メビウス(2013年製作の映画)

뫼비우스/Moebius

上映日:2014年12月06日

製作国:
  • 韓国
  • / 上映時間:91分
    監督
    キム・ギドク
    原作
    キム・ギドク
    キャスト
    チョ・ジェヒョン
    ソ・ヨンジュ
    イ・ウヌ
    あらすじ
    父・母・息子の3人が暮らす上流家庭。家族としての関係は冷え切っていた。ある日、近くに住む女との不貞に気づき、嫉妬に狂った妻は、夫の性器を切り取ろうとする。しかしあえなく失敗し、矛先を息子へと向ける。凶行に出た後、妻は家を出ていき、夫と息子はとり残される。性器を切り取られてしまった息子は、絶頂に達することができずに生きていくのか。なくしたことで虐められ、生きる自信をもなくした息子。罪悪感に苛まれる中、父は絶頂に達することができる“ある方法”を発見する。それを息子に教えることで、再び父子の関係を築いていく。だが、そこに家を出ていた妻が戻り、家族はさらなる破滅への道をたどり始める―。

    「メビウス」に投稿された感想・レビュー

    eichan
    eichanの感想・レビュー
    3日
    2.5
    男と女とか、妻と愛人とか、父親と息子とか。そんな壁ぶっ壊して攻めてましたね...ツッコミは捨ててブラックジョークだと思って笑いながら観賞。
    エレンエイム
    エレンエイムの感想・レビュー
    5日
    2.0

    このレビューはネタバレを含みます

    一見普通の家庭にみえるある一家。だが、夫(チョ・ジェヒョン)と妻(イ・ウヌ、愛人と二役)の仲は冷え切っており、家庭は崩壊寸前だった。夫が近所に住む女と浮気していることをしった妻は、嫉妬心から夫の性器を切り取ろうとするも失敗する。代わりに息子の性器を切断し、自身の胃の中へとおさめ😨、家を出て行く。
    息子は生きていく自信をなくし、絶頂を知ることがないまま終わってしまう。また、性器のことで虐められ人生に絶望する。
    夫は自分のせいで傷つけられてしまった息子に罪悪感を抱き、彼のためにできることはなんでもしようと努力を重ね、ある自慰行為をみつける。
    また、夫は自身の性器を、息子へ提供し、結合手術を受けさせる。
    その中で次第に絆が芽生えていく二人だったが、突然妻が帰ってきたことで、再び家庭が崩壊へ突き進んでいくことになる。妻が息子を求めるのであった・・・。

    セリフは一切なく痛々しいシーンでの「あ~~」とか「う~~」とかはある。


    ラストのラスト、伏線で、あるオチがあるのですが、あれはよくありがちなオチで。

    兎に角、終始 "(-""-)" とか ( ゚Д゚) とか、こんな顔でなんとか観終わりました。
    ま、、、いろいろと狂気に溢れてます。

    タイトル「メビウス」とは巧いもんです。

    いや~ほんとにいろんな映画があるもんだ
    kiko
    kikoの感想・レビュー
    6日
    5.0
    無声映画で正解。キム・ギドクうまいなぁ
    shu
    shuの感想・レビュー
    2017/05/14
    3.6
    泣き声、笑い声、叫び声、苦痛の声で構成された、全編セリフ、字幕が一切ない作品。
    凄いものを観てしまいました…
    究極の変態ち●こ作品です 笑
    【嘆きのピエタ】でも思いましたがキム・ギドクは鬼才です!
    クレミ
    クレミの感想・レビュー
    2017/05/12
    3.7
    罪深い男の子たち〜〜!みーんなキム・ギドク「メビウス」を見ようね〜〜!

    キム・ギドク3本目にして、やはりこの監督が撮る作品の中では、性欲や暴力というものが人間と人間との関わりにおいて起こる摩擦やディスコミュニケーションを象徴しているのだと気付く。あと、女性に対して求めているものと、恐れているもの、嫌悪するものも非常に男性的で一貫してるなぁと。
    それにしてもやりすぎでしょ…痛いわ不憫だわ気味が悪いわ。お母さん怖すぎる〜〜〜〜!もう男も女も嫌いだ、気持ち悪い、性というものはなんて醜いんだ、とさえ思えてしまうよ…

    人間の業の深さ、醜さ、罪、それを男根と性欲に象徴させるというどストレートさ。男根を失ったら、肩にぶっ刺したナイフをシコシコしながら、母親と全くおなじ顔して、何も言わず全てを受け入れてくれる優しい女の胸に顔を埋めながら達するようになるわけですよ。全く持って醜いし、そこまでしても お前らはセックスがしてーのか?絶頂に達したいのか?ってもう嫌になってしまうんだけど。男にしろ女にしろ、そういう人間の欲望とか本能からなる罪深さって、なんだか笑えるんですよね。滑稽というか。この映画でものっけから笑えるシーン満載なんだけど、その辺りはきっとこの監督分かってやっているなあと感じます。

    父から息子へ、親から子へ、男から女へ、痛みから快感へ、人間の業は廻る。
    石川野乃花きゃわふる
    石川野乃花きゃわふるの感想・レビュー
    2017/05/12
    3.7

    このレビューはネタバレを含みます

    セリフなし!
    永遠にセリフのない映画

    衝撃的すぎて
    ゆるのを辞めたくなったけど
    やめることは許されません
    もう見てしまったのですというような…

    そんな映画です。
    演技力…全ては演技力
    演出はもちろんだけど
    やばい😱
    ken
    kenの感想・レビュー
    2017/04/30
    2.5
    誰も進んで観たくないような現代社会の「痛さ」を生々しく独特のタッチで描くことでキムギドクは評価を受けているようだけれど今作はどうしても頭の大部分が不快感で埋め尽くされてました、、😒
    家族のあり方や性について生々しく(前修正版は映倫が文句つけるほど)
    その切れない捻れた輪、メビウスを描いた今作は、なぜかカットを不自然に早く切る演出に加え、セリフがないのもあいまってなぜかコマ撮りアニメのような印象を受けました。んーこれを個性と捉えれればいいんだろうけど、、観ていて気持ち悪くなりました、、😖笑笑
    これも監督の狙いなんだろうけどさ、、苦笑
    riekon
    riekonの感想・レビュー
    2017/04/04
    2.0
    キムギドク好きだけどこれはちょっとねぇ。
    映像に美しさや汚さがないし痛いシーンは多いけど人の嫌な部分が薄いかなぁ。
    セリフ無いからかな?
    もっとガツンときて欲しかった。
    どうなっていくのかは気になったので飽きずに観れました。
    >|