赤足

シン・シティ 復讐の女神の赤足のレビュー・感想・評価

シン・シティ 復讐の女神(2014年製作の映画)
3.2
前作「シン・シティ」から9年が経ち製作された新章こと「シン・シティ 復讐の女神」前作と比べてしまうとどうしても、前作の"THE 漢"という名の魁男塾愁が足りず、物足りなく感じてしまう部分はあるものの、前回で強烈なインパクトを残したミッキー・ロークが演じる!これぞ男の中の男と言わんがほどのキャラ"マーヴ"も健在で今回も大活躍であったり!そして、愛すべき人を殺されたジェシカ・アルバ演じる"ナンシー"が復讐の鬼となり、悪の元凶に乗り込んでいく展開はなかなかどうして、前回でもお馴染みの白黒に飛び散る鮮血やグロとスタイリッシュな劇画タッチは健在であった!そして、相変わらず悪女を演じさせたらとびきり上手い姉御こと、エヴァ・グリーンの怪演も見所の一つであったが、やはり前作からの強烈なインパクトは残念ながら超える事はできなかったが、ストーリーもしっかりしており間が9年も開かず直ぐに公開されていたらもっと評価が変わっていただろうと思ってしまったが、けっして悪くはない作品であったと言える。