海街diaryの作品情報・感想・評価

海街diary2015年製作の映画)

上映日:2015年06月13日

製作国:

上映時間:126分

3.7

あらすじ

父が死んで、鎌倉の家に、腹違いの妹がやってきました―。 海の見える街を舞台に、四姉妹が絆を紡いでいく。 深く心に響く、家族の物語。 両親を許せない長女と、自分を許せない四女。 それぞれの想いを抱えながら、四人が本当の家族になっていく一年間の物語。 まぶしい光に包まれた夏の朝、鎌倉に住む三姉妹のもとに届いた父の訃報。十五年前、父は家族を捨て、その後、母(大竹しのぶ)も再婚して家を去った。…

父が死んで、鎌倉の家に、腹違いの妹がやってきました―。 海の見える街を舞台に、四姉妹が絆を紡いでいく。 深く心に響く、家族の物語。 両親を許せない長女と、自分を許せない四女。 それぞれの想いを抱えながら、四人が本当の家族になっていく一年間の物語。 まぶしい光に包まれた夏の朝、鎌倉に住む三姉妹のもとに届いた父の訃報。十五年前、父は家族を捨て、その後、母(大竹しのぶ)も再婚して家を去った。父の葬儀で、三姉妹は腹違いの妹すずと出会う。三姉妹の父を奪ったすずの母は既に他界し、頼りない義母を支え気丈に振る舞う中学生のすずに、長女の幸は思わず声をかける。「鎌倉で一緒に暮らさない?」 しっかり者の幸と自由奔放な次女の佳乃は何かとぶつかり合い、三女の千佳はマイペース、そんな三姉妹の生活に、すずが加わった。季節の食卓を囲み、それぞれの悩みや喜びを分かち合っていく。しかし、祖母の七回忌に音信不通だった母が現れたことで、一見穏やかだった四姉妹の日常に、秘められていた心のトゲが見え始める―。

「海街diary」に投稿された感想・評価

SHOWWW

SHOWWWの感想・評価

3.7
出てる演者と風景、日常の描写が綺麗で良いなぁってなった。
話はそんなに覚えてない。
でも、なんか良かった。
特に話に山があるわけでも新規性があるわけでもない。
でも、なんか良かった。
そんなお話。
絵になる女4人と日本の懐かしい家庭の雰囲気がのほほんとしてよい。
marino

marinoの感想・評価

3.7
うまく言い表せないけど画面からも澄み切った空気がスーッと伝わってくる、そんな映画だった。あの姉妹4人の雰囲気、とても良かった。

鎌倉ってやっぱり良いとこ。
もう少し盛り上がりたかった。最後の最後の演出、脚本がちょっと残念かな?
竜弥

竜弥の感想・評価

3.2
久しぶりに見たけど、しらす丼食べたい。
ふじこ

ふじこの感想・評価

4.0
やわらかく、あたたかい
Ru

Ruの感想・評価

3.5
温かいお話だった!出演者も良かった!
>|