netfilms

海街diaryのnetfilmsのレビュー・感想・評価

海街diary(2015年製作の映画)
4.0
 ある夏の朝、幸田家の3姉妹(綾瀬はるか・長澤まさみ・夏帆)の元に届いた訃報は、15年前女に走り、家を蒸発したままの父親だった。母親(大竹しのぶ)も父の不倫からこの家が嫌になり、新しい夫の生活する札幌へと去った。それ以来、鎌倉にある古い民家には3姉妹だけが暮らしていた。父親の突然の訃報で、山形に向かった3姉妹はそこで腹違いの妹浅野すず(広瀬すず)に出会う。別れ際の列車のホームでふいに寂しくなった長女幸(綾瀬はるか)は彼女に一緒に住まないかと提案する。3姉妹は父親の不在を15年受け入れて生活して来たが、少女の心境はそうではない。この少女には母親が既におらず、親戚も極僅かで、たった今から身寄りのない生活を受け入れなければならない。長女の幸はそんな少女すずの姿が実にいじらしく、声をかけずにいられない。彼女たちが4姉妹になるきっかけを与える場面が非常に素晴らしい。喪服姿で3人並んで手前にゆっくり歩いて来るところを、後ろから少女が全速力で追いかけて来る。その姿が向かい角を曲がるところでうっすら見えてから、荒い息遣いが迫って来る。そこで少女が手渡したのは、父が形見として持っていた長女の写真だった。

 彼女を鎌倉に誘うところから、列車が走り出す姿を全速力で追いかけるすずの姿が実に印象的である。彼女たち3人を見送ったところから始まる身寄りのない生活を受け入れることの葛藤。それを覆してみせた3姉妹の優しさに、失意のどん底から立ち直った少女の躍動をエモーショナルに伝える。鎌倉の古い民家、江ノ電の往来、古い線路、坂、急な階段、広い海岸線、花火、それらのイメージは決して新しいものではない。むしろ普遍的な家族の形を我々に思い起こさせる。小津や成瀬や相米が綴った家族の風景、子供たちの成長物語は2015年という境界を実に曖昧にしてしまう。テレビやインターネットはもちろんなく、携帯電話さえも一度だけの登場に留めている。そういうテクノロジーは、今作においてはまったく必要とされていない。今作を最も印象づけているのは3度出て来る葬式の場面であろう。最初の父親の葬式では、外に出て来た3姉妹が煙突から出る白い煙を見送る。小津さんの映画にも出て来たあまりにも印象的な煙突の白い煙だが、この死というのは生と隣り合わせの出来事であり、彼女たちの今生きている生の瞬間を浮き彫りにする。

 今作において生きることとは死んだ人に手を合わせることに他ならない。3女の夏帆や長女の綾瀬はるかは何度も仏壇に手を合わせ、お祈りする。時には母親である大竹しのぶまでもが仏壇に手を合わせる。大雨の日、お婆ちゃんの墓を2人で墓参りする時も、困難な道中にも関わらず2人は何の躊躇もない。生きることを明確に示すのは食べること、話すこと、恋をすることであろう。すずが鎌倉の家に着いて最初にしたことは、4姉妹と3女夏帆の同僚のスポーツマックス店長の浜田(池田貴史)とご飯を食べることである。それ以外にもちくわチーズカレー、梅酒、生シラス丼、シラス・トーストなど食べ物を食べるシーンが何度も何度も反復されていく。時にはすずがシラスの水揚げから天日干しの作業を行う姿を通して、亡き父親との思い出を振り返る。話すことは4姉妹の関係性を示す最も重要な視点だろう。いつもケンカが絶えないが、いざとなった時には結託する長女と次女。長女はしっかり気質で面倒見が良いタイプ。次女は若干お調子者で口達者。その長女と次女に挟まれ、少し抜けたところもある三女の様子をシンプルな会話劇で表現する。小津さんの映画の女性ヒロインがいつも前髪を上げていたように、今作でも唯一夏帆を除いて、綾瀬はるかや長澤まさみや広瀬すずが全ての場面ではないが、前髪を上げている。この一見古風な髪型が、日本人女性特有の肌の美しさをスクリーンから放射する。