劇場版 進撃の巨人 前編 紅蓮の弓矢の作品情報・感想・評価

劇場版 進撃の巨人 前編 紅蓮の弓矢2014年製作の映画)

上映日:2014年11月22日

製作国:

上映時間:119分

3.4

あらすじ

巨人がすべてを支配する世界。巨人の餌と化した人類は 高さ50メートルの巨大な壁を築き、 壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた・・・。 まだ見ぬ壁外の世界を夢見る10歳の少年、エレン・イェーガー。 エレンは仮初めの平和に満足し外の世界へ出ることを諦めた人々に違和感を覚える。 彼らを「家畜」と呼ぶエレン。エレンを「異物」と感じる人々。 だが、壁をも越える超大型巨人の出現により、エレン…

巨人がすべてを支配する世界。巨人の餌と化した人類は 高さ50メートルの巨大な壁を築き、 壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた・・・。 まだ見ぬ壁外の世界を夢見る10歳の少年、エレン・イェーガー。 エレンは仮初めの平和に満足し外の世界へ出ることを諦めた人々に違和感を覚える。 彼らを「家畜」と呼ぶエレン。エレンを「異物」と感じる人々。 だが、壁をも越える超大型巨人の出現により、エレンの「夢」も人々の「平和」も 突如として崩れ去ってしまう・・・。

「劇場版 進撃の巨人 前編 紅蓮の弓矢」に投稿された感想・評価

TV版の総集編なので切るところはバッサリだけど、主要エピソードは織り込んでて話は通るし、スピード感ある劇的なカット割でのアクションに息を飲み、巨人の恐ろしさや死にゆく者の悲痛さに固まる。面白さを再認識するには良いです。

ここではこいつはまだ生きてたとか、こいつらこんな行動してたのか、など改めて観ると色々気付くので復習にはちょうどいい。序盤でいじめっ子に迫るミカサが怖すぎる。そしてリヴァイがカッコ良すぎてホレる。これ劇場で観たら凄かったろうな……と後悔。
玉露

玉露の感想・評価

3.0
よくまとまっている、けど
できたらアニメシリーズを見た方が良いと思う。
時間が無いけど知りたい人のためにはいいのか
hideharu

hideharuの感想・評価

2.5
2017.9.17 DVDを再見。

里帰りの時に映画館で上映中でTVのアニメシリーズの続きかと思い、見に行こうかと思ったら違ってたので辞めた。
テレビシリーズの再編集版を映画にするのが最近の流行りなんですかね?確か「まどかマギカ」とかもそうですよね。

でもまあ元々テレビ版も面白かったからレンタルで全話見ているし、これも総集編という意味合いで見れば及第点でしょう。実写版を見るくらいならこちらにお金を払った方がマシというもの。

アニメの事はあまり詳しくないけど、これも実は総集編ってだけでなく作画も格段に良くなっている?シリーズの方はそこまで意識して見てなかったけど映画版はなんか背景とかすごく手が込んでいてる印象で場面によっては映画館のスクリーンで見ても良かったかなと思ったくらい。

ストーリーは多分全く同じだと思います。
引き続き後編の「自由の翼」を見てみようと思います。
manami

manamiの感想・評価

-
「俺たちは生まれながらに自由だ」
心理的描写は最低限にとどめて話の筋を押さえることをメインにしてる印象で、アニメのダイジェストとしては分かりやすい方かと。
立体機動装置に巨人に壁にその他諸々、アニメの良さがすごく活かせる作品で、どうしてこれを実写化しようという気になれるのか不思議でしかない。
ミカサかっこいい。惚れる。
Same

Sameの感想・評価

2.7
劇場版といいながら、テレビアニメのダイジェストですね。

あらかたの筋はわかりますが、駆け足すぎるし、後半ちょっと端折り過ぎな場面が見受けられます。
また、上映時間いっぱいまでシーンのいいとこ取りしたせいか、常に暑苦しいクライマックスの様な場面の連続で、こっちの気持ちがついていく前に、登場人物たちが真顔で叫び、泣き、戦うのでちょっと気持ちを乗せて見辛かったかな。

ですが立体起動が軽やかに気持ちよく描写されていたことは素晴らしい。
これぞアニメの真骨頂ですね!

原作の下手くそな描画力からくる、ある種の迫力?笑の再現にはスタッフは苦労したんだろうなあ笑
頑張ってるけどやっぱり違和感。
アニメのスタッフはちゃんと上手い人たちなんだから、巨人もそれなりにかっこよくアレンジしてよかったんじゃない?

やはり突拍子も無い設定と、立体起動による空中戦、熱い友情など面白くなる要素は満載だったのだから、素材を生かしてもう少し上手く編集してほしかったなあ。
テレビシリーズを見てた人ならいいけど、これだけ見せられてもダイジェストを見た、という感想しか湧かないですね。

巨人討伐シーンを減らしてでも入れるべき重要な場面はあったはず。
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

3.0
2017/6/6鑑賞(鑑賞メーターより転載)
内容に興味はありつつも、実写映画の評判がさまざまな方面から聞こえてしまっていた(笑)のでたまたま放映していたアニメ版から入門。どうやらテレビアニメ版のダイジェストのようで観ている人からは叩かれまくっているものの、自分のような初見の人間にとってはコンパクトにまとめられた非常に判りやすい構成で世界に入りやすくなっている。なぜこんなシチュエーションになっているとかツッコミ好きの性を脇にを置いておけばw、この作品がなぜ若い人を中心に受けたのかも良く理解でき、後篇への興味も十分につながった。
hayato

hayatoの感想・評価

2.8
【人類は果たして巨人に立ち向かえるのか。】

★名台詞
アルミン『どうしてエレンはそとの世界に行きたいと思ったの??』

エレン『どうしてだって?そんなの決まってるだろ!俺がこの世に生きているからだ!』

↑鳥肌シーン。

《ストーリー》
《演技》○
《音楽》○
《展開》○
《笑い》×
《感動》△
《泣》×

★感想
アニメの方が実写より良いなぁ。
立体起動が凄くカッコいいし、感情移入も出来る。

コミックで何回も読んでいたけど、アニメはやっぱり巨人をバッサバッサと切り倒していくのが爽快。

劇場版でのエンディングYAMANAIAMEというカッコいい曲で終わってくれたので良かった。
にわか

にわかの感想・評価

4.5
絶望の始まり

アニメシリーズの総集編。
前編はトロスト区の穴を塞ぐまで。よくまとめられていて面白い。
AM

AMの感想・評価

3.6
第二シーズンを見始める前の復習として。ハイライトとして綺麗にまとまっているが、初見でこれから入ると、端折られすぎててよく分からないと思う。迫力の映像を劇場で観ることに価値がある作品。
>|