ブラック・スキャンダルの作品情報・感想・評価

ブラック・スキャンダル2015年製作の映画)

Black Mass

上映日:2016年01月30日

製作国:

上映時間:123分

3.3

あらすじ

「ブラック・スキャンダル」に投稿された感想・評価

Takuji

Takujiの感想・評価

3.2
より大きな悪を倒すために悪を利用するが…実際は全員が自分の利益のためにしか動いていないとうw
事実を基にしているので、現実はこんなもんかって思ってしまった。
もっと地元の繋がりの濃い描写とかあると違うのかな?
ジョニデは犯罪王なのに自ら手を下しすぎてボス感が薄い。。
enne

enneの感想・評価

2.8
実話なのか。
何かのゲームの中にいるように、なんのためらいもなく次々人を殺していくのが怖かった。

バルジャーがホントに悪い。
とても悪いことをするのに長けた子供という感じかな。と思った。
とても賢い人だったのだろう。
自分の大切なものへの愛情が深くて、それを脅かす奴には容赦しない。
Mi

Miの感想・評価

2.5
ジョニーデップが好きだから観てみたけど,久々の悪役でいつものキャッチーな役とは異なる魅力があって良かった!!
ただ,ことごとく人が殺されていくから観てて気分が良いものではなかったかな。
スズキ

スズキの感想・評価

3.9
デップ好きだから見た。こういう役柄もいいものですね。
ジョニー・デップ、久々の悪役なんじゃないでしょうか。
ザ・ウォークに続いて、これもノンフィクション。

見る前は
3人とも極悪人ってイメージだったんですけど
あんまりそんな感じではなかったですね。

○ジョニー・デップ:ジェームズ・ジョセフ・バルジャー
 地元を愛するギャング
 辺りかまわず喧嘩を吹っ掛け縄張りを広げていくというよりは
 地元に手を出すマフィアを排除しにかかる。
 その過程で幼馴染のFBI捜査官のコノリーと手を組むことで
 際限ない力を手に入れてしまい、自分の欲望が止まらなくなっていく
 っていう感じ
○ジョエル・エドガートン:ジョン・コノリー
 地元を愛するFBI捜査官
 功名心というよりはジェームズと同じように地元に手を出すマフィアを検挙するために
 ジェームズと手を組む。
 最後までジェームズのことを証言しなかった辺り、
 本当に地元とバルジャー兄弟を愛する忠誠心の厚い男だったのかも。
○ベネディクト・カンバーバッチ:ウィリアム・バルジャー
 地元の有力政治家という、この映画で一番力をもってる立場なんだけど
 意外と影が薄い。
 実際はそんなことないんだろうけど、この映画ではほとんどその力をふるっていない。
 けど兄のジェームズのことは大好きみたい。

もともとはそんなに大きな話ではなく、
巨悪に対して、それぞれの力で立ち向かってたのが、
その巨悪を食っちゃったことで、自分たちで制御できないほど
自分たちの力が大きくなってしまって、崩壊していったというような話。
映画では。

実際はそんな感じではないんでしょうけど
こういう感じに作ったのは原作がそうだからなのか
監督に何か思いがあったからなのか。

ともあれ、そういう感じで進むので
極悪ギャングが性悪FBIと手を組んで、やりたい放題し放題!!
という映画を期待しているとちょっと残念に終わるかもです。

ジェームズがコノリーの奥さんを脅すシーンが一番イメージに残ってるかも。
「貴女は旦那に恥をかかしている」
だいぶ精神的にやばくなってるジェームズが
こんな冷静なセリフを吐くところが怖かったです。
Kotomi

Kotomiの感想・評価

3.5
とにかく言葉が汚い!笑 ジョニーデップの怪演。何もしていなくても怖い。
Kayoame

Kayoameの感想・評価

3.0
Just for the record.
>|