シン・シティ 復讐の女神の作品情報・感想・評価

シン・シティ 復讐の女神2014年製作の映画)

Sin City: A Dame to Kill For

上映日:2015年01月10日

製作国:

上映時間:103分

3.3

あらすじ

「わたしは、もういない。あるのは、復讐心だけ」 愛する者を殺されたナンシー、大切なものを奪われたアウトサイダーたち―― 救いなど存在しないこの街で、腐敗した権力への復讐が動き始める。 太陽も朽ち果て、闇に抱かれたこの街に、男たちの荒んだ心を照らす一人の女神がいる。場末のストリップバー“ケイディ”のダンサー、ナンシーだ。だが、彼女のなかにも闇がある。愛するハーティガン刑事を死に追いやった街の…

「わたしは、もういない。あるのは、復讐心だけ」 愛する者を殺されたナンシー、大切なものを奪われたアウトサイダーたち―― 救いなど存在しないこの街で、腐敗した権力への復讐が動き始める。 太陽も朽ち果て、闇に抱かれたこの街に、男たちの荒んだ心を照らす一人の女神がいる。場末のストリップバー“ケイディ”のダンサー、ナンシーだ。だが、彼女のなかにも闇がある。愛するハーティガン刑事を死に追いやった街の支配者ロアーク上院議員を、必ず殺すという誓いだ。心優しき野獣マーヴは、そんなナンシーを見守り続けていた。ロアークは非道な手で、果てしない欲望を叶え、街は加速度的に腐敗。稀代の悪女エヴァの台頭など、虫ケラのようにアウトサイダーたちは踏みつぶされていく。 そんな隆盛を誇るロアークに挑戦者が現れる。傲慢なギャンブラー、ジョニーだ。彼はポーカーで大勝ちするが、仕返しに黄金の指を叩き潰される。一方、エヴァは、かつて恋人だった私立探偵のドワイトを大富豪の夫殺しに利用しようとしていた。遂に、ならず者たちの怒りが頂点に達した。一匹狼として生き抜いてきた彼らが、燃えたぎる憎しみで共鳴した時、激烈な復讐がはじまる!

「シン・シティ 復讐の女神」に投稿された感想・評価

箱蛙

箱蛙の感想・評価

2.0
2015/11/01(楽天レンタル)
ジェシカアルバ年あんまとってなくて良かった
エヴァグリーンは相変わらずキレイ
前作見たのけっこー前だし
設定とかは忘れちゃってたな
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

2.0
2015/9/27鑑賞(鑑賞メーターより転載)
前回が自分でも驚くほど望外に面白かったのでこちらも期待して鑑賞。あの劇画調の「白黒の中に映える原色」のもたらす雰囲気はまったく変わりなかったが、ただストーリーとしてはかなり水を入れ過ぎて薄まった感じで話を追うのに労力を必要とするし、その分バイオレンス表現が終始目立つようになってただのおっかない映画になってしまった感あり。いろいろさらけ出し過ぎのエヴァ・グリーンは終始目立っていたが、代わりに本来一番目立つべきジェシカ・アルバの存在感が消えてしまってたのも残念。とはいっても無論映像は楽しんだけど(笑)
不味い!もう一杯!
Marvは死んだと思ったが生きていた。DwightとMihoとManuteが違う役者になってる。このあたりのキャラ変更に正直耐えられない。結局Jessica Albaを暴れさせたいだけのストーリー展開。意外に役者魂を見せたのはAva役のEva Green。Casino Royaleの抑えめとは真逆の演技でオッパイがんがん出す。かなりMickey Rourkeの映画。この映画の見所はモノクロとビビッドな差し色のコントラスト映像美を堪能できればそれで良し。
おれのドワイトはどこ行っちまったんだ……出演NGなのか……??
ナ

ナの感想・評価

3.7
ポーカーのシーンかっこよかった
nanako

nanakoの感想・評価

5.0
シン・シティ 復讐の女神
引き続き面白かったです。なんか前作より首が飛んだり死体の数が増えてる気がするけど、モノクロなので大丈夫。メリット発見。
今回はジョセフ・ゴードン=レヴィットとエバ・グリーンが最高。
>|