虐殺器官の作品情報・感想・評価

虐殺器官2015年製作の映画)

上映日:2017年02月03日

製作国:

上映時間:115分

3.7

あらすじ

テロの脅威にさらされ続けたアメリカは、その恐怖に対抗すべく徹底した情報管理システムを構築していた。一方、アメリカ以外の世界各地では紛争の激化が続いていた。世界の紛争地を飛び回る米軍特殊部隊クラヴィス・シェパード大尉に、謎のアメリカ人の追跡ミッションが下る。その男、「ジョン・ポール」は、紛争の予兆とともに現れ、その紛争が泥沼化するとともに忽然と姿を消してしまう。かつて有能な元言語学者だった彼が、そ…

テロの脅威にさらされ続けたアメリカは、その恐怖に対抗すべく徹底した情報管理システムを構築していた。一方、アメリカ以外の世界各地では紛争の激化が続いていた。世界の紛争地を飛び回る米軍特殊部隊クラヴィス・シェパード大尉に、謎のアメリカ人の追跡ミッションが下る。その男、「ジョン・ポール」は、紛争の予兆とともに現れ、その紛争が泥沼化するとともに忽然と姿を消してしまう。かつて有能な元言語学者だった彼が、その地で何をしていたのか。アメリカ政府の追求をかわし、彼が企てていたこととは…?ジョンがチェコに潜伏しているという情報を元にクラヴィスは追跡行動を開始。チェコにはかつてジョンと関係のあった女性ルツィアがいた。「虐殺の王」と呼ばれるジョンの目的は一体何なのか…。クラヴィスはジョンから驚くべき真実を聞かされる。

「虐殺器官」に投稿された感想・評価

映画化3部作の中で、伊藤計劃の遺した問いを最もストレートかつ完全に投影出来ていたと思う。ラストシーンまで、クラヴィスとジョン=ポールが何を語り、考えたかを頭を働かせ続ければ続けるほど面白い映画。
難しくてよくわかんなかったけど、グロかったね!みたいな語り口で終わらせてはいけない。
超未来装備などメカ描写は素晴らしかったけど、原作未読は辛いかもしれない。

ブログ:完成しただけで感無量。「虐殺器官」
http://tea-rwb.hatenablog.com/entry/2017/03/21/120000
Omo

Omoの感想・評価

4.3

あと2回くらい見ないとすんなり入ってこない気がする。
脳ミソ疲れるけど凄い話だった。
伊藤計劃シリーズで1番好きです

海外で実写化?されるって聞いたけど
アメリカ的にこの話はアリなんだろうか…
見る人が見れば批判するだろうなぁ

相変わらず作画が素晴らしいありがとう。
かも

かもの感想・評価

2.0
端折られているらしいので原作読みたい。
Shiori

Shioriの感想・評価

4.0
2017.11.20
黒猫式

黒猫式の感想・評価

4.8
BD版購入で久しぶりに鑑賞。
全てにおいてハイクオリティな村瀬監督らしい上質なアニメ映画。

食糧供給能力と直結した人口調整として過去(あるいは現在も)実施されていた口減らしというのは、確かに種としての生存本能なのかもしれない。

そして物語はハーモニーへと続く。
独特な切り口でとても面白かった。
ナカヲ

ナカヲの感想・評価

2.0
真剣に観たら理解出来たかもしんないけど、ちと言い回しとかが難しいからとっつきにくいかも
原作読んでないからなんとも言えないが
tu

tuの感想・評価

3.4
89_2017
原作を見ていたらもっと楽しめたのかな。

表面的なわかりやすさはあるけれど、本質的な部分が一回じゃわかりにくく感じたから原作を読んでみたい。

世界観はすごく好き。
アクションシーンもすごく良かった。グロさも◎
誰でも見れる娯楽作品とはまたちょっと違うけどとにかく原作を読んでもう一回観てみたいと思った。
ちゃぶ

ちゃぶの感想・評価

3.5
好きな世界観の作品。
もう少し簡単に観れる娯楽作っぽかったら…とも思う。
ピザ食べたくなります(笑)
>|