ゆきの

悪童日記のゆきののレビュー・感想・評価

悪童日記(2013年製作の映画)
3.5
原作を読んでからの鑑賞。映像化出来ないとされた問題作だったらしいが、物語の独特の雰囲気を保ちつつ忠実に映像化出来てると思う。
戦争の中で双子たちは懸命に生き延びようと二人だけのルールを作り、彼らを取り巻く大人たちはまた彼等に冷たい目を向ける。
なにが正しくて、誰が正しいか。なんて戦時下ではもはや混沌としている中で子供ながらに彼等の生に対する執着は純粋であると思う。
三部作全て映像化してくれる事を期待して。