劇場版 進撃の巨人 前編 紅蓮の弓矢の作品情報・感想・評価

劇場版 進撃の巨人 前編 紅蓮の弓矢2014年製作の映画)

上映日:2014年11月22日

製作国:

上映時間:119分

3.4

あらすじ

巨人がすべてを支配する世界。巨人の餌と化した人類は 高さ50メートルの巨大な壁を築き、 壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた・・・。 まだ見ぬ壁外の世界を夢見る10歳の少年、エレン・イェーガー。 エレンは仮初めの平和に満足し外の世界へ出ることを諦めた人々に違和感を覚える。 彼らを「家畜」と呼ぶエレン。エレンを「異物」と感じる人々。 だが、壁をも越える超大型巨人の出現により、エレン…

巨人がすべてを支配する世界。巨人の餌と化した人類は 高さ50メートルの巨大な壁を築き、 壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた・・・。 まだ見ぬ壁外の世界を夢見る10歳の少年、エレン・イェーガー。 エレンは仮初めの平和に満足し外の世界へ出ることを諦めた人々に違和感を覚える。 彼らを「家畜」と呼ぶエレン。エレンを「異物」と感じる人々。 だが、壁をも越える超大型巨人の出現により、エレンの「夢」も人々の「平和」も 突如として崩れ去ってしまう・・・。

原作

主題歌/挿入歌

「劇場版 進撃の巨人 前編 紅蓮の弓矢」に投稿された感想・評価

TV版の総集編なので切るところはバッサリだけど、主要エピソードは織り込んでて話は通るし、スピード感ある劇的なカット割でのアクションに息を飲み、巨人の恐ろしさや死にゆく者の悲痛さに固まる。面白さを再認識するには良いです。

ここではこいつはまだ生きてたとか、こいつらこんな行動してたのか、など改めて観ると色々気付くので復習にはちょうどいい。序盤でいじめっ子に迫るミカサが怖すぎる。そしてリヴァイがカッコ良すぎてホレる。これ劇場で観たら凄かったろうな……と後悔。
M少佐

M少佐の感想・評価

4.0
 「俺に投資しろ!」

粗筋はフィルマにあり⬆

ただの総集編と侮ってもらっては困る。
ファンなら、いやファンにしか楽しめない、かなり作り込んだ名作と呼べる。
実際、テレビ放映の作品が素晴らしすぎて、敬遠していたくちだが、全然作り込みが違う。
これは戦争映画ではないが、平和な日常を描きながら突然来る、恐怖と破壊のカタストロフはテレビ版の比ではない。
始めて原作コミックを読んだあの無慈悲な悲惨を思い出すに充分な演出と血。
ファンの見たいであろうキャラクターの活躍と躍動は改めて見て良かったと思える。

ここからは個人的な話。
実写化、二作を見て心折れ、進撃の巨人の原作からも遠退いていました。
しかし、これを見て既巻25 巻を読み直したくなりました。
それほど、この作品は熱を持っています。
見たいものが見れる幸せ。

上手くまとまりませんが次を見ます。
『劇場版 進撃の巨人 前編 紅蓮の弓矢』
短時間でうまくまとまってて、漫画の展開を崩すこともなく、面白かった。
長男坊と一緒に。おもしろい!
めっちゃ面白かった
3日でアニメ一気に観た
AOT売ってる頃に観とけば
もっとゲストと共感できたな、、
ふみか

ふみかの感想・評価

4.0
アニメがよくまとまってる
FUJI

FUJIの感想・評価

3.5
凄く良かった!良く編集されてた!
テレビ版とBGMが違うので、ちょっとそこはあの曲がよかったな~とか思う場面もあったけど、、、久々に見返せて楽しかった。
第1話を見たときの衝撃ったら…ハンパねぇ。
進撃の巨人が初見の人でもわかりやすくまとまっていたと思う。

アクションシーンの…立体機動装置の迫力は素晴らしい。本当にアニメ化して正解の漫画。作画もサントラも良いしね。

前編での一番好きなシーンは、何と言ってもリコ班長とミカサの連携プレー。
リコ班長の「そこをどけえぇぇぇぇっっ!!」からのミカサの斬撃、めちゃくちゃ興奮します。
「みんな、死んだ甲斐があったな」のセリフは、かっちょええ~~~と思わざるを得ない。アルミンの演説、声優の凄さを再認識できる。

前編は壁の穴を塞ぐところまでです。
M2

M2の感想・評価

3.5
アニメ版の劇場編集版。アニメ見てる私としては、理はなし。ただ作品としては、アクションとカメラアングル、そして音楽が素晴らしく融合していて一見の価値あり。
18-15
>|