mingo

花芯の刺青 熟れた壷のmingoのレビュー・感想・評価

花芯の刺青 熟れた壷(1975年製作の映画)
4.0
シネマヴェーラにて鑑賞。
神代でいうところの「四畳半襖〜」に匹敵する小沼の代表作だろうかという印象だし、鑑賞後の傑作感素晴らしい。

本作の熟れきった谷ナオミ、尋常じゃない色気、エロス。男なら助平になるしかない映画。
正気を保てないほどのラストにかけてのエロスと、割れた鏡に写された多面性、背中のタトゥーの鬼?の目から流れる血の儚さからはロマンポルノの結晶が詰まったカタルシスであった。あっぱれ。

仕事前に観たので沸点上がりすぎて、仕事がしんどかったのはここだけの話です。