海街diary(2015年製作の映画)

上映日:2015年06月13日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:126分
    監督
    是枝裕和
    脚本
    是枝裕和
    原作
    吉田秋生
    キャスト
    綾瀬はるか
    長澤まさみ
    夏帆
    広瀬すず
    大竹しのぶ
    堤真一
    加瀬亮
    風吹ジュン
    リリー・フランキー
    前田旺志郎
    鈴木亮平
    池田貴史
    坂口健太郎
    キムラ緑子
    樹木希林
    あらすじ
    父が死んで、鎌倉の家に、腹違いの妹がやってきました―。 海の見える街を舞台に、四姉妹が絆を紡いでいく。 深く心に響く、家族の物語。 両親を許せない長女と、自分を許せない四女。 それぞれの想いを抱えながら、四人が本当の家族になっていく一年間の物語。 まぶしい光に包まれた夏の朝、鎌倉に住む三姉妹のもとに届いた父の訃報。十五年前、父は家族を捨て、その後、母(大竹しのぶ)も再婚して家を去った。父の葬儀で、三姉妹は腹違いの妹すずと出会う。三姉妹の父を奪ったすずの母は既に他界し、頼りない義母を支え気丈に振る舞う中学生のすずに、長女の幸は思わず声をかける。「鎌倉で一緒に暮らさない?」 しっかり者の幸と自由奔放な次女の佳乃は何かとぶつかり合い、三女の千佳はマイペース、そんな三姉妹の生活に、すずが加わった。季節の食卓を囲み、それぞれの悩みや喜びを分かち合っていく。しかし、祖母の七回忌に音信不通だった母が現れたことで、一見穏やかだった四姉妹の日常に、秘められていた心のトゲが見え始める―。

    「海街diary」に投稿された感想・レビュー

    SHOWWW
    SHOWWWの感想・レビュー
    2017/02/21
    3.7
    出てる演者と風景、日常の描写が綺麗で良いなぁってなった。
    話はそんなに覚えてない。
    でも、なんか良かった。
    特に話に山があるわけでも新規性があるわけでもない。
    でも、なんか良かった。
    そんなお話。
    きむら
    きむらの感想・レビュー
    1時間
    4.0
    うんこれは好きだよ。でも最近漫画とか小説が原作っての多くない?
    mh
    mhの感想・レビュー
    7時間
    4.0
    ハラハラドキドキするシーンや感動するシーンはとくにないけど、ゆったりとナチュラルな雰囲気でとても良かった。キャストが豪華だった。
    sgmtnacco
    sgmtnaccoの感想・レビュー
    9時間
    4.0
    好きな世界観
    みゆ
    みゆの感想・レビュー
    10時間
    4.0

    このレビューはネタバレを含みます

    あなたがお父さんのお世話してくれたのよね、本当にありがとう。で泣いた

    北海道から母がやってくるシーンはガクブル。大叔母さんも...
    。いやー女が集まるとキツいっすな。。

    実はこれの原作も持ってるっぽいけどどこにやっちゃったかなぁ?売ってしまったかな?あまり熱心に読んでなかった笑
    吉田秋生の描く鎌倉作品はラヴァーズ・キスが大好きなんだけど、坂口健太郎、藤井朋章役だったのかww

    地元っ子は船から花火見れてええなぁ
    まえだまえだの弟くんかわいかったw
    やっぱり中学生は最高じゃ

    全体通して、アレがアレしてが多くてワロタ

    長澤まさみの脚もよかったけど綾瀬はるかのノーブラもよかったです
    2人がベッドで話すシーンの綾瀬はるかノーブラだよね?

    三きょうだいの姉なんでわかるわかるが多い。。なんか、結局そこな気がしますね。

    いや〜おうちにNetflixがやってきたんですが充実しててたくさん観ちゃうなぁ〜
    さゆりんごパンチ
    さゆりんごパンチの感想・レビュー
    11時間
    -
    ずっと微妙にパン&ドリー時々ズームしてるのが気になって気になって。
    日本情緒と『夏至』みたいなオリエンタル姉妹感がカンヌではウケたのか…?
    夏帆が相当よい。
    ユーヘイ
    ユーヘイの感想・レビュー
    13時間
    3.7
    非常に道徳的な映画でした。
    きゃみー
    きゃみーの感想・レビュー
    13時間
    4.5
    鎌倉に行きたくなるし、5人目の末っ子になりたい
    yuik
    yuikの感想・レビュー
    18時間
    3.8
    夏帆かわ
    刺繍屋
    刺繍屋の感想・レビュー
    20時間
    3.5
    原作は未読なのですが吉田秋生さんの作品は割と好きですし、綾瀬はるかさん、長澤まさみさん、夏帆さん、広瀬すずさんの4人が姉妹を演じた事でも話題になっていたので鑑賞してみました。

    鎌倉で暮らす三姉妹と腹違いの妹が一緒に暮らし始めるという点を除けば至って平凡な日常を綴って作品でしたが、吉田秋生さんの絵が思い浮かんでくる辺り、多分上手く実写化されているのだと思います。

    ただ映画として面白いか?と訊かれたら、それは微妙かもしれないですね。

    良い意味でも悪い意味でも日本的な曖昧とした作品なので物足りなく感じる方も多いと思いますが、長い時間を掛けて撮影された事もあり、主演を務めた4人がラストでは本当の姉妹のように見えたりと、四姉妹の変化を楽しむのも良いかもです(♡ˊ艸ˋ♡)
    >|