彼らはギャングのボス、FBI捜査官、有力政治家として、大きな権力を握るようになる。しかしこの絆はやがて、アメリカの正義の根幹を揺るがす大事件へと変貌する…… マフィア浄化に取り組むFBI捜査官のコノリーは、イタリア系マフィアと抗争をくり広げるギャングのボス、バルジャ―に敵の情報を売るよう話を持ちかける。F…

アメリカ・ボストンで生まれ、幼なじみとして育った3人の男たち。70年代、固い友情で結ばれた彼らはギャングのボス、FBI捜査官、有力政治家として、大きな権力を握るようになる。しかしこの絆はやがて、アメリカの正義の根幹を揺るがす大事件へと変貌する…… マフィア浄化に取り組むFBI捜査官のコノリーは、イタリア系マフィアと抗争をくり広げるギャングのボス、バルジャ―に敵の情報を売るよう話を持ちかける。FBIと密約を交わし、情報屋の立場を悪用して敵対する組織を壊滅に追いやるバルジャ―。出世欲の強いコノリーと、名声を望む政治家のビリーもまた、彼と手を組み権力の座を駆け上がっていく。3人の利害が一致したのだ。 欲望と権力にまみれ、狂気を加速させる悪党たちは、どこまで腐りきっていくのか──? ギャング、FBI、政治家が手を組んだ、アメリカ史上最悪の汚職事件=スキャンダルがいま暴かれる!

「ブラック・スキャンダル」に投稿された感想・評価

カトリックのミサといえば、神父が丸い小さなお菓子「ホスチア」を信者の口に入れて十字を切るあれだ。『ブラック・スキャンダル』原題の「Black Mass」(黒いミサ)とは、ヤクザのバルジャーがホスチアよろしく子分や関係者に施した“恵み”を現しているのだろう。
活きのいい若者には景気のいい施しを与え、幼馴染みのFBI捜査官に対立するヤクザの本部を教え、新事業を共にするヤクザ仲間には信頼の証として大金を与える。しかし、カトリックのミサと違うのは、その裏に「無制限の寄付」の要求があるところだ。
この映画に寓意のようなものがあるとすれば「ヤクザとの約束が果たされたら無制限の寄付を求められる」といったものになるだろう。
だが、この史実自体が孕んだ寓意は、「無制限の寄付」の裏にあるヤクザの家族的な関係性だ。親が子に向ける愛情は見返りを求めない無制限にあふれ出る、正に「無制限の寄付」だ。同様の“愛”を子分たちに求めるのがヤクザの親分である。
バルジャーも子分たちに僅かな瑕疵も無い絶対の信頼を求める。同様に愛する息子や母親、弟に無制限の愛を傾ける。特に息子へは強く絶対の愛を。その愛の対象たる家族を少しずつ失い、バルジャーの愛は奇妙な方向へ向かう。
その愛の混迷さを混迷したまま描き出しているあたり、同分野での、たとえばスコセッシの手腕には届いていない。
2016年2月7日
ジョニー・デップが恐い
傲慢な人の集い
実話シリーズ。
協力から共犯になっていくのが生々しかったが、実話なので仕方がないが展開は最初から最後まで盛り上がりはなく一丁担。
ジョニーデップの狂気な演技は見物。
JF

JFの感想・評価

1.7
 渋いけど。

 FBIと組むことと密告を許さないこと。主人公は自分の利益のみを手にしたい根っからの悪党だと感じる。ポリシーは感じない。
 主人公のキャラが薄い。ジョニーデップを禿げさせる必要を感じない。
はるこ

はるこの感想・評価

3.8
ジョニデ最初誰だかわからなかったー
ニエル

ニエルの感想・評価

3.0
ジョニーデップにぶっ殺されたいくらいジョニーデップ好きな性癖を持つ方には大変お勧めできます。まじで容赦ないっす。
はね

はねの感想・評価

3.6
実話を元に再現。
いやー、冷酷無残で、何のためにそんなに人を殺すのか。何のためにそこまでする選択を選ぶのか。。。

実際の映画モデルとなった方はだいぶおじいちゃんになってから捕まってますね!
mii

miiの感想・評価

3.0
最後に実話と知ってびっくり😲
ジョニーデップの特殊メイク(?)も良かったです🎦
>|