海街diary(2015年製作の映画)

上映日:2015年06月13日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:126分
    監督
    是枝裕和
    脚本
    是枝裕和
    原作
    吉田秋生
    キャスト
    綾瀬はるか
    長澤まさみ
    夏帆
    広瀬すず
    大竹しのぶ
    堤真一
    加瀬亮
    風吹ジュン
    リリー・フランキー
    前田旺志郎
    鈴木亮平
    池田貴史
    坂口健太郎
    キムラ緑子
    樹木希林
    あらすじ
    父が死んで、鎌倉の家に、腹違いの妹がやってきました―。 海の見える街を舞台に、四姉妹が絆を紡いでいく。 深く心に響く、家族の物語。 両親を許せない長女と、自分を許せない四女。 それぞれの想いを抱えながら、四人が本当の家族になっていく一年間の物語。 まぶしい光に包まれた夏の朝、鎌倉に住む三姉妹のもとに届いた父の訃報。十五年前、父は家族を捨て、その後、母(大竹しのぶ)も再婚して家を去った。父の葬儀で、三姉妹は腹違いの妹すずと出会う。三姉妹の父を奪ったすずの母は既に他界し、頼りない義母を支え気丈に振る舞う中学生のすずに、長女の幸は思わず声をかける。「鎌倉で一緒に暮らさない?」 しっかり者の幸と自由奔放な次女の佳乃は何かとぶつかり合い、三女の千佳はマイペース、そんな三姉妹の生活に、すずが加わった。季節の食卓を囲み、それぞれの悩みや喜びを分かち合っていく。しかし、祖母の七回忌に音信不通だった母が現れたことで、一見穏やかだった四姉妹の日常に、秘められていた心のトゲが見え始める―。

    「海街diary」に投稿された感想・評価

    鎌倉に住みたい
    静かだけれど、ずっしり重みのある、内なる感情が四季に彩りを灯す映画。

    成人三姉妹と、腹違いの中学生の出会いから、鎌倉の古家での一つ屋根の下の暮らしの日常を綴ったまさに日記帳の様なお話。

    大事件もなく、何もかもが万事解決でハッピーな映画という訳でもない。
    些細な事でも、人は心が揺れる、齟齬も生じ、衝突するかと思えば、相手の心に寄り添い、励まし合う。
    四季の風景を邪魔しない人物の心境の表現と、話の振れ幅の加減が絶妙で、辛そうだったり、楽しそうだったりする町をずっと見守っていたくなる。
    演技も感情剥き出しで涙ドバーな過剰表現じゃなくて、間や表情中心の、いい意味で日本人的な自然な芝居で統一され、画と溶け込んでいた。
    末っ子役の広瀬すずには、あまり話を教えず、ぶっつけ本番な感じにして、たどたどしさを出したとどこかで読んだし、仲良しなシーンでの雰囲気のいいエチュードを観ていると、是枝監督は、現場の雰囲気づくりにもかなり神経を使う方なのかなと思った。

    久しぶりに邦画を観たからか、音のバランスが洋画と違ってちょいと違和感があったけど(台詞のターン、環境音の番、音楽コーナーで各々見得を切っている感じ)

    食堂のおばちゃんと、夏のエピソード全般が、特に心にグッときた作品でした。
    話が綺麗すぎる気がしたがよかった。癒される。
    本当の姉妹のようでした。美しく優しい景色!
    良くも悪くも日常。女優さんを見るために見たかな。
    4人の女優のそれぞれらしさが
    でていてとてもよかった☺️
    家族ってやっぱり素晴らしい!見終わってほっこりする!

    所々、田舎のおばあちゃん家とか実家を思い出すシーンが多かった!

    江ノ島行きたくなった💭💭
    🎞🎞🎞
    -
    とにかくあれだ、眼福だ。
    -
    「海街diary」(2015)
    -
    -
    是枝監督が、
    カットがかかったあともずっと四人をみていたかった
    て言ってたの激しく同意!!!
    -
    -
    綾瀬はるかの額と肌はほんと美しすぎて。あとおっぱい。あと尻。
    -
    長澤まさみの脚。
    -
    夏帆がすずに話しかけるときの優しい目。
    -
    すずちゃんの完璧な横顔のライン。
    -
    -
    脇のベテランたちも、みんなすっごくいい顔してたなぁ〜
    -
    -
    とにかく、ひとつ屋根の下に女たちが暮らす話フェチなんですわ。
    (だから寄宿舎モノも好きなんだ、今気づいた)
    -
    わたしの友人宅も
    -
    小言いう役、
    奔放な役、
    バランサーな子、
    -
    自然と役割分担ができてて、
    -
    で女が複数いると、会話がだらだら永遠に続くから、聞いてるのほんと楽しいんだよなぁ。
    -
    -
    うらやましい。心底うらやましい、女家族。
    -
    -
    -
    こーゆーのみると考えるのは、
    自分はどのキャラに一番近いか。
    -
    -
    夏帆演じる、もと末っ子の動きが、まんま自分だった。
    -
    みんなが座ってるとき一緒に座ってられない
    電車来たら1番に乗る
    すぐ棒っきれとか拾う
    スーパーの買い物カゴの持ち方
    姉妹で食堂に入って行ってからの一連の動き
    -
    -
    …見られてる?てぐらいわたしと同じ動きしてた
    -
    -
    性格は次女の長澤まさみかなー。
    -
    -
    家族をアゴで使う
    横暴だけど面倒見よくてさっぱりしてる
    涙もろい
    酒飲んでタガが外れる
    -
    -
    長澤まさみ、すごいよかった。
    四人それぞれの仕草がとにかく愛おしい。
    -
    -

    しかし大きな庭のある鎌倉の古民家って、理想以外の何物でもない。
    -
    -

    船で花火観るの絶対いつかやる♡
    -
    -
    #あやこキネマ#海街diary
    #ひとつ屋根の下の女たちシリーズ
    #鎌倉#是枝裕和
    >|