海街diaryの作品情報・感想・評価

海街diary2015年製作の映画)

上映日:2015年06月13日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「海街diary」に投稿された感想・評価

2M

2Mの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

女性が中心の映画で、女性だからこその確執やすれ違いや衝突が自然に描かれていたように思います。要所要所で出てくる死の描写、異性関係、その度に4人の関係が変化していったように見えました。
特に印象に残っているのがすずと幸との関係の変化です。佳乃やチカとはすぐに馴染んだすずですが、幸とはなんとなくぎこちない。でも、すずの1番欲しかった言葉を伝えたのは幸だった。2人とも真面目で責任感があって、そして頑なだったんだろうと思います。その頑なさが溶けた時に、本当に相手を思いやれるようになったのだろうと受け止めました。
何気ない日常を描いた作品ですが、とても幸せな気持ちになれました。

それにしても綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず、全員が役にハマっていて本当の姉妹に見えました。全員が美人すぎて、こんな姉妹本当にいたら大変だろうな…。
jam

jamの感想・評価

5.0
原作から最高
1518

1518の感想・評価

3.5
海風のような映画
Sofar

Sofarの感想・評価

4.0
みんな優しいなぁと思った。 四季の景色、食べ物、普通の生活が盛られ過ぎずに表現されてる感は 是枝監督ならではかなぁと思った。
SHIMA

SHIMAの感想・評価

3.8
2018.12.16 CS録画で鑑賞
川本三郎さんの著書「時には漫画の話を」で原作のことを知り、気になっていたが原作も映画も未読未見のままだった。映画の方は、違った形で両親と離ればなれになった3+1姉妹の日常を丁寧に描いたもので、これだけを見たならば是枝監督の優等生っぷりに悪態でもつきたくなったかもしれない。けど「万引き家族」を見た後に、見るとこれも異形の家族の物語なのだと、その世界観にぐっと入ることが出来た。これは是枝監督過去作もちゃんと見直さないとだな。
キャスティングすばらしい
ノ

ノの感想・評価

-
穏やかで素敵
白蛇

白蛇の感想・評価

3.8
映像が綺麗だったなーってイメージ。
すずちゃんきゃわたん
繭

繭の感想・評価

4.0
とても穏やかで暖かい映画。

そこに映るのは、季節を感じ、暮らしを大事に、毎日を生きる四姉妹の姿。

笑って泣いて、時には傷ついて、その度に話して話して、生きていく。

家族の形式は変わっても、昔から変わらない家族の在り方があると感じた。
>|