虐殺器官(2015年製作の映画)

上映日:2017年02月03日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:115分
    監督
    村瀬修功
    原作
    伊藤計劃
    キャスト
    中村悠一
    三上哲
    梶裕貴
    石川界人
    大塚明夫
    小林沙苗
    櫻井孝宏
    あらすじ
    テロの脅威にさらされ続けたアメリカは、その恐怖に対抗すべく徹底した情報管理システムを構築していた。一方、アメリカ以外の世界各地では紛争の激化が続いていた。世界の紛争地を飛び回る米軍特殊部隊クラヴィス・シェパード大尉に、謎のアメリカ人の追跡ミッションが下る。その男、「ジョン・ポール」は、紛争の予兆とともに現れ、その紛争が泥沼化するとともに忽然と姿を消してしまう。かつて有能な元言語学者だった彼が、その地で何をしていたのか。アメリカ政府の追求をかわし、彼が企てていたこととは…?ジョンがチェコに潜伏しているという情報を元にクラヴィスは追跡行動を開始。チェコにはかつてジョンと関係のあった女性ルツィアがいた。「虐殺の王」と呼ばれるジョンの目的は一体何なのか…。クラヴィスはジョンから驚くべき真実を聞かされる。

    「虐殺器官」に投稿された感想・レビュー

    抹茶マラカス
    抹茶マラカスの感想・レビュー
    2017/02/07
    4.5
    映画化3部作の中で、伊藤計劃の遺した問いを最もストレートかつ完全に投影出来ていたと思う。ラストシーンまで、クラヴィスとジョン=ポールが何を語り、考えたかを頭を働かせ続ければ続けるほど面白い映画。
    難しくてよくわかんなかったけど、グロかったね!みたいな語り口で終わらせてはいけない。
    超未来装備などメカ描写は素晴らしかったけど、原作未読は辛いかもしれない。
    tak
    takの感想・レビュー
    13時間
    3.2
    難しい話だったなあ。無痛という感覚による残酷さ。虐殺を引き起こす要素の体系化か。たしかに表裏一体な気がする。主人公の感覚が映像に反映されてる感じがしました。表現が細かく情報量が多い。最近のアニメはすごいね。
    me
    meの感想・レビュー
    3日
    3.8

    このレビューはネタバレを含みます

    3作の中では市場おもしろいな〜と感じた
    体が半分なくなっても普通に話してた仲間がでるシーンは悲しくなった
    物語の結末は好きでした
    ysk
    yskの感想・レビュー
    4日
    4.0
    少々グロいがそれだけではなかった。
    ストーリー性、多様なテーマを含む設定、言葉のやりとり、独白等。
    上記とアクションのバランスがよく攻殻と似たような雰囲気?だったため楽しめた。
    原作小説も読了済み。
    まゆこ
    まゆこの感想・レビュー
    4日
    5.0
    2回も見に行った…!!!!!!
    人生で初めて同じ映画を2回も
    見るくらいには1回では
    私は理解出来なかった…(笑)

    でも2回目はめちゃめちゃ理解して見れたから
    細部まで見れた…!


    もう櫻井さんと中村さんが
    カッコいいの一言しか出ない…!


    この映画は映画館の大音量と良い音響で
    何度でも見たい作品!!
    カミヤ
    カミヤの感想・レビュー
    4日
    3.5
    映画「虐殺器官」を観てきました。夭折したSF小説家・伊藤計劃さんの代表作ということで超期待して観た!。。。わけではなく、SF小説とか全然守備範囲外なので全く知らないで観たのですが結論的には、かなり面白かったです。(面白いという表現は適切でなく「興味深い」的な感じの面白さです)
    SFモノ(未来モノ宇宙モノ)って現実とかけ離れすぎていて、あまり好きではないのですが、この作品は超ありそうなリアリティのある「ちょっと先のありそうな未来」の描写が凄くて、超管理社会とか、痛覚マスキングとか、目薬タイプのウェアラブル端末とか、ナノマシンによる治療とかなどなど。そんな世界観の中で描かれる、あり得そうな世界情勢が堪らんかったです。
    が、観ていて置いてけぼり感になった部分もあったので(長編小説原作を2時間の映画に詰め込むのは無理なので仕方ないですが)原作を読んでから観ると、より理解が深まるのかもしれません。
    石
    の感想・レビュー
    6日
    3.5
    普通に難しい映画だった
    ぬまゆ
    ぬまゆの感想・レビュー
    2017/04/16
    5.0
    最高です
    >|