虐殺器官(2015年製作の映画)

上映日:2017年02月03日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:115分
    監督
    村瀬修功
    原作
    伊藤計劃
    キャスト
    中村悠一
    三上哲
    梶裕貴
    石川界人
    大塚明夫
    小林沙苗
    櫻井孝宏
    あらすじ
    テロの脅威にさらされ続けたアメリカは、その恐怖に対抗すべく徹底した情報管理システムを構築していた。一方、アメリカ以外の世界各地では紛争の激化が続いていた。世界の紛争地を飛び回る米軍特殊部隊クラヴィス・シェパード大尉に、謎のアメリカ人の追跡ミッションが下る。その男、「ジョン・ポール」は、紛争の予兆とともに現れ、その紛争が泥沼化するとともに忽然と姿を消してしまう。かつて有能な元言語学者だった彼が、その地で何をしていたのか。アメリカ政府の追求をかわし、彼が企てていたこととは…?ジョンがチェコに潜伏しているという情報を元にクラヴィスは追跡行動を開始。チェコにはかつてジョンと関係のあった女性ルツィアがいた。「虐殺の王」と呼ばれるジョンの目的は一体何なのか…。クラヴィスはジョンから驚くべき真実を聞かされる。

    「虐殺器官」に投稿された感想・評価

    映画化3部作の中で、伊藤計劃の遺した問いを最もストレートかつ完全に投影出来ていたと思う。ラストシーンまで、クラヴィスとジョン=ポールが何を語り、考えたかを頭を働かせ続ければ続けるほど面白い映画。
    難しくてよくわかんなかったけど、グロかったね!みたいな語り口で終わらせてはいけない。
    超未来装備などメカ描写は素晴らしかったけど、原作未読は辛いかもしれない。

    ブログ:完成しただけで感無量。「虐殺器官」
    http://tea-rwb.hatenablog.com/entry/2017/03/21/120000
    アキ
    3.7
    言語が単なる伝達手段に限定されるものなのか、それとも当人の視界へ大胆な作用を及ぼすものなのか否かについてはむろん僕は後者の支持者であるが、その辺、伊藤計劃がこの作中でひどく思索的な物言いにて説明してくれている。心躍るシーンもあるにはあるが、あくまで伊藤の深い思想の上にあること前提なんで疲れた身体には若干厳しいかも!?
    Haru
    4.0
    SF好きにはたまらない映画
    でも原作をかじってからでないと内容は難しいと思う。
    描写はグロいところもある。
    銃声が凄まじかった。
    よき
    4.6
    メタルギアのノベライズをやっている伊藤計劃原作のSF作品。
    世界観が好きなら。
    未島夏
    3.5
    順序が変わってしまったものの、ようやく辿り着いたProject Itohの結末。

    「屍者の帝国」、「ハーモニー」と比較して娯楽性とカタルシスにやや欠けるが、ボーイ・ミーツ・ガールの魅力は堅実に物語へ作用している。

    主張の顛末は簡潔かつ重厚。
    恐らく、3作品中で最も現代に合致する「警鐘」となっている。
    原作は未読です。
    如何にも現実の世界に起こりうるテーマだったので、アニメというか実写ドラマを観ている感覚になりました。

    R指定が付いていたので身構えていましたがもっとグロい地上波アニメもあるので、思ったよりは大丈夫でした。

    絵のグロさよりも恨みつらみの人間の心情の方がえげつなかったかな…。
    そこがR指定の意味だったのかも。

    すっごい複雑な話なので一瞬理解が追いつかないのですが、
    櫻井孝宏の声で「虐殺には文法がある」「言葉によって虐殺を引き起こす」と言われると妙に納得してしまいます。

    言葉が持つ力というのも分かるのですが、
    それ以上に櫻井孝宏の声に人を惑わす魔力があるのでは…。
    グロい。原作を読んでからでないと、わかりづらかった。
    okke
    -
    2017年3月 池袋HUMAXシネマズにて
    テレビで見たけどカットが酷すぎて話が飛び飛びだったのでフルでちゃんと見たい
    >|