海街diary(2015年製作の映画)

上映日:2015年06月13日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:126分
    監督
    是枝裕和
    脚本
    是枝裕和
    原作
    吉田秋生
    キャスト
    綾瀬はるか
    長澤まさみ
    夏帆
    広瀬すず
    大竹しのぶ
    堤真一
    加瀬亮
    風吹ジュン
    リリー・フランキー
    前田旺志郎
    鈴木亮平
    池田貴史
    坂口健太郎
    キムラ緑子
    樹木希林
    あらすじ
    父が死んで、鎌倉の家に、腹違いの妹がやってきました―。 海の見える街を舞台に、四姉妹が絆を紡いでいく。 深く心に響く、家族の物語。 両親を許せない長女と、自分を許せない四女。 それぞれの想いを抱えながら、四人が本当の家族になっていく一年間の物語。 まぶしい光に包まれた夏の朝、鎌倉に住む三姉妹のもとに届いた父の訃報。十五年前、父は家族を捨て、その後、母(大竹しのぶ)も再婚して家を去った。父の葬儀で、三姉妹は腹違いの妹すずと出会う。三姉妹の父を奪ったすずの母は既に他界し、頼りない義母を支え気丈に振る舞う中学生のすずに、長女の幸は思わず声をかける。「鎌倉で一緒に暮らさない?」 しっかり者の幸と自由奔放な次女の佳乃は何かとぶつかり合い、三女の千佳はマイペース、そんな三姉妹の生活に、すずが加わった。季節の食卓を囲み、それぞれの悩みや喜びを分かち合っていく。しかし、祖母の七回忌に音信不通だった母が現れたことで、一見穏やかだった四姉妹の日常に、秘められていた心のトゲが見え始める―。

    「海街diary」に投稿された感想・評価

    SHOWWW
    3.7
    出てる演者と風景、日常の描写が綺麗で良いなぁってなった。
    話はそんなに覚えてない。
    でも、なんか良かった。
    特に話に山があるわけでも新規性があるわけでもない。
    でも、なんか良かった。
    そんなお話。
    nao
    3.5
    記録
    鎌倉に住む美人4姉妹のハートフルな日常映画。
    原作漫画は未読。

    この映画、波乱万丈奇想天外な物語の起伏がない。なのに、2時間飽きずに見られるおそろしい映画だった。

    鎌倉の町並み、4姉妹のちょっと訳ありな日常、育まれていく絆。そんな些細なことを見ていくだけでも楽しい。

    まず映像の撮り方が綺麗で、これって自分の知ってるあの場所だよなぁ?って疑ってしまうくらい。
    そこに綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずがいたら、そりゃ絵になるのも納得。

    そして父になる。といい、是枝監督の家族感の伝え方は素晴らしい。

    ストレスの多い現代社会。
    2時間の癒しを求めて、この映画はいかがでしょうか。
    早彩
    3.0
    おとうさんが「4姉妹の話借りてきたよ」というので一緒にみました。
    次女の長澤まさみが色っぽかった。夏帆と綾瀬はるかは肌がすっごく白くて綺麗だった。この4姉妹のお父さんどんだけ美形なんだろうな、遺伝子だけで偉大だなと思いました!!
    kaho
    -
    姉妹っていいなってのと、やっぱ江ノ電を生活の一部にするのはロマンよね。
    こまち
    3.3
    きれいな映画だった。
    鎌倉の景色も、四人の姉妹も。
    江ノ電いいな~~~という気持ち、女きょうだいがいるっていいな~~~という気持ちになった。

    でもストーリーまでもがキレイすぎて、あまり胸に刺さらなかった。
    もちろん、家族関係は複雑だし、不倫とか暗い要素もあるんだけれど。
    複雑な家庭という設定の割にはキレイでこざっぱりしてて、拍子抜けした。
    もっとエグい喧嘩してほしかった。

    そういうの求めちゃだめなんだろね。
    このきれいさを、まっすぐに受け取って飲み干すべきなんだろうな。
    ささい
    3.5
    好きな役者さんばかり。
    広瀬すずが好きになります。
    Makinooto
    4.2
    いいね!夏に見たいね!

    サラッと見れる。何も考えずに

    やっぱり女兄弟憧れるな〜
    >|