アイアムアヒーローの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

アイアムアヒーロー2015年製作の映画)

上映日:2016年04月23日

製作国:

上映時間:126分

3.6

あらすじ

鈴木英雄(大泉洋)35歳。職業:漫画家アシスタント。彼女とは破局寸前。 そんな平凡な毎日が、ある日突然、終わりを告げる…。徹夜仕事を終えアパートに戻った英雄の目に映ったのは、彼女の「異形」の姿。一瞬にして現実の世界は崩壊し、姿を変えて行く。謎の感染によって人々が変貌を遂げた生命体『ZQN(ゾキュン)』で街は溢れ、日本中は感染パニックに陥る。標高の高い場所では感染しないという情報を頼りに富士山に…

鈴木英雄(大泉洋)35歳。職業:漫画家アシスタント。彼女とは破局寸前。 そんな平凡な毎日が、ある日突然、終わりを告げる…。徹夜仕事を終えアパートに戻った英雄の目に映ったのは、彼女の「異形」の姿。一瞬にして現実の世界は崩壊し、姿を変えて行く。謎の感染によって人々が変貌を遂げた生命体『ZQN(ゾキュン)』で街は溢れ、日本中は感染パニックに陥る。標高の高い場所では感染しないという情報を頼りに富士山に向かう英雄。その道中で出会った女子高生・比呂美(有村架純)と元看護師・藪(長澤まさみ)と共に生き残りを賭けた極限のサバイバルが始まった…。果たして彼らは、この変わり果てた日本で生き延びることが出来るのか。そして、英雄は、ただの英雄(ひでお)から本当の英雄(ヒーロー)になれるのか!?

「アイアムアヒーロー」に投稿された感想・評価

長澤まさみが可愛い、はい高評価
日本映画でここまでやるとは!
期待以上にしっかりゾンビやった
やるやん!日本映画!
いの

いのの感想・評価

3.5
ザ☆ゾンビ映画
shino

shinoの感想・評価

3.6
花沢健吾原作漫画の実写映画。
売れない漫画家である鈴木英雄は、35歳になっても芽が出ず、他の漫画家のアシスタントをする悶々とした生活を送っている。一向に芽の出ない英雄にしびれを切らした恋人、黒川徹子は英雄をアパートから追い出してしまう。

かねがね良いという噂を聞いていたのですが、いかんせんほんとにビビりなものでこのジャンルが好きなのにもかかわらず1人で見るのもな…と思いイマイチ手が伸びなかったのですが酔っぱらった勢いで借りてきました。
原作漫画を数年前に一度読んでいるのですが、原作が1巻分使って日常から転落する様子を描いていたので、2時間という尺でできるかな?と思っていたのですが、じわじわとじわじわと迫り来る恐怖を上手く表現していていやほんと怖い。ふとした瞬間に垣間見える「なんかおかしい」という感じが本当にこわい。ゾッとする。
個人的には洋画の同ジャンルより、風景がこちらの日常にある邦画でやられた方が心理的にめちゃめちゃ怖い(この映画の出来が良いってのもあるけど)ことを認識しました。生粋のジャパニーズなので、見たことある風景で起こるパニックは、現実世界でも起きるのでは?という気持ちになってしまう…。クソ寒い中見てる間何回か窓を開けて下界の平和な音を聞きました。いやほんとクソビビりなんです。
原作漫画も読んでいるのですが、あれも映画も「え?何?」と何も理解しないまま襲われて死んでしまう人がいて、そうなるのはちゃめちゃにこわい。
なんでこのシーン抜いたんや…ってシーンと、この設定いるのかな…?続編ありきの1作目なのか…?と思うところもありましたが、ほんとに思ってた以上に良かったです!大泉洋いいぞ〜!
Ozil

Ozilの感想・評価

3.4
内容知らずに気軽にポッと見にいくものではない!!
mayapus

mayapusの感想・評価

4.0
ゾンビ映画大好き!!何か頼りなーい感じから、最後の闘いっぷりで楽しめた。初めて有村架純かわいいかもと思った。半ゾンビ加減がよい。
平山

平山の感想・評価

3.5
去年映画館で2回見た作品。

グロい。
怖い。
笑える。
日本が舞台だからかリアリティーがあってめちゃ怖い。
ゾンビ映画としては洋画を超えるクオリティーだと思う。
見たことを後悔するレベルの怖さだった。
MASAYA

MASAYAの感想・評価

3.8
ゾンビ映画は日頃好んでみませんが、面白かったです!
純粋に!

まずそもそもですが、大泉洋が好き!なんです。

35歳で漫画アシスタントという主人公が自前の猟銃でZQN(ゾキュン)に立ち向かう!

大泉洋の日の当たらないキャラという設定が素晴らしいですし、偶然出会う半ZQNの有村架純も可愛かったです。

小物感しかないのですが、勇気を振り絞って立ち上がる瞬間は最高にカッコよかったです。

ROLEXガードは爆笑しました。
オチ意外は良かったのに、、
>|