マツダ

グッド・ライ いちばん優しい嘘のマツダのレビュー・感想・評価

3.6
2015年の414本目!!

予告編とかではクール・ランニングのようなカルチャーショック系の笑いでコメディ色が強い映画のイメージでしたが

180度違ってました!

前半はスーダンの内戦で家族を失って子どもたちだけでひたすら銃をもった軍から逃げるという割りとずっしりとしたテーマで進んでいってアメリカに入ってからもなかなか馴染めない日々が続いて兄弟同然だった3人が上手くいかなくなったり…

最強のふたりの大ヒット以降、予告編とかポスターとかあらすじに「最強のふたり」ってワードをむやみにねじ込んでる気がする…。(笑)

どっちかっていうとサンバとかに近い社会派な映画やった!

そういう映画だと思って観ればこの映画はいい作品!

絆を大切にできる映画でしたー!