メビウスの作品情報・感想・評価

メビウス2013年製作の映画)

뫼비우스/Moebius

上映日:2014年12月06日

製作国:

上映時間:91分

3.5

あらすじ

父・母・息子の3人が暮らす上流家庭。家族としての関係は冷え切っていた。ある日、近くに住む女との不貞に気づき、嫉妬に狂った妻は、夫の性器を切り取ろうとする。しかしあえなく失敗し、矛先を息子へと向ける。凶行に出た後、妻は家を出ていき、夫と息子はとり残される。性器を切り取られてしまった息子は、絶頂に達することができずに生きていくのか。なくしたことで虐められ、生きる自信をもなくした息子。罪悪感に苛まれる…

父・母・息子の3人が暮らす上流家庭。家族としての関係は冷え切っていた。ある日、近くに住む女との不貞に気づき、嫉妬に狂った妻は、夫の性器を切り取ろうとする。しかしあえなく失敗し、矛先を息子へと向ける。凶行に出た後、妻は家を出ていき、夫と息子はとり残される。性器を切り取られてしまった息子は、絶頂に達することができずに生きていくのか。なくしたことで虐められ、生きる自信をもなくした息子。罪悪感に苛まれる中、父は絶頂に達することができる“ある方法”を発見する。それを息子に教えることで、再び父子の関係を築いていく。だが、そこに家を出ていた妻が戻り、家族はさらなる破滅への道をたどり始める―。

「メビウス」に投稿された感想・評価

しんどい
キム・ギドク監督は大好きな監督なんだけど、この作品は最悪だった。観ていて、ただただ不快でしかない。

「うつせみ」でやったセリフ無しだったり、「悪い男」を始め、彼の作品にはかかせないバイオレンスだったり、今まで評価されてきた彼の演出にはちゃんと”必然性”があったから、いい作品になってきたんだけど、今作にはそれがない。

なんとなく、要素から考えてストーリーを構築したんじゃないかな。だから、暴力や性描写なんかが観てて、不快に感じたんだと思う。

父親と母親の取っ組み合いとかコントかと思ったぐらい。

大好きな監督だけに、才能が枯渇したんではないと信じたい。
あまりにもインパクトが強すぎて…見終わった後は放心状態になると請け合い
エネルギー全部吸い取られた。

アンチクライストみたいに、最終的な結論としての切除かと思っていたけど、そうではなく冒頭からアレが切除されてそこからどう生きるのかが描かれていて余計辛い。
本編のほとんどは男性としての象徴を失った青年が苦しむ姿、その原因を生み出した父親の贖罪、怒りのあまり我を失った母親の狂気の三重苦…。

一切のセリフ無しという演出はかなり無理があったけど、見応えは本当にある作品。
Mena

Menaの感想・評価

3.0
セリフが一切ない分叫び声とか息づかいがすごく表現されててセリフがある映画より良くも悪くも疲れる。
先に同監督の【悪い男】を見てしまったからお父さんの役の変わりように驚き。やはり役者さんはすごい。
ただ内容が不倫の嫉妬の腹いせに息子の…あ、これ以上は言えないやつだ。。
最悪。なにこれ
気持ち悪すぎて途中でやめた。
韓国の映画って
強烈なやつホンマに強烈。
village123

village123の感想・評価

4.0
父、母、息子の3人暮らしの家庭は父の不倫により崩壊していた。嫉妬に狂った母は父の性器を切り取ろうとするが、失敗して息子の性器を切り取る。性器を失った息子は苦悩するが、父の献身的な対応や、父の不倫相手との慰め合いなどにより、立ち直りつつあった。しかし、失踪していた母が突然戻ってくる。

冒頭から何もかも異常で驚いた。
無言の喧嘩、時間経過の早さ、痛々しさの描写など、普通のエンターテイメントから逸脱した演出が多い。
セリフが一切なく、役者が発するのは呻き声ばかり。
それでも何をしているか分かるし、苦しみが伝わってくる表現手法がすごい。
かなり観る人を選ぶが、こういう映画はおもしろい。
ぶん

ぶんの感想・評価

3.1
ギャーっ!息子のムスコがとばっちり!

これは全く男の目線から見る価値観の違いで大きな勘違いだと思う!男の価値はそれで決まるかぁー??全くもって甚だしいぞ。
とはいえ映画としてはつまらなくはない。

シュールな笑えないコメディ…ん?コメディ?まっいっか。

裏表のある世界がどうしても繋がっちゃうんだな~メビウス。
mnm

mnmの感想・評価

3.7
愛のむきだしじゃん
チアキ

チアキの感想・評価

3.9

あたし、男性にあんなことが起こったら
亡くなっちゃうんだと思ってました。
>|