劇場版 進撃の巨人 前編 紅蓮の弓矢(2014年製作の映画)

上映日:2014年11月22日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:119分
    監督
    荒木哲郎
    原作
    諫山創
    キャスト
    梶裕貴
    井上麻里奈
    あらすじ
    巨人がすべてを支配する世界。巨人の餌と化した人類は 高さ50メートルの巨大な壁を築き、 壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた・・・。 まだ見ぬ壁外の世界を夢見る10歳の少年、エレン・イェーガー。 エレンは仮初めの平和に満足し外の世界へ出ることを諦めた人々に違和感を覚える。 彼らを「家畜」と呼ぶエレン。エレンを「異物」と感じる人々。 だが、壁をも越える超大型巨人の出現により、エレンの「夢」も人々の「平和」も 突如として崩れ去ってしまう・・・。

    「劇場版 進撃の巨人 前編 紅蓮の弓矢」に投稿された感想・評価

    TV版の総集編なので切るところはバッサリだけど、主要エピソードは織り込んでて話は通るし、スピード感ある劇的なカット割でのアクションに息を飲み、巨人の恐ろしさや死にゆく者の悲痛さに固まる。面白さを再認識するには良いです。

    ここではこいつはまだ生きてたとか、こいつらこんな行動してたのか、など改めて観ると色々気付くので復習にはちょうどいい。序盤でいじめっ子に迫るミカサが怖すぎる。そしてリヴァイがカッコ良すぎてホレる。これ劇場で観たら凄かったろうな……と後悔。
    いつかの思い出し記録

    う〜ん!
    何も覚えてない!
    舞台挨拶
    ななな
    3.4

    妹が進撃の巨人にどハマりしていて、見てみなよと言われて見ました。実写化の進撃の巨人が面白くなかったので、あまり期待していなかったんですけど、なんだこれ、、面白い!!これが進撃の巨人か!!と思わせる作品でした。 今まで見て来なかったことを後悔しました、、、

    キャラクターそれぞれが本当いい、、!映画ではザクッとやってるみたいなのでシーズン1見直します!
    ブルー
    3.5
    アニメ全編、観ました。面白かったので映画も観てみた。謂わゆるダイジェスト版。個人的に好きなシーンがカットされていて…的な所はあるけど、全体的には良かったと思う。
    saki
    3.5
    実は漫画は1巻しか読んだことがなかったけど、人気作なのでこちらを観て観ました。
    見れば見るほど面白いと言われた気持ちがわかりました。
    人間の感情がすごく伝わる作品だと思います。
    いと
    2.9
    人を捕食する巨人から身を守るため人類は高さ50メートルの壁で街を覆っていた。しかし、ある日、壁を越える超大型の巨人が現れ…。
    シーズン1総集編前編。初鑑賞だが総集編二ありがちなぶつ切り感は薄く立体機動の描き方がとにかく格好良かった。
    KENTADOMAE
    3.3
    人類VS巨人


    巨人に支配された社会で
    恐怖に打ち勝ち、戦う姿勢や外の世界への探究心はある意味、現代社会への葛藤を表しているように感じる。

    人類と巨人、いったい何が違うのか
    考えさせられる。
    これは妹と4Dで観た、、、
    記録
    >|