海街diaryの作品情報・感想・評価

海街diary2015年製作の映画)

上映日:2015年06月13日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

3.7

あらすじ

父が死んで、鎌倉の家に、腹違いの妹がやってきました―。 海の見える街を舞台に、四姉妹が絆を紡いでいく。 深く心に響く、家族の物語。 両親を許せない長女と、自分を許せない四女。 それぞれの想いを抱えながら、四人が本当の家族になっていく一年間の物語。 まぶしい光に包まれた夏の朝、鎌倉に住む三姉妹のもとに届いた父の訃報。十五年前、父は家族を捨て、その後、母(大竹しのぶ)も再婚して家を去った。…

父が死んで、鎌倉の家に、腹違いの妹がやってきました―。 海の見える街を舞台に、四姉妹が絆を紡いでいく。 深く心に響く、家族の物語。 両親を許せない長女と、自分を許せない四女。 それぞれの想いを抱えながら、四人が本当の家族になっていく一年間の物語。 まぶしい光に包まれた夏の朝、鎌倉に住む三姉妹のもとに届いた父の訃報。十五年前、父は家族を捨て、その後、母(大竹しのぶ)も再婚して家を去った。父の葬儀で、三姉妹は腹違いの妹すずと出会う。三姉妹の父を奪ったすずの母は既に他界し、頼りない義母を支え気丈に振る舞う中学生のすずに、長女の幸は思わず声をかける。「鎌倉で一緒に暮らさない?」 しっかり者の幸と自由奔放な次女の佳乃は何かとぶつかり合い、三女の千佳はマイペース、そんな三姉妹の生活に、すずが加わった。季節の食卓を囲み、それぞれの悩みや喜びを分かち合っていく。しかし、祖母の七回忌に音信不通だった母が現れたことで、一見穏やかだった四姉妹の日常に、秘められていた心のトゲが見え始める―。

「海街diary」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

自分が小さかった頃とかなりリンクした。おばあちゃんが作った梅干しも梅酒も、柱に身長刻んでいく習慣も懐かしかった。
綾瀬はるかがすずを撫でるシーンが良かった。
樹木希林さんが亡くなったのでみた。
梅酒とかうちも作ったなあ。ほのぼの。
自然体っぽいのがよい。皆美女だし。
神様が助けてくれないならこっちでやるしかないでしょ。ってのがいいなって思った。
ほのぼの観た。
tinygirl

tinygirlの感想・評価

3.0
日常がいろんな形で見えてくる
日本のこうゆう映画はすきだ
よどや

よどやの感想・評価

4.2
あまり覚えてないからもう一度みたい
日々を大切に暮らす姿に
いいなぁとほっこり
長澤まさみちゃんが自然体で
とてもセクシーだった
広瀬すずちゃんの桜のシーン
本当に大好き
sayo

sayoの感想・評価

4.5
‪個人にとって何気ないと感じる日常は、他人が覗くと素晴らしい物語なんだなと再確認する話。‬

‪当たり前だと思っていることは、人がみると当たり前じゃないんだっていつも忘れてしまうね。‬

‪すずが風太に海辺で自分の家庭のことや思っていることを話す場面がよかった。すずは自分では気づいてないけど風太のことが好きで心地よいと感じはじめているんだなあ、という描写に感じた。人には言えないと思っていた自分の感情をこの人なら大丈夫だと信じて知ってほしいと思って話す、ってとても信頼していないとできないことだよね。‬

‪こういう日常を切り取った物語は見るときの自分の状況や心情によって、感じることや見方が変わってくるから面白い。きっと何回見ても楽しめるなあ。
長澤まさみがキレイ。
>|