グッド・ライ いちばん優しい嘘の作品情報・感想・評価・動画配信

「グッド・ライ いちばん優しい嘘」に投稿された感想・評価

ChieBannai

ChieBannaiの感想・評価

4.5
アフリカからアメリカに逃れた兄弟5人の話。安全な場所に逃れたら全てがうまくいくわけではない。アフリカとは全く違う文化に触れつつ染まらない、純粋な兄弟たちに心が動かされた。
R

Rの感想・評価

-
2021-10
lulu

luluの感想・評価

3.8
まだつい最近の出来事
自分が学生でくだらない事で悩んだりしてた時にあんな思いをしてた人達がいたなんて。
恵まれてると思った
あくまで映画なので実際はもっと過酷なことが起きているのかもしれない。序盤で移動するシーンあるんだが、◯◯まであと◯◯◯kmと表示され、しかも所々方向転換していた、これを裸足で歩いていたのかと思うと、早々に想像の域を超えていた。。

出演者たちが実際に難民や少年兵だったのか。。

感謝を忘れず、生きることの大切さを改めて実感させられる。

急ぐなら1人で行け
遠くへ行くなら一緒に行け
saki

sakiの感想・評価

3.0
スーダン難民の話。
前半はあまりにも衝撃的で心がついていけなかった。
アメリカに移住してからの出来事も、彼らの目線で見ると確かに驚きの連続で、今まで当たり前だと思っていたことが全く当たり前ではないという事実に気付かされた。

マメールの悲しい決断には「他に何か手段はなかったのか」とも思ったが、思うだけではダメなのだ。何か私にできることはないかと考えさせられた映画。考えているだけではダメなのだけれど。
奇跡の食べ物ピザで笑ってしまった。
ごはんは残さず大切に食べます
nnn

nnnの感想・評価

4.8
自分が暮らす世界がどれだけ平和で、
幸せであるかを感じさせてくれた映画。

1日どれだけの、まだ食べられる食品が捨てられていて、どれだけの人がその食べ物を必要として飢餓で亡くなったのか、、。
食品を扱う仕事に関わっていてフードロスについて考えることが多々ある。
当たり前のように、売れなかった商品はゴミ箱にどんどん捨てられていくのを目にする。
この映画を見て、生活の違いを思い知らされた。
蛇口をひねれば安全に飲める水がでてくるなんてこんな幸せなことはない。
酷暑のスーダンで脱水を防ぐために
尿を飲んだシーンが衝撃的だった。
自分の当たり前が国が違えば異常だし、
その概念さえ存在しない。
でもそんな辛い状況であっても人を思う気持ちは欠けることがないことが感動した。
自分を犠牲にしてまでも他人の為に
行動ができる人は美しいと思った。
rio

rioの感想・評価

4.5
アフリカンの家族愛兄弟愛大好き

誰かを救けるための優しいウソ

彼はきっと「生きててほしい」と願い続けていたんだろうね

生きる場所も人生をを左右する大きな選択だったけど、それでも互いに一番大事なのは兄弟への愛だった

ホームレスの白人女性に廃棄食品を与えるも店長に見つかってしまい…

ジェレマイア「…与えないのは罪です」
店長「おぃ誰がそんなこと言ったんだ?」
ジ「…ジェレマイア」
店長「…誰だ?そいつは?」
ジ「…私です」

なんという聡明さと正直さ。

すべてを兄弟と思うこの垣根のない心の豊かさ、とっても貴重で美しいものだと思いました。

とっても素敵な映画です。

しかも出演した彼らもまた、スーダン難民やその子孫ということ。
たぶんこの映画を通して自分たちや苦しんでいる兄弟のことを知って欲しかったんだろうな。
美しい瞳の奥から溢れる深い愛情にまた泣きました。

移民支援?の白人女性は意外と脇役でした。
でもアビタルを招いてくれた心意気に感謝☆

3.9だけど、もっと評価高くてもいいと思う☆
Paige

Paigeの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

どんな理由があっても やっぱり戦争はいけない ただ、それだけ 本当にそれだけなのだ
人には必ず心がある 傷は癒えても心の傷はそう簡単に治らない 死んでしまった人は二度と戻らない 人には人に必ずそれぞれの人生がある 簡単に奪えるものじゃない奪ってはいけない

このレビューはネタバレを含みます

アフリカシーンとアメリカシーンで印象ががらっと変わる。

アフリカシーンは、目を背けたくなるくらいつらいけど、これがリアルなんだよなあアメリカシーンはコミカルに見えつつ、異文化に馴染みきれないところが時に心配になる。

アフリカ人の俳優さんたちはみんな元少年兵ということで、
全編通して見ると感慨深さとその笑顔に至るまでのいきさつを想像してしまう、、

グッドライを使いこなせるようになったマメールは真のリーダー😭😭
>|