海街diaryの作品情報・感想・評価

海街diary2015年製作の映画)

上映日:2015年06月13日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

3.7

あらすじ

父が死んで、鎌倉の家に、腹違いの妹がやってきました―。 海の見える街を舞台に、四姉妹が絆を紡いでいく。 深く心に響く、家族の物語。 両親を許せない長女と、自分を許せない四女。 それぞれの想いを抱えながら、四人が本当の家族になっていく一年間の物語。 まぶしい光に包まれた夏の朝、鎌倉に住む三姉妹のもとに届いた父の訃報。十五年前、父は家族を捨て、その後、母(大竹しのぶ)も再婚して家を去った。…

父が死んで、鎌倉の家に、腹違いの妹がやってきました―。 海の見える街を舞台に、四姉妹が絆を紡いでいく。 深く心に響く、家族の物語。 両親を許せない長女と、自分を許せない四女。 それぞれの想いを抱えながら、四人が本当の家族になっていく一年間の物語。 まぶしい光に包まれた夏の朝、鎌倉に住む三姉妹のもとに届いた父の訃報。十五年前、父は家族を捨て、その後、母(大竹しのぶ)も再婚して家を去った。父の葬儀で、三姉妹は腹違いの妹すずと出会う。三姉妹の父を奪ったすずの母は既に他界し、頼りない義母を支え気丈に振る舞う中学生のすずに、長女の幸は思わず声をかける。「鎌倉で一緒に暮らさない?」 しっかり者の幸と自由奔放な次女の佳乃は何かとぶつかり合い、三女の千佳はマイペース、そんな三姉妹の生活に、すずが加わった。季節の食卓を囲み、それぞれの悩みや喜びを分かち合っていく。しかし、祖母の七回忌に音信不通だった母が現れたことで、一見穏やかだった四姉妹の日常に、秘められていた心のトゲが見え始める―。

「海街diary」に投稿された感想・評価

滅茶苦茶美人の三姉妹が本当に羨ましいペットでもいいから家族の一員になりたいでござるw
なな

ななの感想・評価

2.5
メッセージ性が特にない。雰囲気映画でもない。美人姉妹を見るための映画?
評価高かったみたいだけど私は合わない映画で残念。
映像が綺麗で出てくる景色や食べ物はとてもよかったが、内容がないので2.0
ヤナ

ヤナの感想・評価

3.4
恵まれてるとは言えない生育環境にもよらずこんなに人の良い若者が4人も育つとは思えない
鎌倉で暮らす三姉妹に届いた父の訃報。父は女と出て行き、そのあと母も再婚して家を去り、祖母と三姉妹だけが残された。祖母が亡くなってからは、長女の幸(綾瀬はるか)、次女の佳乃(長澤まさみ)、三女の千佳(夏帆)の三姉妹だけで暮らしていた。三人は父の死をきっかけに腹違いの妹すず(広瀬すず)と一緒に暮らし始める。鎌倉の古い家で暮らす四姉妹の物語。

原作と鎌倉が大好きで、是枝監督の作品も好きなので、観る前から期待していた作品です。
何度見たかわからないくらい見ています。

鎌倉好きとしては、鎌倉の四季折々の風景にとても癒されました。どのカットも懐かしく美しいです。鎌倉の景色のためだけにも何度でも観たい作品になりました。

原作はまだまだ続く漫画なので、物語の深みや登場人物の心の動きは、原作にはやっぱり勝てないと思いましたが、それでも原作ファンを裏切らないキャラクター作りと脚本でした。

物語に優しくゆったりとした時間が流れていて、その中核にはあの鎌倉の古い家があると思います。鎌倉の四季折々の季節に囲まれた古い家が、家族を作り上げているようでした。

どなたかが水彩画のような作品と書いていましたが、私もその通りだと思います。
重さや厚みはないけれど、優しく淡く綺麗な水彩画のような映画でした。
あやね

あやねの感想・評価

3.3
長澤まさみが美しすぎた
梅雨が明けたら鎌倉、江ノ島に行きたい
しんや

しんやの感想・評価

4.1
いろいろあったけど、これでいいんだなって思える、なんとなくいい映画
鎌倉にいきたくなる
ゆ

ゆの感想・評価

4.0
テンポはゆっくりだけど、ほっこりなれる。でている女優さんたちがみんなきれい。
寧々

寧々の感想・評価

-

イライラした気持ちで観始めると、ずっとイライラしたまま観終わってしまいそうだなと思った。ちなみにわたしは優しい気持ちで編み物しながら観たのでとても穏やかで良い気持ちだった!
あつし

あつしの感想・評価

4.0
よいな映画
ほっこりというかちゃんと世界には自分を受け入れてくれる人がいて自分の居場所ができるっていう映画。
自分が三兄弟だから三姉妹に凄い感情移入できた特に夏帆に
夏帆めちゃ可愛いしなんとなく末っ子シンパシーある
三姉妹が演技くさい演技だったのがまたよかった
すずちゃん可愛いあんな妹いたら楽しそう
是枝いい映画撮るやんってなったよ
>|