虐殺器官の作品情報・感想・評価

虐殺器官2015年製作の映画)

上映日:2017年02月03日

製作国:

上映時間:115分

3.7

あらすじ

テロの脅威にさらされ続けたアメリカは、その恐怖に対抗すべく徹底した情報管理システムを構築していた。一方、アメリカ以外の世界各地では紛争の激化が続いていた。世界の紛争地を飛び回る米軍特殊部隊クラヴィス・シェパード大尉に、謎のアメリカ人の追跡ミッションが下る。その男、「ジョン・ポール」は、紛争の予兆とともに現れ、その紛争が泥沼化するとともに忽然と姿を消してしまう。かつて有能な元言語学者だった彼が、そ…

テロの脅威にさらされ続けたアメリカは、その恐怖に対抗すべく徹底した情報管理システムを構築していた。一方、アメリカ以外の世界各地では紛争の激化が続いていた。世界の紛争地を飛び回る米軍特殊部隊クラヴィス・シェパード大尉に、謎のアメリカ人の追跡ミッションが下る。その男、「ジョン・ポール」は、紛争の予兆とともに現れ、その紛争が泥沼化するとともに忽然と姿を消してしまう。かつて有能な元言語学者だった彼が、その地で何をしていたのか。アメリカ政府の追求をかわし、彼が企てていたこととは…?ジョンがチェコに潜伏しているという情報を元にクラヴィスは追跡行動を開始。チェコにはかつてジョンと関係のあった女性ルツィアがいた。「虐殺の王」と呼ばれるジョンの目的は一体何なのか…。クラヴィスはジョンから驚くべき真実を聞かされる。

「虐殺器官」に投稿された感想・評価


小説の情報量と比べるとどうしても物足りなさを感じてしまう。
分かりやすくまとめた作品としてだったら良かったと思う。
他の2作と併せて前売り券を買ったものの、倒産騒動による上映延期で見逃してしまい、dアニメでようやく初鑑賞。原作小説は途中まで読んでいた気がする。

伊藤計劃がこの小説を生み出したときよりも、世界はこのディストピアに近づいているわけで、やっぱSFの面白いところはこの「ありえそう」ってとこだよね。

また、エンディングにEGOISTを起用してPSYCHO-PASSを彷彿とさせたのも、ノイタミナファンとしては嬉しかった。
確かに虚淵作品って伊藤計劃に似てるかも?

映像については、アクションシーンが物足りなかったのが残念。でも、騒動があっても、別会社作ってまで映画化した山本プロデューサーにはめっちゃ感謝です!
P銀

P銀の感想・評価

3.1
原作小説、特に虐殺の目的についてかなり分かりやすくしてあるが、物足りない部分もあり。
yaaa

yaaaの感想・評価

4.0
よく喋るなぁといった印象。
でも「言語」を巡る話だから言葉が多くても良いか。

戦闘シーン、会話シーン、戦闘シーン、会話シーン…なので話してばっかりではないので飽きることはない。
原作読んだら誰でも渇望する「映像化してほしーい」の要望には答えていると思う。原作からカットされた主人公の深層心理を垣間見せる所はアニメ―ションならではの表現が出来んかったのかな。
原作のどす黒いところがOFFられて、少しいい子ちゃん的な感じもする。

アメリカ映画としてそのオチもしっかり描写して実写化させてほしいものです。パクさん。

主人公らがアメフトを観るシーンが製作時全く意図してなかったと思うが今観たら結構パンチ効いている。
MarinaSeo

MarinaSeoの感想・評価

3.2
原作は夢中になって読んだ。今回の映像化はアクション見せが多めだったかな。でも終始ソリッドで、ロマンチックで、作品の雰囲気は再現できててとってもよかった。これは元の設定がとにかく面白いので、実写とかできるといいような気がする、戦争映画として。文章の余白をうまく表現してほしい。
Ryota

Ryotaの感想・評価

4.1
できれば原作を読んでから観て欲しい作品。アニメ化すると小説の仄暗い質感が褪せてる印象を受けた。

伊藤計劃さん作の有名な小説3作品の中でも、特に惹かれた作品。

注目してたのは、"痛覚遮断"や"視覚強化"などメタルギアソリッドの様な強化された兵士が、今後の戦争をより悪質な行為にしていくのかなと思う。

原作の感想でしかないが、「虐殺器官」の発想とそれによって引き起こされる結末には、今後消えることはないであろう強烈な記憶を刷り込まれた。

とにかく、SF要素は大好きな物ばかりで、厨二要素満載な感じが堪らない!
のろ

のろの感想・評価

3.8
お母さんのエピソードがほぼ触れられていなかったので原作とは雰囲気がちがった
原作を読んだ上で、任務や戦闘シーンにフォーカスした映画として、とてもよいできだと思う
>|