虐殺器官の作品情報・感想・評価

虐殺器官2015年製作の映画)

上映日:2017年02月03日

製作国:

上映時間:115分

3.7

あらすじ

テロの脅威にさらされ続けたアメリカは、その恐怖に対抗すべく徹底した情報管理システムを構築していた。一方、アメリカ以外の世界各地では紛争の激化が続いていた。世界の紛争地を飛び回る米軍特殊部隊クラヴィス・シェパード大尉に、謎のアメリカ人の追跡ミッションが下る。その男、「ジョン・ポール」は、紛争の予兆とともに現れ、その紛争が泥沼化するとともに忽然と姿を消してしまう。かつて有能な元言語学者だった彼が、そ…

テロの脅威にさらされ続けたアメリカは、その恐怖に対抗すべく徹底した情報管理システムを構築していた。一方、アメリカ以外の世界各地では紛争の激化が続いていた。世界の紛争地を飛び回る米軍特殊部隊クラヴィス・シェパード大尉に、謎のアメリカ人の追跡ミッションが下る。その男、「ジョン・ポール」は、紛争の予兆とともに現れ、その紛争が泥沼化するとともに忽然と姿を消してしまう。かつて有能な元言語学者だった彼が、その地で何をしていたのか。アメリカ政府の追求をかわし、彼が企てていたこととは…?ジョンがチェコに潜伏しているという情報を元にクラヴィスは追跡行動を開始。チェコにはかつてジョンと関係のあった女性ルツィアがいた。「虐殺の王」と呼ばれるジョンの目的は一体何なのか…。クラヴィスはジョンから驚くべき真実を聞かされる。

「虐殺器官」に投稿された感想・評価

映画化3部作の中で、伊藤計劃の遺した問いを最もストレートかつ完全に投影出来ていたと思う。ラストシーンまで、クラヴィスとジョン=ポールが何を語り、考えたかを頭を働かせ続ければ続けるほど面白い映画。
難しくてよくわかんなかったけど、グロかったね!みたいな語り口で終わらせてはいけない。
超未来装備などメカ描写は素晴らしかったけど、原作未読は辛いかもしれない。

ブログ:完成しただけで感無量。「虐殺器官」
http://tea-rwb.hatenablog.com/entry/2017/03/21/120000
KentO

KentOの感想・評価

3.0
原作が好きだったので

映像化の意義を感じたのは、戦闘シーンのみ.
戦闘は良かった、製作陣の熱量が伝わってきた、R15指定になったのも頷ける、

ただ、そもそも400ページを2時間に圧縮すること自体無理な話で、やはり説明不足な部分が多々ある.

原作を読むことを推奨

機会があれば『ハーモニー』と『屍者の帝国』も観てみたい
OkaTanishi

OkaTanishiの感想・評価

3.5
人は見たいものしか見ない。
人は二項対立でしかものを考えられない。
どれほど人が進化しても、機械でその身を覆っても根っこの「意識」みたいなものは変わらない。

じゃあどうやってこれから生きてく?
本編ではそんな説教じみたこと、語られることはないんだけど自然とそう考えてしまう。

原作を読んだ身としてはガジェットの再現をビジュアルでしっかり伝えてて素晴らしかったな。

ただ、主人公の掘り下げは欲しかったし、一方でこれほど内容を取捨選択してもまだ詰め込まれてる気がする。これは2時間が基本の映画メディアの限界か。
文学的な会話と戦闘のためのテクノロジーが見応えあり。
文法で人のDNAに記述された残虐性を引き出すという発想がすごい。
また小説を読み返したくなった。
頭の悪い僕にはレビューを書く事が極めて難解。全てを理解することも1回ではまあ不可能ですけど、大好きですね、この小難しい感じは!もう一回観ようと思います。

小説は途中で諦めたけど、映像であればたぶんかなりわかりやすくなってるかと思う。
元々、原作三作の中でも一番好き。世界観と雰囲気がメタルギアっぽいからだと思う。
色んなテーマが盛り込まれてるので感想がまとまらないけど、とにかくメタルギアやりたくなった。
原作のエピローグ部分がカットされてるのとキャラデザがイメージと違ってたのが少し残念だった。

あと、メタルギア5やってる時には気付かなかったけど、虐殺器官のオマージュというか影響を受けた設定ががっちり入ってたの今更気づいた。
アニメだからできる残虐なシーン、大げさな表情の見せ方、緊張感がずっとあって面白かった。でもせっかくアニメだから、もっとやってもいいかな。
難しい会話が多いのはもったいないような仕方ないような。
誰かの幸せの裏には誰かの不幸がある。なのに幸せな人々は裏を見ようとせず、当たり前の幸せに浸かってる。幸せな身として忘れたくないこと考えたいこと。
こうゆうテーマは好き。
joujim

joujimの感想・評価

3.5
いちいち何をやっているか、どんなアイテムを使っているか、といった説明がないのがいいと思いました。が、他の人にとっては説明不足すぎたかもしれません。主役を含めてキャラが無個性に近いというか、ストーリーを進める役になっているのもイマイチ盛り上がらない原因かもしれません。ただ、三部作の中では一番分かりやすくて面白いですね。
やっと観れたー、伊藤計劃!三部作最初の作品、ハーモニー、死者の国へと続く、待望の映画化でした!!と、あれ?っと序盤からアニメの描写が気になりつつも、内容が全く入って来ずに終わりました。映画化してくれたのは嬉しいけど、やっぱ難しかったのかなと、ハリウッドの映画化を後は望みます。虐殺には方程式があることを発見した科学者が世界の街を移動し、街を滅ぼしていく物語。テロ以降完全にコントロール、監視された社会と対比され進んでいく。軍は、男を追いかけ、ついに追い詰めるが以外な末路を迎える。彼もまたテロよって、家族を失った一人だったのだ、、、。彼の目的は果たして!そしてその目的を知った軍の男は何を決断したのか。このあと、ハーモニーに続きます!!
>|