Volvicinema

グッド・ライ いちばん優しい嘘のVolvicinemaのレビュー・感想・評価

3.9
スーダンでは、現在まで20年以上も内戦が続き、これまで200万人以上もの人が死亡している。
アフガン難民に次ぐ、60万人もの人々が難民生活を余儀なくされている。

そんな世界情勢を背景に、1つの優しい嘘から生まれる感動のストーリーが、バイト後の疲弊した僕を癒してくれる。

私達は家族に会える、兄弟に会える。そんな当たり前の事が、当たり前に出来ない人達がいる。その事を知る事だけでも、この映画観る価値があると思う。

電話を知らない、ストローも知らない、ピザも知らない。
そんなロストボーイズ(紛争難民)が、アメリカの地に降り立って、死んでいった仲間のために新しい人生を全うしようとする姿は、勇ましく、なんだかうるっときてしまった。

リースウィザースプーンのほうれい線の侵食は止まることを知らない。