虐殺器官の作品情報・感想・評価

虐殺器官2015年製作の映画)

上映日:2017年02月03日

製作国:

上映時間:115分

3.7

あらすじ

テロの脅威にさらされ続けたアメリカは、その恐怖に対抗すべく徹底した情報管理システムを構築していた。一方、アメリカ以外の世界各地では紛争の激化が続いていた。世界の紛争地を飛び回る米軍特殊部隊クラヴィス・シェパード大尉に、謎のアメリカ人の追跡ミッションが下る。その男、「ジョン・ポール」は、紛争の予兆とともに現れ、その紛争が泥沼化するとともに忽然と姿を消してしまう。かつて有能な元言語学者だった彼が、そ…

テロの脅威にさらされ続けたアメリカは、その恐怖に対抗すべく徹底した情報管理システムを構築していた。一方、アメリカ以外の世界各地では紛争の激化が続いていた。世界の紛争地を飛び回る米軍特殊部隊クラヴィス・シェパード大尉に、謎のアメリカ人の追跡ミッションが下る。その男、「ジョン・ポール」は、紛争の予兆とともに現れ、その紛争が泥沼化するとともに忽然と姿を消してしまう。かつて有能な元言語学者だった彼が、その地で何をしていたのか。アメリカ政府の追求をかわし、彼が企てていたこととは…?ジョンがチェコに潜伏しているという情報を元にクラヴィスは追跡行動を開始。チェコにはかつてジョンと関係のあった女性ルツィアがいた。「虐殺の王」と呼ばれるジョンの目的は一体何なのか…。クラヴィスはジョンから驚くべき真実を聞かされる。

「虐殺器官」に投稿された感想・評価

映画化3部作の中で、伊藤計劃の遺した問いを最もストレートかつ完全に投影出来ていたと思う。ラストシーンまで、クラヴィスとジョン=ポールが何を語り、考えたかを頭を働かせ続ければ続けるほど面白い映画。
難しくてよくわかんなかったけど、グロかったね!みたいな語り口で終わらせてはいけない。
超未来装備などメカ描写は素晴らしかったけど、原作未読は辛いかもしれない。

ブログ:完成しただけで感無量。「虐殺器官」
http://tea-rwb.hatenablog.com/entry/2017/03/21/120000
 押井守監督によるメタルギアソリッド、というのが第一印象。未来的な兵士による潜入ミッションもよく描けていたけど、それよりも登場人物達による小難しい会話劇がとても愉しかった。会話のキャッチボールも、その内容も好みだけど、咀嚼するのが大変。
 会話劇がメインだけど、物語自体もテンポよく進むので、上映時間の割に退屈しなかったのも確か。あと戦闘シーンはレーティングも納得のエグい描写満載。
 個人的には、黒沢清『CURE』を彷彿とさせる展開なのに、ラストはしっくりこなかったのが、ちょっと残念。
るじ

るじの感想・評価

3.7
誠実に映像化したなーっていう印象だった

ラスト好き
Ayaka

Ayakaの感想・評価

4.0
伊藤計劃映画化作品。台詞が刺さる。
7

7の感想・評価

4.0
映画も良いですが、原作にしか書かれてない部分も多くあるので是非とも小説を読むことをお薦めします(__)
やらぎ

やらぎの感想・評価

3.2
言葉で世界を変えることが出来る。紛争地帯を広げてゆくように。基本的にはアクションなんだけど脳の構造なんかが話のキーだから難しかった。原作読みたくなった。
林てる

林てるの感想・評価

5.0
彼の作品はどれも最高だが、私が最も傑作だと感じる作品がこれ
特にタイトルカットに至るまでの演出が鳥肌

できれば最後にこのストーリーの結果としての世界を一瞬でも映してくれたらもう何も言えなかった…しかし素晴らしい
>|