海街diaryの作品情報・感想・評価

海街diary2015年製作の映画)

上映日:2015年06月13日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

3.7

あらすじ

父が死んで、鎌倉の家に、腹違いの妹がやってきました―。 海の見える街を舞台に、四姉妹が絆を紡いでいく。 深く心に響く、家族の物語。 両親を許せない長女と、自分を許せない四女。 それぞれの想いを抱えながら、四人が本当の家族になっていく一年間の物語。 まぶしい光に包まれた夏の朝、鎌倉に住む三姉妹のもとに届いた父の訃報。十五年前、父は家族を捨て、その後、母(大竹しのぶ)も再婚して家を去った。…

父が死んで、鎌倉の家に、腹違いの妹がやってきました―。 海の見える街を舞台に、四姉妹が絆を紡いでいく。 深く心に響く、家族の物語。 両親を許せない長女と、自分を許せない四女。 それぞれの想いを抱えながら、四人が本当の家族になっていく一年間の物語。 まぶしい光に包まれた夏の朝、鎌倉に住む三姉妹のもとに届いた父の訃報。十五年前、父は家族を捨て、その後、母(大竹しのぶ)も再婚して家を去った。父の葬儀で、三姉妹は腹違いの妹すずと出会う。三姉妹の父を奪ったすずの母は既に他界し、頼りない義母を支え気丈に振る舞う中学生のすずに、長女の幸は思わず声をかける。「鎌倉で一緒に暮らさない?」 しっかり者の幸と自由奔放な次女の佳乃は何かとぶつかり合い、三女の千佳はマイペース、そんな三姉妹の生活に、すずが加わった。季節の食卓を囲み、それぞれの悩みや喜びを分かち合っていく。しかし、祖母の七回忌に音信不通だった母が現れたことで、一見穏やかだった四姉妹の日常に、秘められていた心のトゲが見え始める―。

「海街diary」に投稿された感想・評価

Kino

Kinoの感想・評価

3.8
人の苦味、そしてそこにある温もり、というのが非常に好き。
ryumaeda

ryumaedaの感想・評価

3.5
瀧本幹也色がかなり出てるな〜と思った。
夏帆ちゃんすごくよかった。
taropi

taropiの感想・評価

3.3
夏に見たくなって、姉妹がいたらいいなあと思える映画
Rentaro

Rentaroの感想・評価

4.0
是枝監督ってこういう感じなんだなってのが分かります。そして鎌倉に住みたくなります。
まーや

まーやの感想・評価

3.7
邦画もやっぱりいいなって思う
きれいで落ち着く映画だった、、
映画見る前にロケ地は行ってたけど、改めて行きたくなる〜!
最近マンチェスター・バイ・ザ・シーをみたのもあって、海の近い街のマンチェスターと鎌倉でこうも出来上がる映画が変わるのか〜って、日本鎌倉好きとしては思ってしまった笑

そして四姉妹は美人すぎてもう、反則ですわ、、4人とも少し若くてそれもまた懐かしさ、、
kei77

kei77の感想・評価

3.0
湘南のイメージビデオみたい。春夏秋冬が美しく映されている。
鎌倉町歩きしたい〜


チカのイメージ原作と違うなー、と観るまでは思ってたけど、観てみると結構しっくりきてた!

大竹しのぶさんとか樹木希林さんのリアルな親戚のおばさん感がすごく絶妙。
まあまあよかった!
lemmon

lemmonの感想・評価

4.8
日常を切り取った、その何気ないひとこまが、「なんて素敵なんだろう」と思わせてくれる。用意されたエピソードなんてなんでもいいんでしょう。この映画では色とりどりな旬の女優たちを真ん中にそえて、是枝監督が、人間である喜びをこの映画に詰め込んでくれました。

夏帆のハマり具合が一番好き。ちくわカレー食べたい。
美人4姉妹目の保養
夏に観たくなる映画
あんな家に住みたい。
すごい題材の内容なはずなのに
ほっこりゆるゆるに
描かれてる感じがすき
ただひたすらに4姉妹がかわいい。
>|