オートマタの作品情報・感想・評価

「オートマタ」に投稿された感想・評価

ちひろ

ちひろの感想・評価

3.0
なんとも普通なAI系映画。とりわけ感想が浮かんでこないw
rejocqu

rejocquの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

他に見るモンなさすぎて見た。

予告で見た時はなんかしらAIロボモノの定番のやつだと思って、なんで今更こんなん作るのって思ってたけど違った。

切り口と落とし方は良かったので、もっと個性ある演出やロケーションがあってもよかったんではないだろうか。
脚本を超シンプルにしてみるとかして、予算をもっとロボのアイデンティティの描写にかけることで他と差別化できてたらなあ。

アントニオ・バンデラスがあまり知られてない感じの味わいが出てたので、もっとフォーカスしても良かったんでは〜〜とても良かったよ。

この映画が成功していたら新しいキャリアが築けそうだったのに、ちょっと監督のスキル不足だった気がする。
成功していたらきっとマーベル映画のいいポジションでオファーがあったに違いない。でもこれからあるかも。

ボーダーと、2049を撮ったドゥニ監督なら完璧に作っただろう。

うーん惜しいなあ。

最初から炎天下の砂漠でロボたちに引きずられるシーンをベースにし、
→ロボと主人公の関係性を展開させながら
→主人公がなんであるかを描写し、
→なんでこうなったかが分かった直後に
→改造者がロボ自身であることが分かり、
→ロボが平和的に別の道を歩むことを選んだ、という流れの方がいい気がする。

元の流れだとかなり早い段階でロボ自身が改造者であると気づいてしまうので、ロボたちと主人公の奇妙な旅を楽しめないのが非常に勿体無い。

真の改造者との出会いを神聖にするために、
違法改造者のくだりは要らんかった気がする。クリオとの出会いももっとシンプルでいい。
yon

yonの感想・評価

1.5
微妙...
masadle

masadleの感想・評価

2.0
終盤の追われる展開から、グダグダしたのは何故だろう。伝えようとするメッセージが曖昧だったんだろうな。
YUJI

YUJIの感想・評価

3.3
全て平均以下だけど見れなくはない
導入で引き込まれなかった
い

いの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

量子力学やペンローズの説をかじっているとより楽しめるかもしれないが、AIや機械工学自体に興味が無いと少し物足りなく感じるかもしれない。

人間の主人公が苦悩しながらも子を育む姿に対しAI側の主人公が人間に隷属する娼婦であったのが対照的だった。
派手なバトルはなく、最後までAI達は人を傷つけはしないが滅び行く人たちを静かに神さまのように見守っている。人間はこの世の主ではなく人間からAIへ世代交代をしていく自然淘汰が静かに描かれている所が逆にゾッとさせる良い作品。
さくら

さくらの感想・評価

3.6
人類を存続するために作ったロボットが人間の管理を離れて成長していく。

ロボットを「ただの機械」と言って「ただの猿」と返されたり、「そんなに存続が大切か。大事なのは今ある命だ」というロボットの言葉に色々考えさせられます🤔

序盤のロボットが自己修復して撃たれてしまう場面とか、溶接担当ロボットの行動や涙を流す(機械の中の液体ですが)シーンくらいは結構怖かった。
ついにロボット怒ったって思いました(-_-;)
ターミネーターのようにはなりませんでしたが。

割と好きですが、後半の物足りなさがあった気がします。

アントニオ・バンデラス好き♡
あいか

あいかの感想・評価

3.2
アンドロイドやロボット好きからしたら、とても感慨深いもの。
SH

SHの感想・評価

3.3
最後、猿の惑星くらいどんでん返しあるとよかった。
2014年の映画。
ターミネーターみたいな、AIと人間の戦争だ!的などんぱち物から、人間とAIの入れ替わりを“時代交替“として情緒時に描く方面に変化してる時期のロボットSF。
凡庸。
2000年代、特にアイロボット(2004)の前後なら時代を変えたり、代表する名作になれた設定だけど、2014年じゃ凡庸なB級SF。

時代背景を、異常気象の砂漠化と核活動で荒廃した世界に設定して、そこに頼ってる時点でお察しな所はある。
死んで感動!っていう恋愛映画的な。
>|