劇場版 進撃の巨人 前編 紅蓮の弓矢の作品情報・感想・評価

劇場版 進撃の巨人 前編 紅蓮の弓矢2014年製作の映画)

上映日:2014年11月22日

製作国:

上映時間:119分

3.4

あらすじ

巨人がすべてを支配する世界。巨人の餌と化した人類は 高さ50メートルの巨大な壁を築き、 壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた・・・。 まだ見ぬ壁外の世界を夢見る10歳の少年、エレン・イェーガー。 エレンは仮初めの平和に満足し外の世界へ出ることを諦めた人々に違和感を覚える。 彼らを「家畜」と呼ぶエレン。エレンを「異物」と感じる人々。 だが、壁をも越える超大型巨人の出現により、エレン…

巨人がすべてを支配する世界。巨人の餌と化した人類は 高さ50メートルの巨大な壁を築き、 壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた・・・。 まだ見ぬ壁外の世界を夢見る10歳の少年、エレン・イェーガー。 エレンは仮初めの平和に満足し外の世界へ出ることを諦めた人々に違和感を覚える。 彼らを「家畜」と呼ぶエレン。エレンを「異物」と感じる人々。 だが、壁をも越える超大型巨人の出現により、エレンの「夢」も人々の「平和」も 突如として崩れ去ってしまう・・・。

「劇場版 進撃の巨人 前編 紅蓮の弓矢」に投稿された感想・評価

TV版の総集編なので切るところはバッサリだけど、主要エピソードは織り込んでて話は通るし、スピード感ある劇的なカット割でのアクションに息を飲み、巨人の恐ろしさや死にゆく者の悲痛さに固まる。面白さを再認識するには良いです。

ここではこいつはまだ生きてたとか、こいつらこんな行動してたのか、など改めて観ると色々気付くので復習にはちょうどいい。序盤でいじめっ子に迫るミカサが怖すぎる。そしてリヴァイがカッコ良すぎてホレる。これ劇場で観たら凄かったろうな……と後悔。
Tガシ

Tガシの感想・評価

2.5
単なる総集編です。
元から出来がいいのでクオリティは高いのですが目立った改変・追加要素はありません。
CHAMA

CHAMAの感想・評価

4.0
過去鑑賞記録
かほ

かほの感想・評価

5.0
おもろい…!!今まで進撃の巨人を見てこなかったのを後悔したぐらい面白い。なぜ私はいつも面白いアニメを後から知るのだろう。時代背景や町並み、キャラ設定はハガレンに近しいものを感じ、壁で囲われてる設定などは映画メイズ・ランナーを彷彿とさせた。
アニメ「進撃の巨人」の総集編ではあるのですが元々TVシリーズのクオリティが高いのでまんま映画にしても何の問題もございません。総集編としても上手い具合に切った貼った繋げたしてるので違和感も特にございません。初めての方でも入りやすいでしょう。しかしこれは逆に後々までの内容を知ってる人にこそもっかい復習される方が面白いと思います。

当時と今とでは情報量が全然違って今や超大型巨人や鎧の巨人の正体はもちろん「巨人とは一体何なのか?」という超重要機密まで知ってるので改めて最初から見ると全く違う見方ができるんですよね。巨人組の訓練兵時代のふとした間やカットとか知ってから見るとたまりません。そもそも1話目のエレンの母ちゃんが食べられるシーンですら後々の伏線に繋がってるんだから諌山先生ホントすごいと思うわ。
アニメ見た人はこっちは見なくても十分
個人的には好きなシーンとかが飛ばされてるとちょっと悲しい
TVシリーズ第1期・第1クールの総集編。劇場公開時に鑑賞したっきりだけれどレビュー。
TVアニメ13話を2時間でまとめるという暴挙のため、原作かTVアニメを見ていないとついて行けない箇所複数アリ。その分スピード感があるため復習としては良く、主題歌とED曲はどちらも良曲。
2ndシーズンを鑑賞前に、振り返り。作画もキレイだし、立体起動装置もよく動いていて、よいアニメ化ですね。
この『進撃の巨人』の原作漫画は、だいぶ前に第一巻を買って読んだだけで映画観た。

ただ、本日公開された『進撃の巨人』(実写版)を鑑賞予定であるため、その予習として去年公開されたアニメ版の前編を観た。

冒頭(漫画第1巻)部分は、かなり原作に忠実であるが、巨人が人間を喰らうシーンは漫画の残酷さをマロやかにした感あり。

結構面白い作品であり、実写版もこのアニメ版も後編まで観なければならない娯楽作であった。
>|