健多郎

シン・シティ 復讐の女神の健多郎のレビュー・感想・評価

シン・シティ 復讐の女神(2014年製作の映画)
2.5
前作と同じくモノクロを基調とした映像とワンポイントのカラーは美しい
マーヴとハーティガンのかっこよさ、コミック的な演出は相変わらず
ストーリーは全体通してなら前作の方が好みだけど、オリジナルストーリーのジョニー編は割と好き
主役のジョニーだけでなく、チョイ役のクリストファーロイドがとても良い
前作から引き続き登場のロアーク上院議員もとてもとても嫌なヤツで悪役として魅力的

でも展開や映像の勢い、疾走感は間違いなく前作が上だと思います
悪役も前作にはケビンやイエローバスタードがいたけど、本作ではロアークくらいだし…
強いて挙げるならエヴァもだけど彼女には悪役としての魅力を感じない

あとデヴォン青木の代役、ジェイミーチャンのアクションがあまりにもつたなく見えるのはわざとなの?ガチなの?
どっちにしてもアレはダメだよ…

と、ここまで書いて前作のレビューをしていないと気付いた!
あれは10年前に劇場で観たきりだからなぁ…そのうち改めて観てレビューしよう