たかひろ

グッド・ライ いちばん優しい嘘のたかひろのレビュー・感想・評価

4.0
前半の難民のシーンで、「これ違う映画観てる??」と思ってしまうくらいには重い過酷なスーダン難民の現実を突きつけられた。

そして月日は流れ、マメール達はアメリカに渡り右も左もわからない中で仕事を始め、勉学に励む。

スーダンとアメリカのあまりのギャップに驚くマメール達を、あるシーンでは面白く、あるシーンではシリアスに伝えてくるアンバランスさがとても好きだった。

あらゆる面でのギャップに苦しむマメール達の姿はリアリティがあるのではないかと思う。

「なんでこんなタイトル??」って思ったけどなるほどそういうことか。

兄弟の絆、良い嘘とは何か。