海街diaryの作品情報・感想・評価

海街diary2015年製作の映画)

上映日:2015年06月13日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

3.7

あらすじ

父が死んで、鎌倉の家に、腹違いの妹がやってきました―。 海の見える街を舞台に、四姉妹が絆を紡いでいく。 深く心に響く、家族の物語。 両親を許せない長女と、自分を許せない四女。 それぞれの想いを抱えながら、四人が本当の家族になっていく一年間の物語。 まぶしい光に包まれた夏の朝、鎌倉に住む三姉妹のもとに届いた父の訃報。十五年前、父は家族を捨て、その後、母(大竹しのぶ)も再婚して家を去った。…

父が死んで、鎌倉の家に、腹違いの妹がやってきました―。 海の見える街を舞台に、四姉妹が絆を紡いでいく。 深く心に響く、家族の物語。 両親を許せない長女と、自分を許せない四女。 それぞれの想いを抱えながら、四人が本当の家族になっていく一年間の物語。 まぶしい光に包まれた夏の朝、鎌倉に住む三姉妹のもとに届いた父の訃報。十五年前、父は家族を捨て、その後、母(大竹しのぶ)も再婚して家を去った。父の葬儀で、三姉妹は腹違いの妹すずと出会う。三姉妹の父を奪ったすずの母は既に他界し、頼りない義母を支え気丈に振る舞う中学生のすずに、長女の幸は思わず声をかける。「鎌倉で一緒に暮らさない?」 しっかり者の幸と自由奔放な次女の佳乃は何かとぶつかり合い、三女の千佳はマイペース、そんな三姉妹の生活に、すずが加わった。季節の食卓を囲み、それぞれの悩みや喜びを分かち合っていく。しかし、祖母の七回忌に音信不通だった母が現れたことで、一見穏やかだった四姉妹の日常に、秘められていた心のトゲが見え始める―。

「海街diary」に投稿された感想・評価

なんというかほのぼの。
その一言に尽きると思った。
家でDVD借りてきて、夜ご飯食べた後21時くらいから見るのがオススメ!
ちょっと姉妹が美人過ぎてリアリティないけど。
meg

megの感想・評価

5.0
2回目。

【鑑賞日:2016-1-1/評価:☆☆☆☆☆/鑑賞手段:忘れた】日本て綺麗だなー
よお

よおの感想・評価

3.4
美人で素敵な4人姉妹。
それぞれの性格がしっかりしててよかった。

是枝監督の話に出てくる人はどの人も悩みを抱えてるんだけど子どもが1番悩んでる。
これからも子供が出てくる話が見たい。

誰かがテレビで行ってたけど自転車のシーンで髪の毛に桜の花びらが1つすずちゃんの髪について、しばらく取れないのに花びらにカメラが寄っていった瞬間に飛んでいったの本当にすごい。
mimimo

mimimoの感想・評価

4.3
DVDにて鑑賞。原作ファンすぎてなかなか観られなかったが、良かった。四季折々の生活と食事シーンがまた良い。
moe214

moe214の感想・評価

-
え、長澤まさみこんなきれいだった?かわいかった?って思ってたら終わってた
ななみ

ななみの感想・評価

3.7
決して華美ではないけれど、美しい街
美しい四姉妹

登場人物それぞれが抱えるものがありながら、強かに優しく生きる様子を描く
そんな是枝監督の映像が好き
2回目
久しぶりに見たけどやっぱり美しいなぁ。
一番最初の長澤まさみの美ボディが素晴らしいんだよね。細すぎず美しい。
少しずつ少しずつ、すずちゃんがあの家に染まって行く感じが凄く好き。自分の居場所がないと思ってても周りの人が優しく丸く包むようで鎌倉がすずちゃんの居場所になるんだ。素敵だなぁ。
私の地元といっても過言ではないから嬉しい。美しい海とそれを囲む山々、緑。
本当に映像美だなぁ柔らかい。
ぺろち

ぺろちの感想・評価

3.5
とにかく四姉妹の美しさ! 広瀬すずのあどけない感じも、すごくかわいい。
そして鎌倉の雰囲気もすごくいい。
おてる

おてるの感想・評価

3.5
美女4姉妹と透明感のある景色に癒された…。
是枝監督の撮る映画は、どれも色調が柔らかくて、鎌倉の穏やかな毎日がよく表現されていた。

ゆっくりと毎日が過ぎていくけど、姉妹の心のモヤモヤが、お互い歩み寄る事でゆっくりと溶けていく、そんな人間関係が美しくて、羨ましかった☺︎
nanapi

nanapiの感想・評価

-
すごく好みの映画
四姉妹の美しさ、街の美しさ
見終わった時にはすごく清々しい気持ちになれました
>|