YuukiImazu

海街diaryのYuukiImazuのレビュー・感想・評価

海街diary(2015年製作の映画)
3.8
「誰のせいでもない。」、て台詞が意味する望まざるして背負った重責やら、わだかまりが、平凡な日常の些細な出来事の積み重ねで溶けていく。

スパイスの効いた演出はなく、流れるような語り口がひたすらに心地よい。姉妹を優しく包む趣ある鎌倉の風景や古い日本家屋、といった画になるカットの数々が、心の琴線に触れ終始うっとりだよ。

飯を作る、飯を食う、梅を漬けたり、そんな他愛のない生活行為に、中心人物達の絆やらを繋ぐ特別な意味合いが含まれてる。淡々と綴られる ゆったりとした作品ながら、何気ない場面が実は深い、みたいな感じで心を掴まれっぱなしでしたわ。秀逸な脚本に唸らされ、もう、、魅力がすごいよ。