シン・シティ 復讐の女神の作品情報・感想・評価

シン・シティ 復讐の女神2014年製作の映画)

Sin City: A Dame to Kill For

上映日:2015年01月10日

製作国:

上映時間:103分

3.3

あらすじ

「わたしは、もういない。あるのは、復讐心だけ」 愛する者を殺されたナンシー、大切なものを奪われたアウトサイダーたち―― 救いなど存在しないこの街で、腐敗した権力への復讐が動き始める。 太陽も朽ち果て、闇に抱かれたこの街に、男たちの荒んだ心を照らす一人の女神がいる。場末のストリップバー“ケイディ”のダンサー、ナンシーだ。だが、彼女のなかにも闇がある。愛するハーティガン刑事を死に追いやった街の…

「わたしは、もういない。あるのは、復讐心だけ」 愛する者を殺されたナンシー、大切なものを奪われたアウトサイダーたち―― 救いなど存在しないこの街で、腐敗した権力への復讐が動き始める。 太陽も朽ち果て、闇に抱かれたこの街に、男たちの荒んだ心を照らす一人の女神がいる。場末のストリップバー“ケイディ”のダンサー、ナンシーだ。だが、彼女のなかにも闇がある。愛するハーティガン刑事を死に追いやった街の支配者ロアーク上院議員を、必ず殺すという誓いだ。心優しき野獣マーヴは、そんなナンシーを見守り続けていた。ロアークは非道な手で、果てしない欲望を叶え、街は加速度的に腐敗。稀代の悪女エヴァの台頭など、虫ケラのようにアウトサイダーたちは踏みつぶされていく。 そんな隆盛を誇るロアークに挑戦者が現れる。傲慢なギャンブラー、ジョニーだ。彼はポーカーで大勝ちするが、仕返しに黄金の指を叩き潰される。一方、エヴァは、かつて恋人だった私立探偵のドワイトを大富豪の夫殺しに利用しようとしていた。遂に、ならず者たちの怒りが頂点に達した。一匹狼として生き抜いてきた彼らが、燃えたぎる憎しみで共鳴した時、激烈な復讐がはじまる!

「シン・シティ 復讐の女神」に投稿された感想・評価

箱蛙

箱蛙の感想・評価

2.0
2015/11/01(楽天レンタル)
真名菊

真名菊の感想・評価

5.0
かつてここまで、暴力、愛、セックスを題材にして、
映像美とアクションで見せてくる映画なんてあっただろうか。
アメコミの世界観に人間が入り込んだかのような、独特の世界観に魅入られての、あっと今の二時間でした。
男性も強ければ、女性も強い。誰もが悪人であり、善人なんて一人もいない。
誰が死んでもおかしくない世界で騙し合い、奪い、セックスする。
ここまですべてが平等で清々しい映画、なかなかないです。
アニメと実写の融合のような錯覚(融合ではないが)を覚えた。
ストーリーは女神の復讐
前作があるのね。知らなかった。
それ見てなくても楽しめたよ。
画が新鮮だったよ。
セリフもクールだった。
まえだ

まえだの感想・評価

3.4
ちょっとくどい
maipoyox

maipoyoxの感想・評価

3.0
すきやねぇ、まぁ豪華。
misaki

misakiの感想・評価

3.2
これ2って書いてあるのに、1見たことなくて観ちゃったので所々わからないシーンはあったけど、2だけでも楽しめると思います。色使いがエフェクト効果抜群で、
実写なのにアニメっぽくも感じられてよかった。
ただ、ジョセフ・ゴードン=レヴィットが好きで楽しみだったのに、、、あっけなさすぎない?復讐軽くない?いいの??って感じでした。笑
でもなによりジェシカアルバがめーーーっちゃかわいかった!虜になった!!
>|