虐殺器官の作品情報・感想・評価

虐殺器官2015年製作の映画)

上映日:2017年02月03日

製作国:

上映時間:115分

3.7

あらすじ

テロの脅威にさらされ続けたアメリカは、その恐怖に対抗すべく徹底した情報管理システムを構築していた。一方、アメリカ以外の世界各地では紛争の激化が続いていた。世界の紛争地を飛び回る米軍特殊部隊クラヴィス・シェパード大尉に、謎のアメリカ人の追跡ミッションが下る。その男、「ジョン・ポール」は、紛争の予兆とともに現れ、その紛争が泥沼化するとともに忽然と姿を消してしまう。かつて有能な元言語学者だった彼が、そ…

テロの脅威にさらされ続けたアメリカは、その恐怖に対抗すべく徹底した情報管理システムを構築していた。一方、アメリカ以外の世界各地では紛争の激化が続いていた。世界の紛争地を飛び回る米軍特殊部隊クラヴィス・シェパード大尉に、謎のアメリカ人の追跡ミッションが下る。その男、「ジョン・ポール」は、紛争の予兆とともに現れ、その紛争が泥沼化するとともに忽然と姿を消してしまう。かつて有能な元言語学者だった彼が、その地で何をしていたのか。アメリカ政府の追求をかわし、彼が企てていたこととは…?ジョンがチェコに潜伏しているという情報を元にクラヴィスは追跡行動を開始。チェコにはかつてジョンと関係のあった女性ルツィアがいた。「虐殺の王」と呼ばれるジョンの目的は一体何なのか…。クラヴィスはジョンから驚くべき真実を聞かされる。

「虐殺器官」に投稿された感想・評価

ゆい

ゆいの感想・評価

3.3
とにかく人が死ぬ。声優豪華。
話の内容はドラマにした方がいい気がした。というか原作を読んだ方が良かったかも。少し頭の使いたい時に見たほうがいい。疲れてる時に見ると登場人物が何言ってるか、どうしてこうしてるのかわからなくなる(笑)
RAN

RANの感想・評価

-
アメリカ人設定だけど中村悠一の声が高くてなんだかなあって思うねえ...

見終わって思うのはもう一回全作品を時系列順に見たいって感じだ〜。

とにかく三部作全ての映像化を見れて良かったあ。
あられ

あられの感想・評価

3.8
三部作、最終。
待ちに待った虐殺器官。
当時制作継続が危ぶまれたこの作品。継続のお知らせを見たときは本当に嬉しかったのを覚えています。
3作の中で一番現代に近い作品だったので親近感ありますが、でも未来。
全て近々実現可能ではないだろうかと思うものが多かった…知らないだけで開発されてるかも…なんて…
そして、言語学がこんなにも興味深いのかと思ったのでした。
ひびき

ひびきの感想・評価

4.0
原作読み途中だったけど伊藤計劃さんの世界観はすごいよ、、、制作打ち切りにならなくて本当よかった、、、ありがとうございます。
リーランド〜〜!
ゆえ

ゆえの感想・評価

-
わたしは漫画ばっかりで文字の本は読めないし映像作品が好きなので実写映画やアニメーション映画を見る派な為にこちらもアニメーションで見てしまいましたが、見ていてやはり映像で見るより原作を読んだ方が良いんだろうなぁと思いました。
原作が小説だと大事なところは視覚からの情報では多分あんまり得られないし、おバカなので難しいお話は耳からだけですとどうも右から左になりがち…ちゃんと文章で捉えないとダメだなーこれは。
原作派の方のレビューを見てるとどうやらかなり端折られてるとのことですし。
でも好きでした。
主題歌はEGOISTだし声が櫻井くんなのもあり、某コパスのしょーごくんがチラつきすぎた!
パセリ

パセリの感想・評価

2.8
原作は読んでないけど、きっと文字で読んだ方が面白いんだろうなぁ…と思った。
燐灰

燐灰の感想・評価

2.0
全然原作の良さが活かせてない
ちょっとがっかりだった
はや波

はや波の感想・評価

3.2
人間の遺伝子には文法を生成する器官が備わってるって話が面白かったです。

にしても沢山の事件の中に実は共通点があって裏で糸引いてるカリスマ殺人鬼がいました〜って話もう飽きちゃったよ!もっと新しい切り口のサイバーパンクとかディストピア系のアニメないんか、、、
攻殻が最高傑作なのは揺るがないなぁ
>|