Ryo

グッド・ライ いちばん優しい嘘のRyoのレビュー・感想・評価

4.1
映画として見るというか自分の知らない世界を見せられた感じでした。
自分がどれだけ幸せに安全に暮らせてるか教えられました。1人でも多くの人に見て欲しいです。実際の役者さんも本当に難民の人だったのでそれにも衝撃を受けました。
多分こういう人達はお互いの絆ってゆうのが桁違いなんだろうな。
バカな事で笑いあったり、ラストも命懸けで守ってくれた人を幸せにするために一生キャンプの中で暮らす覚悟をして嘘をついたんだろうな。

ここから先はネタバレになってしまいます。


ラストシーンではマメールが嘘をついて現地に残ることになる。テオに恩返しするために嘘をつきアメリカに行かせました。パスポートもないしビザも発行できないためマメールは多分あれから一生現地で暮らしたんだと思いました。