シン・シティ 復讐の女神(2014年製作の映画)

Sin City: A Dame to Kill For

上映日:2015年01月10日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:103分
    監督
    ロバート・ロドリゲス
    フランク・ミラー
    脚本
    フランク・ミラー
    原作
    フランク・ミラー
    キャスト
    ジェシカ・アルバ
    パワーズ・ブース
    ジョシュ・ブローリン
    ロザリオ・ドーソン
    ジョセフ・ゴードン=レヴィット
    エヴァ・グリーン
    デニス・ヘイスバート
    ステイシー・キーチ
    ジェイミー・キング
    レイ・リオッタ
    ジェレミー・ピヴェン
    ミッキー・ローク
    ブルース・ウィリス
    アレクサ・ヴェガ
    ジュノー・テンプル
    ジェイミー・チャン
    クリストファー・ロイド
    クリストファー・メローニ
    レディー・ガガ
    マートン・ソーカス
    あらすじ
    「わたしは、もういない。あるのは、復讐心だけ」 愛する者を殺されたナンシー、大切なものを奪われたアウトサイダーたち―― 救いなど存在しないこの街で、腐敗した権力への復讐が動き始める。 太陽も朽ち果て、闇に抱かれたこの街に、男たちの荒んだ心を照らす一人の女神がいる。場末のストリップバー“ケイディ”のダンサー、ナンシーだ。だが、彼女のなかにも闇がある。愛するハーティガン刑事を死に追いやった街の支配者ロアーク上院議員を、必ず殺すという誓いだ。心優しき野獣マーヴは、そんなナンシーを見守り続けていた。ロアークは非道な手で、果てしない欲望を叶え、街は加速度的に腐敗。稀代の悪女エヴァの台頭など、虫ケラのようにアウトサイダーたちは踏みつぶされていく。 そんな隆盛を誇るロアークに挑戦者が現れる。傲慢なギャンブラー、ジョニーだ。彼はポーカーで大勝ちするが、仕返しに黄金の指を叩き潰される。一方、エヴァは、かつて恋人だった私立探偵のドワイトを大富豪の夫殺しに利用しようとしていた。遂に、ならず者たちの怒りが頂点に達した。一匹狼として生き抜いてきた彼らが、燃えたぎる憎しみで共鳴した時、激烈な復讐がはじまる!

    「シン・シティ 復讐の女神」に投稿された感想・評価

    2015/11/01(楽天レンタル)
    ストーリーが簡潔になって期待はずれだったけどやっぱり作り方は面白かった。
    1のが好きだけど面白かった
    ジョセフかっこいいし指の治療でクリストファーロイドも出てきて嬉しくなっちゃった
    エヴァグリーン様美しすぎるね!
    記録
    ただただカッコいい
    わかりやすい復讐劇
    いろんなキャラクターの心が揺れ動いてる感じがして良き
    全カット画がカッコイイ。ただのファン
    罪の街”シンシティ”を舞台に、巨悪や悪女に虐げられた者達の復讐劇を描くハードボイルド作品。

    前作では”愛”をテーマに物語が描かれていたが、本作では”復讐”が主なテーマとして描かれているので全体的に泥臭い印象。

    また、都合によりクライヴ•オーウェンやデヴォン青木など一部のキャストが交代しているので、前作の大ファンとして非常に残念でした。

    本作の目玉はエヴァ•グリーン!
    登場シーンの7割が裸というあまりにも大胆なキャラクターに驚きました‼️
    しかし、モノトーンにすると不思議と彼女のヌードって綺麗に映らないんですよね〜。ナイスバディであることは確かなんですが、全体的にぼやっとしているというか、あまり魅力は感じませんでした。

    個人的にはギャンブラー ジョニーが町の支配者ロアークに戦いを挑む物語が非常にお気に入りです!
    ボロボロになりながらも不屈の精神で立ち向かう姿に熱くなりました‼︎

    しかし全体的には、刺激と新鮮味に欠けた少々物足りない作品でした。
    間違って続編の復讐の女神から見てしまった!
    が、全然支障なく、そんなに説明なくても想像できるように脚本が出来ていたのが続編としてもナイスでした。

    フランク・ミラーのコミックの映画化ということで、コミックらしい表現がスタイリッシュで、なおかつロドリゲスとの組み合わせで激しいアクションシーンや残虐なシーンも上手くぼやかされてて痛いシーンが苦手な女子でも楽しめる作品になってる気がします。
    血もモノトーンにしたりと、色を変えるだけでずいぶん変わるものですね。

    エピソードを幾つか絡めて、時間軸も過去の話と現在の話が混ざっていますが、そんなにわかりにくくなく(ただし登場人物が多いので覚えるのは大変)、かといっておバカなアクションでないところが絶妙でした。

    エヴァ・グリーン扮する超悪女の話も面白いし、好きなジョセフ・ゴードン=レヴィットの話もハッピーエンドではないけど、面白い。

    勧善懲悪ではなく、全員が悪党の中でも悪党にしか手を出さない流儀を持つカッコいい連中とそうでないほんとの外道との闘いが潔く、カッコいい。

    ミッキー・ロークがかなり異様な役でしたが、ハマっててよかった。
    ジェシカ・アルバもセクシー炸裂!

    キャストの使い方がものすごく上手い。
    各エピソードの良い側がダークヒーローのようなキャラばかりで、バットマンとか好きな人にはたまらない作品でしょう。

    思わず最初の作品もすぐに見ました。
    >|