ブラック・スキャンダルの作品情報・感想・評価・動画配信

ブラック・スキャンダル2015年製作の映画)

Black Mass

上映日:2016年01月30日

製作国:

上映時間:123分

ジャンル:

3.3

あらすじ

「ブラック・スキャンダル」に投稿された感想・評価

takuya

takuyaの感想・評価

4.0
アメリカの70年代が舞台。幼馴染だったギャングとFBI、政治家が手を組んだ実話の汚職事件。
ジョニーデップ演じるバルジャーを見ていると、迫真の演技にこちらまでドキドキさせられた。9年前までバルジャーが捕まってなかったと言うから恐ろしい。
実話が元の、クライムサスペンス。FBIとギャングの癒着のお話。
癒着とは言うが、その原点にあるのは忠誠心(Loyalty)で、ただの汚職の話とは違う。地元ギャングのある男に憧れ、ほぼ一方的に協力し続けたFBI捜査官。それを利用し続ける、極めて冷酷でサイコなギャング。どちらも演技が立っていて、重厚なドラマとして見応えがあった。この作品のジョニデは凄い。並のホラー映画よりビビるくらい恐い。
なんだかあんまり評価されてないようだけど、70,80年代のギャングものが好きな人にはかなりハマる作品だと思う。
かなりヘビー、黒いとしか言いようがない
実話だということが恐ろしい
知ってる役者さんがたくさん出てたから鑑賞
やっぱり悪いことするもんじゃない
ベネ様にはいい人であって欲しかった、、
先日「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」を鑑賞し、とても面白い映画だったので、ベネディクト・カンバーバッチが出演している作品を探していたら、大好きなジョニー・デップがとてもインパクトのある髪型?だったので鑑賞。

ストーリーは実在のギャングの話。
兄がギャング、弟が上院議員、その友達が連邦捜査官という嘘のような本当の話。
兄であるホワイティ・バルジャーを演じているジョニー・デップは流石。
あの冷淡さと恐怖を出すのは凄いね。
コノリーの嫁とのシーンは背筋が凍るぐらい。
連邦捜査官コノリーを演じていたのはジョエル・エドガートン。
この人がイマイチだったかな?
連邦捜査官でかなり優秀なんでしょうけど、あんまり優秀に見えない。
馬鹿っぽく見えちゃって…
個人的にはもっと上院議員である弟を絡めて欲しかったかな?
実際にも兄弟の繋がりは見せていなかったのかもしれないけど、そこは脚色して欲しかったかな?
この3人の幼少期からの絆があんまり見えてこないので、どうも感情移入ができない。

ジョニー・デップのカメレオンぶりをみるにはいい映画かもしれません。
ssgss

ssgssの感想・評価

3.5

いぶし銀のジョニデ👍👍
きったねー世界だ
si

siの感想・評価

3.3
ジョニーデップはやはり存在感が凄い。
公開された時、映画館で観たいと思ったけれど、怖そうだからと断念した作品。実は先日感想を書いた「ディパーテッド」は、この映画と勘違いして観ちゃった作品。大物らしい俳優さん3人が映ってるジャケ写、だってソックリなんだもん♪ だけど、勘違いしたおかげで、「ディパーテッド」を観ることができ、そこから「インファナル・アフェア」を観ることもでき、さらに元々観たかった今作も観られるなんて。ひとつぶで3度美味しい。イエーイ!


悪党と警官の区別がつかない町、南ボストン(サウシー)。アイルランド系の裏社会のボスと、その弟の上院議員、幼馴染みのFBI捜査官。俺たち町の人間でなけりゃわからないような絆で繋がっている。その裏社会のボスを、ジョニー・デップが静かな狂気を抱えて演じる。ほんの少し前まで、実在していた人物だとのこと。


秘密のレシピをそう簡単に人に喋ってはいけないこと、でも喋ると解決することがないわけでもない、ということもわかりました。
>|