海街diaryの作品情報・感想・評価

海街diary2015年製作の映画)

上映日:2015年06月13日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

3.7

あらすじ

父が死んで、鎌倉の家に、腹違いの妹がやってきました―。 海の見える街を舞台に、四姉妹が絆を紡いでいく。 深く心に響く、家族の物語。 両親を許せない長女と、自分を許せない四女。 それぞれの想いを抱えながら、四人が本当の家族になっていく一年間の物語。 まぶしい光に包まれた夏の朝、鎌倉に住む三姉妹のもとに届いた父の訃報。十五年前、父は家族を捨て、その後、母(大竹しのぶ)も再婚して家を去った。…

父が死んで、鎌倉の家に、腹違いの妹がやってきました―。 海の見える街を舞台に、四姉妹が絆を紡いでいく。 深く心に響く、家族の物語。 両親を許せない長女と、自分を許せない四女。 それぞれの想いを抱えながら、四人が本当の家族になっていく一年間の物語。 まぶしい光に包まれた夏の朝、鎌倉に住む三姉妹のもとに届いた父の訃報。十五年前、父は家族を捨て、その後、母(大竹しのぶ)も再婚して家を去った。父の葬儀で、三姉妹は腹違いの妹すずと出会う。三姉妹の父を奪ったすずの母は既に他界し、頼りない義母を支え気丈に振る舞う中学生のすずに、長女の幸は思わず声をかける。「鎌倉で一緒に暮らさない?」 しっかり者の幸と自由奔放な次女の佳乃は何かとぶつかり合い、三女の千佳はマイペース、そんな三姉妹の生活に、すずが加わった。季節の食卓を囲み、それぞれの悩みや喜びを分かち合っていく。しかし、祖母の七回忌に音信不通だった母が現れたことで、一見穏やかだった四姉妹の日常に、秘められていた心のトゲが見え始める―。

「海街diary」に投稿された感想・評価

日常的な暮らしの中でそれぞれの生きる姿を描いた優しい作品だった
りせい

りせいの感想・評価

2.8
ひたすら4人姉妹が可愛い。
ストーリーはよくわからん。

4人姉妹の可愛さだけのスコア2.3
ほのぼのを物語としてるから仕方ないんだけど抑揚少なめ
街並みとか女優陣の美しさは好きだけど
Momoko

Momokoの感想・評価

3.8

邦画の良さを感じた1本。
桜並木を2人乗りで走るの、憧れるなぁ。
監督のこだわりも納得。

しっかし美人姉妹すぎる。
ふと「3月のライオン」を思い出した。
父親が他所で女の人を作って出て行ってしまって姉妹だけで暮らすところとか、似ているところがある。

音楽が菅野よう子さんはすごく良かった。
エンドロールでじんわり。
zak

zakの感想・評価

4.0
以前原作のマンガを読んだことがありまして、オマケに大好きな是枝監督作品ということでそこそこ期待してたんですけど、イイ具合に内容を忘れてたので逆に良かったです!(笑)

↓以下個人的ハイライト

・ロケーションが良い。鎌倉にみんな住みたがる理由が分かりました。ずっと見ていられる感じですね。

・長澤まさみのスタイルが良すぎてバビッた!

・夏帆のファッションセンスが良い。

・シラス丼、アジフライ、ちくわカレー食べたい。梅酒も飲みたい。

・扇風機のスイッチを足でつけて、タオルをバッ!ってヤバい。

・部屋に入る時、襖をノックしながら「トントン」って口で言うシステムがカワイイ。

・桜のトンネルとか最高過ぎ。

あとみんなやたら〝アレ〟しといてとか、口癖ように〝アレ〟を使いまくってたのだけは妙に気になってしまった。本編の内容とはほぼ関係ないですけど。(笑)
ともも

とももの感想・評価

3.4
4人姉妹映画つながりで『阿修羅のごとく』に続いて鑑賞。
不倫、病気、死ぬっていう状況は似てるのに、出演者の違いなのかこちらの映画のドロドロしていないこと。

それはさておき、この監督の空気感好きだなぁ。
HirokiSo

HirokiSoの感想・評価

2.7
3姉妹で生活する家に、出ていった父親の腹違いの妹がやってくる。4人となった新しい生活。それぞれがそれぞれの人間関係のなかで、日々を送っていく。

なんとはない日常のなかで、家族の形や姉妹の愛が描かれる、ほのぼのとした作品
OR

ORの感想・評価

3.7
広瀬すずいい演技しすぎ
繊細な心情を繊細に表した四人が良かった
花

花の感想・評価

3.7
2018.9.23

自分のルーツを知ると、人に優しくなれる
いろんなひとが繋いできた目の前に立ってる誰かのことも大切にしようって思う

ここにいてもいいのかどうか、とか、子供として過ごせたか、ってインナーチャイルドが満たされてるかどうかみたいなあれ?家庭環境が子供に与える影響みたいな話めちゃくちゃすき あと綾瀬はるかも不倫してたのはやっぱり父親不在の家庭で育ったからそこで埋めようとしてしまうのか?とか勘ぐってしまう

日常の風景がめちゃくちゃサイコー ウディアレンと同じ、土地の素晴らしさの映画でもある 鎌倉という土地のエモさ
花火を船で見るシーンを花火を写さずに水面を撮るところ、桜のトンネルのシーン、朝遅刻しそうな時に駅まで走るシーンがお気に入り

もっとターミナルケアのところ描かれるかと思ったらそうでもなかったのと、坂口健太郎が闇に堕ちた感じの描写がサクッと片付けられた

綾瀬はるかの不倫と、不倫なんてダメだよね、っていう台所のシーンよかった・・・あと桜のトンネル・・・どこいくの?って聞いて「トンネル!」って言われてあそこ連れてかれたらめちゃくちゃ好きになるよ絶対〜〜〜

四姉妹ともにハチャメチャ美しいけど、美しいからこそきれいな女っていうのは記号だってことがはっきりとわかりやすいよき例でもあると思う 長澤まさみの美人オーラがすごい こういう認識って生まれてからどの段階で刷り込まれるんだろ?

人がたくさん死ぬけど、だからこそその人が生きていた頃残した印象が折り重なって丁寧に毎日が過ぎていく感じがすてき

?推測

設定
姉妹三人で鎌倉で暮らす。
看護師でしっかりもの、きびしくて面倒見がいい、抱え込みがちな長女。銀行に勤めている恋愛体質で自由奔放、酒飲みで男前な次女。争いごとが苦手、主張があまりなくて趣味に生きているふわふわした印象の三女。
離婚して家を出て十年以上経つ父が山形で亡くなる。葬式では父と父の腹違いの娘・広瀬すずと出会う。広瀬すずの実母は既に亡くなっており頼りなく甘えた感じの継母と表情がなくでしっかりもの(として扱われている)広瀬すず。そのすずをみた長女は自分を重ね姉妹は広瀬すずを鎌倉に引き取ることに決める。
→鎌倉での日常を描く

広瀬すず
地元のサッカーチームに入り友人ができる。行きつけの食堂のおばさんにアジフライ定食を食べさせてもらう。徐々に表情が柔らかくなっていく過程がよい〜

長女
勤める病院の妻子持ち医師と付き合っている。ターミナルケア担当に移る話を持ちかけられるものの、迷う。

次女
ラブラブで誠実そうな彼氏が勤める銀行に来る。怖い感じの人と一緖に来て口座を解約し別れることになる。吹っ切れて仕事に生きることに。ポジションを変える。

三女は小さかったため、両親との思い出がほとんどない。

・梅の木で毎年梅酒を作る。
実母が生まれた年に植えた55年の木。
・地元の友達と生しらす丼を食べる。


展開 ※この辺記憶が曖昧
法事ですずを連れて三姉妹の実母と会う。
実家を売る話を持ちかけられて長女キレる。母と長女の確執があらわになる。父が女を作って出て行ったことを、すずの前で喧嘩する。すずの三姉妹への遠慮(父親の作ったしらす丼を食べていたこと、母の話ができないこと)や、自分の存在が三姉妹にとって辛いものなのではないかという不安があらわになる。三姉妹それぞれと父母の関係とそれぞれの抱く思いが語られる。翌日喧嘩別れした実母がお土産を渡しに家による。綾瀬はるかと母は一緖に墓参りに行く。10年ものの梅酒の最後の残りを母に渡す。
ウミネコ食堂のおばさんの病気を長女次女がそれぞれの仕事経由で知る。

新展開
おばさん、亡くなる。
長女、母と和解する。渡米する彼を選ばず別れターミナルケアに移動する。おばさんを看取る。ダメだと思ってた後輩のケアが心からのものなことに気づく。
次女は身近な人の死を意識することできちんと仕事と向き合う。
広瀬すずはいてもいい場所、ルーツを見つける(父親の両親に手を合わせて、気持ちを表現できる相手を見つけて、子どもとして生きていく)
MOTO

MOTOの感想・評価

1.5
魅力ある女優さん達に原作っぽいコスプレをさせて、原作のエピソードをなぞって、日本映画の型に嵌めただけの映画。
衣装ひとつ取ってもシャチ姉やすずが自分で選んで買って着ているもの、これまで着てきたものには見えない。ただ用意された映画の衣装に袖を通しているだけ。街の風景も大道具小道具もすべてがそんな感じで、そこに生きた生活も日常もなくペラッペラで興ざめ。
原作ファンとしては、雰囲気だけの映画っぽい映画を撮りたかったのなら他の素材でやって欲しかったな。
しかしこんなつまらない作品でもスクリーンの中で生きているように見える綾瀬はるかの存在感は出色。
>|