海街diaryの作品情報・感想・評価

海街diary2015年製作の映画)

上映日:2015年06月13日

製作国:

上映時間:126分

3.7

あらすじ

父が死んで、鎌倉の家に、腹違いの妹がやってきました―。 海の見える街を舞台に、四姉妹が絆を紡いでいく。 深く心に響く、家族の物語。 両親を許せない長女と、自分を許せない四女。 それぞれの想いを抱えながら、四人が本当の家族になっていく一年間の物語。 まぶしい光に包まれた夏の朝、鎌倉に住む三姉妹のもとに届いた父の訃報。十五年前、父は家族を捨て、その後、母(大竹しのぶ)も再婚して家を去った。…

父が死んで、鎌倉の家に、腹違いの妹がやってきました―。 海の見える街を舞台に、四姉妹が絆を紡いでいく。 深く心に響く、家族の物語。 両親を許せない長女と、自分を許せない四女。 それぞれの想いを抱えながら、四人が本当の家族になっていく一年間の物語。 まぶしい光に包まれた夏の朝、鎌倉に住む三姉妹のもとに届いた父の訃報。十五年前、父は家族を捨て、その後、母(大竹しのぶ)も再婚して家を去った。父の葬儀で、三姉妹は腹違いの妹すずと出会う。三姉妹の父を奪ったすずの母は既に他界し、頼りない義母を支え気丈に振る舞う中学生のすずに、長女の幸は思わず声をかける。「鎌倉で一緒に暮らさない?」 しっかり者の幸と自由奔放な次女の佳乃は何かとぶつかり合い、三女の千佳はマイペース、そんな三姉妹の生活に、すずが加わった。季節の食卓を囲み、それぞれの悩みや喜びを分かち合っていく。しかし、祖母の七回忌に音信不通だった母が現れたことで、一見穏やかだった四姉妹の日常に、秘められていた心のトゲが見え始める―。

「海街diary」に投稿された感想・評価

SHOWWW

SHOWWWの感想・評価

3.7
出てる演者と風景、日常の描写が綺麗で良いなぁってなった。
話はそんなに覚えてない。
でも、なんか良かった。
特に話に山があるわけでも新規性があるわけでもない。
でも、なんか良かった。
そんなお話。
これといってストーリーに波があるわけじゃないけどなんか見終わると見て良かったなってなる作品。

鎌倉行きたくなる
途中からおぼえてない
親子って、兄弟って、家族って、いろんな形があるしいろんな葛藤や衝突もあるけど、やっぱり居場所なんだよな。

どこにもあるリアルな家族像、とても美しい。
なんとなく観ないようにしてたけど。最初もしこれで長澤まさみがエロくなかったら他の全員のどうしようもない演技(昔から髪を下ろしていない綾瀬はるかがあまり好きでは無いので、、)には堪えきれないかな〜とか勝手に心配してたけど、ま〜ぁ近所の景色がいっぱい出てきて、そんで勝手にお腹いっぱいになって、、、ふぅ。あ、個人的には夏帆が一番かわいいです。
「映画とは、他人の人生を追体験するもの」って誰かが言ってたけど、この映画はまるで日記をような客観性を感じる。4人のヒロインにはそれぞれの人生があり、それぞれのターニングポイントがあるが、それはあくまでも世界にとっては普通の1日でしかないようにもとれる。タイトル通りの日記のような映画だった。あと、夏帆がかわいい
はる

はるの感想・評価

4.0
地上波 フジテレビ
小津安二郎の映画ってこんな映画なんじゃないか…(小津安二郎見たことないんだけど!


なんとも言えない、いい意味で映画らしくない展開スピード。とても好きだった。
zve

zveの感想・評価

2.5
記録
yasu444

yasu444の感想・評価

4.0
のほほんとできてよい
>|