海街diaryの作品情報・感想・評価

海街diary2015年製作の映画)

上映日:2015年06月13日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

3.7

あらすじ

父が死んで、鎌倉の家に、腹違いの妹がやってきました―。 海の見える街を舞台に、四姉妹が絆を紡いでいく。 深く心に響く、家族の物語。 両親を許せない長女と、自分を許せない四女。 それぞれの想いを抱えながら、四人が本当の家族になっていく一年間の物語。 まぶしい光に包まれた夏の朝、鎌倉に住む三姉妹のもとに届いた父の訃報。十五年前、父は家族を捨て、その後、母(大竹しのぶ)も再婚して家を去った。…

父が死んで、鎌倉の家に、腹違いの妹がやってきました―。 海の見える街を舞台に、四姉妹が絆を紡いでいく。 深く心に響く、家族の物語。 両親を許せない長女と、自分を許せない四女。 それぞれの想いを抱えながら、四人が本当の家族になっていく一年間の物語。 まぶしい光に包まれた夏の朝、鎌倉に住む三姉妹のもとに届いた父の訃報。十五年前、父は家族を捨て、その後、母(大竹しのぶ)も再婚して家を去った。父の葬儀で、三姉妹は腹違いの妹すずと出会う。三姉妹の父を奪ったすずの母は既に他界し、頼りない義母を支え気丈に振る舞う中学生のすずに、長女の幸は思わず声をかける。「鎌倉で一緒に暮らさない?」 しっかり者の幸と自由奔放な次女の佳乃は何かとぶつかり合い、三女の千佳はマイペース、そんな三姉妹の生活に、すずが加わった。季節の食卓を囲み、それぞれの悩みや喜びを分かち合っていく。しかし、祖母の七回忌に音信不通だった母が現れたことで、一見穏やかだった四姉妹の日常に、秘められていた心のトゲが見え始める―。

「海街diary」に投稿された感想・評価

いちご

いちごの感想・評価

3.5
綾瀬はるか、イメージはふにゃっだったけどキリッとしたのが珍しくて良かった。長澤まさみ、スタイルめっちゃ良い、細い!釘付けです、痩せたいと切に思わされる…
広瀬すずちゃんは、やっぱりかわいい。あんな中学生かわいすぎる。
4人の魅力がそれぞれでていていい。
みんなの喪服が個性にでてていい。
なんかのほほんとする。家庭環境は全然良くないのに、
これといって良くも悪くもドキドキハラハラすることが何一つないのに、
わたしは好きです。
梅酒作りたくなるよね、毛虫いやだけど…
さきこ

さきこの感想・評価

5.0
観よう観ようと思ってずっと観てなかった自分殴りたいくらいよかった

桜のトンネルのシーンのすず、異次元すぎる
美しい日本映画だと思います。日本の魅力、鎌倉の魅力、女性の魅力がふんだんにつまっていました。
ぽぽぽ

ぽぽぽの感想・評価

4.5
サイコーだった…。。
キャスティング豪華。

画が写真を撮っているように
キレイだったぁ…うっとり。
カメラワーク?とか全然なにが
すごいとかわからないけど
これはとにかく綺麗だったなあ。

憎たらしさとか、愛おしさとか
切なさとか、もどかしさとか、
悲しみとか、恨みとか
それぞれの感情はドロドロなはずなのに
優しく過ぎていく時間は、
4姉妹の透き通った肌のように
とても美しい。

そう、4姉妹の肌 美し過ぎ。
あと長澤まさみの腹筋見て
筋トレ頑張るって決めた。。
Miyu

Miyuの感想・評価

-
この映画に影響されて梅酒を始めた人、少なくないはず。鎌倉住みたいなあ
四姉妹全員色白すぎて泣きそうになった。日焼け止め塗るの頑張ろって気になる。

いいな〜〜梅酒とか作りたいなあ
NA0T0

NA0T0の感想・評価

3.3
家族とは何か、自分の存在価値とは何かを考えさせられた。淡々と日常が描かれる中で、彼女らの価値観や、置かれた状況が垣間見えてくる。鎌倉の綺麗な映像が時に世の中の理不尽さを浮き彫りにするようにも感じた。
比留川

比留川の感想・評価

3.5
かつてこんなにも穏やかな気持ちで映画を観たことがあっただろうかというくらい、静かに穏やかに鑑賞できる作品。
4人それぞれ違う生き方をしているけど1つの家で繋がっている感じ。
その繋がってる感じにほのぼのさせられたり又考えさせられたり…

キャストがまたえらい豪華。素敵な映画。
広瀬すずって声とか話し方とか本当にかわいいなぁ、長澤まさみは好きだなあ
なんかジブリみたいに出てくるご飯が美味しそうだった、お味噌汁ご飯漬物...日本食って最高だ
四姉妹の絆を描いた作品

内容的に起伏が少ないので、まったりした内容

のんびりした気持ちで鑑賞したい方にオススメ
>|