メビウスの作品情報・感想・評価

メビウス2013年製作の映画)

뫼비우스/Moebius

上映日:2014年12月06日

製作国:

上映時間:91分

3.5

あらすじ

父・母・息子の3人が暮らす上流家庭。家族としての関係は冷え切っていた。ある日、近くに住む女との不貞に気づき、嫉妬に狂った妻は、夫の性器を切り取ろうとする。しかしあえなく失敗し、矛先を息子へと向ける。凶行に出た後、妻は家を出ていき、夫と息子はとり残される。性器を切り取られてしまった息子は、絶頂に達することができずに生きていくのか。なくしたことで虐められ、生きる自信をもなくした息子。罪悪感に苛まれる…

父・母・息子の3人が暮らす上流家庭。家族としての関係は冷え切っていた。ある日、近くに住む女との不貞に気づき、嫉妬に狂った妻は、夫の性器を切り取ろうとする。しかしあえなく失敗し、矛先を息子へと向ける。凶行に出た後、妻は家を出ていき、夫と息子はとり残される。性器を切り取られてしまった息子は、絶頂に達することができずに生きていくのか。なくしたことで虐められ、生きる自信をもなくした息子。罪悪感に苛まれる中、父は絶頂に達することができる“ある方法”を発見する。それを息子に教えることで、再び父子の関係を築いていく。だが、そこに家を出ていた妻が戻り、家族はさらなる破滅への道をたどり始める―。

「メビウス」に投稿された感想・評価

pcy

pcyの感想・評価

1.0
女性が観るにはしんどいです…。
気持ち悪くなってしまいました^_^;
Uji

Ujiの感想・評価

3.0
性にとり憑かれ、破滅していく家族の物語。
はっきり言って、監督が何を描きたいのかは分からない。

評価する点は、セリフが一切無いのに感情が分かる演出と、どこまでも狂っている家族と、男根を巡るコメディ活劇。

トラックに轢かれるシーンは笑ってしまった。

そこまでして絶頂に達したいか?
男の性をこんなにもシニカルに描いてる監督は、変態の王様です。
chisa

chisaの感想・評価

-
さよなら歌舞伎町をみて
イ・ウヌが良かったから(胸の形じゃなくて演技が)
見てみたけど、、無理
最後まで観れなかった
mei

meiの感想・評価

2.0
\ 観れるもんなら観てみやがれ!/
今まで観た中で1番 “痛い”作品です。
グロ耐性弱者が吐き気に耐えながら
根性だけで半分まで観たけど…死亡。

狂ってる狂ってる自分まで狂いそう!!!
爪と指の間を紙で深く切る想像をしてみてください。その100倍痛いです。
観ていてなぜかヨダレが垂れました。
人間の身体の不思議を発見しました。

そして数日間後遺症に悩まされました。思い出すだけでうぇ〜ってなってレビューが書けない!笑

キム・ギドク監督作品は初めてですが、脚本作品は観たことがあったのでイケるかと…全然イケナカッタ。

台詞がほとんどなく神経が研ぎ澄まされた中でのアレ。作品的にみたら確かに凄いのかも。グロイのも痛いのも大丈夫な方には観てみてほしい。苦手な人は観ちゃダメだよ。

-----------
オススメされて気になるけどグロいらしい…。

脳みそが疲れてて何も考えられないんだけど映画が観たい。ってなったので今がチャンスだと思って観ました。

正直観ている最中はオススメしてくれたPさんを少し恨みました。なんとか頑張って半分までいったけど肩ぐりぐり事件の先がどうしても観れなくて…Pさんに相談しました。

すると「もうやめちゃえ!」とまさかの言葉をいただき、そっこう観るのやめました。Pさんが好きになりました。←単純

純粋な私にはエログロはまだ早かったみたい♡え、
moron

moronの感想・評価

4.5
隙間から覗き見ることと反復とが、言葉のない映像のなかで徹底される。

驚くべきことに、性器を用いずにオーガズムに達する男たちのシーンは、われわれにとってコメディのように見えてしまう。なぜなら、人間の性欲を深刻に直視できるほど、われわれは強くないからだ。一方で、嗤うほどコメディカルにも思われない。なぜなら、映像上の彼らの振る舞いの根源にある浅ましさを、自分の内側に認めずにはおれないからだ。そして、浅ましさの象徴たる性器が身体から取り除かれようとも、事態はなんら変わりはしない。女もまた、男の浅ましさを嗤いながら、彼らの愚行に加担してしまうのだから。息子と対峙する妻も、「母」の顔と同時に「女」の顔を覗かせてしまう。
TYCHO

TYCHOの感想・評価

3.9
1本の男根めぐるサバイバルムービー!

このレビューはネタバレを含みます

 旦那さんが浮気してるのを知った奥さんが旦那さんの性器を切断しようとするけど、なぜか息子の性器を切断しちゃう血みどろの家族の話。

 初期のキム・ギドク作品とは変わってしまって、これはコメディなのだろうか? と不思議な気持ちになる80分でした。台詞が一切なくて説明もないけど、人間関係や感情がわかるのは凄いと思いますが、冒頭で主人公夫婦が喧嘩するシーンからしていきなり本気の殴り合いみたいなぶん殴りあいを繰り広げる夫婦が凄いです。そこからしてコメディなのかなこれ? と戸惑いながら見てしまいました。

 その後も浮気した旦那さんの性器を切断しようとするけど、失敗してその後なぜか息子さんの性器を切断するという。めちゃくちゃかわいそうな息子さん。そこから旦那さんは息子のためにいろいろ性器を復活させようとしたり、性器がない代わりに皮膚をこすって快感を得る方法を編み出したり。息子は息子で不良グループと付き合って、お父さんの愛人を不良グループでレイプされたり。大変なことが繰り広げられていきます。

 しまいには、お母さんが帰ってきたら、息子が移植した性器が今まで反応しなかったのに反応しちゃったもんだから、お父さんが激怒して……。というシークエンス。

 道路に性器が転がって、それが思い切り車に轢かれて「No!」となったりするシーンとかは絶対笑ってしまってキム・ギドグ監督作品はいったいどこへ転がっていくのだろうかと戸惑う映画でした。
セリフがない。
やすす

やすすの感想・評価

3.3
狂気うずまく物語が、一切の言葉を介さずに描かれていく・・・。

人間は与えられると共に、また何かを失い、奪うと同時に奪われる。

表と裏が一体化したメビウスの輪。

人間の根源に迫る狂気の映画でした。
>|