TS

メビウスのTSのレビュー・感想・評価

メビウス(2013年製作の映画)
3.4
【冷え切った家族の末】74点
ーーーーーーーーーーー
監督:キム・ギドク
製作国:韓国
ジャンル:サスペンス?
収録時間:91分
ーーーーーーーーーーー
いやはやぶったまげてしまいますぜ。男性の性器が主人公といっても過言ではない程カオスな映画。セリフは一切なし。冒頭から狂っている一家の妻が、息子の性器を切り取り口にほうばってしまうという唖然展開が続き、そこから性器を失った息子の男としての葛藤を描く映画です。さすがキム・ギドク監督といったところか。この監督の作品はいろんな意味で深みがあり興味深いです。もう最初から最後まで性器が気の毒でならない笑 そんな特殊な感情を抱いてしまう問題作です。

生々しい話になりますが、性器を失った気持ちなんて考えたことありませんでした。今作は一貫して「性への執着」が描かれているため小恥ずかしい描写も多いのですが、ぶっ飛んでて笑ってしまう部分も所々あり、特にとある人物の性器がトラックによってペシャンコにされるシーンなんて、自分は何の映画を見てるのだろうと思わずにはいられませんでしたし単純に爆笑。セリフも一切ないので、登場人物の表情で感情を読み取らなければなりません。何でこんな映画を作ったのだろうと思ってしまいますが、ある意味性器にこれほど焦点をあてた映画は見たことなく、程よいカオス具合が中々でしたので、自分の中では何故かまずまずでした。

まあでも相当癖のある映画ですし、日本でもギリギリR18で公開できたくらい。相当の物好きでないとオススメできません笑