まるまる

海街diaryのまるまるのレビュー・感想・評価

海街diary(2015年製作の映画)
4.0
個人的に初是枝監督映画。


海辺の街かー。
折々の四季、一日24時間、一体どんな空気してんのかなぁ。
旅行とか合宿で何泊かしたことはあるけど、
そういう気ぜわしい時間じゃなくて、
そこで暮らしてると、どんな空気してるんだろか。
冒頭、朝の光に包まれる鎌倉の海と街に思わず深呼吸しました。

ほんと、人って思うようにならないですねー。
この時間がずっと続けばいいのにーとか思いながら、
いつまでも同じではいられない事も知ってる。
夫婦だって親子だって兄弟姉妹だって恋人だって、どうしたって相違が生まれることも知ってる。
だから、花火とか、柱の背比べとか、自転車とか、他愛もない会話とか、そんななんでもない日常のシーンが、ものすごく幸せに映った。

こんなこと言うと、まるで別れ行く悲しい映画っぽいですが、
この映画は
”父親の死をきっかけにともに暮らすようになった3人の姉と腹違いの妹が本当の家族になっていく”映画ですw
https://natalie.mu/eiga/news/285204

中島みゆき「一人きり泣けても、一人きり笑う事は~できなーい♪」な感じ;^^)
♪withその後へ君の名を綴っていいか?
♪with寂しさと虚しさと疑いとのかわりに

…なんだか、もはや別の映画の事書いてるような気が;^^)/
するのですが、そんな事思っちゃいましたw


上手い事言えませんが、良い映画でした。
あー海行きたい



7月4日追記
原作のマンガ読んだ。
こっちは更に面白かったw
映画だとどうしても時間の問題がでちゃいますね。
エピソード絞って、割と原作に忠実に映画にしてるっぽいです。
「鎌倉行ってみて―」と思わせたのは映画の方。