アイアムアヒーローのネタバレレビュー・内容・結末

アイアムアヒーロー2015年製作の映画)

上映日:2016年04月23日

製作国:

上映時間:126分

3.5

あらすじ

鈴木英雄(大泉洋)35歳。職業:漫画家アシスタント。彼女とは破局寸前。 そんな平凡な毎日が、ある日突然、終わりを告げる…。徹夜仕事を終えアパートに戻った英雄の目に映ったのは、彼女の「異形」の姿。一瞬にして現実の世界は崩壊し、姿を変えて行く。謎の感染によって人々が変貌を遂げた生命体『ZQN(ゾキュン)』で街は溢れ、日本中は感染パニックに陥る。標高の高い場所では感染しないという情報を頼りに富士山に…

鈴木英雄(大泉洋)35歳。職業:漫画家アシスタント。彼女とは破局寸前。 そんな平凡な毎日が、ある日突然、終わりを告げる…。徹夜仕事を終えアパートに戻った英雄の目に映ったのは、彼女の「異形」の姿。一瞬にして現実の世界は崩壊し、姿を変えて行く。謎の感染によって人々が変貌を遂げた生命体『ZQN(ゾキュン)』で街は溢れ、日本中は感染パニックに陥る。標高の高い場所では感染しないという情報を頼りに富士山に向かう英雄。その道中で出会った女子高生・比呂美(有村架純)と元看護師・藪(長澤まさみ)と共に生き残りを賭けた極限のサバイバルが始まった…。果たして彼らは、この変わり果てた日本で生き延びることが出来るのか。そして、英雄は、ただの英雄(ひでお)から本当の英雄(ヒーロー)になれるのか!?

「アイアムアヒーロー」に投稿されたネタバレ・内容・結末

普通に面白かったです!
正直佐藤監督にあまり良いイメージがなかったのですが、謝りたいです笑

私は良い評判を聞いてから見たので普通に面白いな〜くらいでしたが、
評判を知らず、期待せずに劇場で見た人はかなり楽しめたのでは?と思いました。

細かい気になるところはあるけど、全体としては作り手の気概が感じられて好感を持てました。


脚本は原作に極力忠実でありつつ、適切に取捨選択してる感じが良かった。

すごく怖い!とまでは思わなかったけど、かなりグロ描写も頑張ってた気がします。

個人的に「エンターテイメント」って言葉が安易に使われるのは言い訳みたいで嫌だけど、
この映画はグロもキチンとやりつつ適度な軽さもあり、まさしく「エンターテイメント」としてしっかり成立してるなと思いました。


キャストは大泉洋がハマってた。ラーメンズ片桐はコロリそのものだった笑
まあまあグロい。
主人公大泉洋は完璧!
有村架純は可愛い。
最後結局どうなったのって感じ。
うーん、漫画読まずに見たからかわかんないけど有村架純のキャラは最後までなんもせんのかーい!笑ってなってしまった。
気持ち悪さとか、ゾンビ再現度はとても良かった!
グロい
少し苦手

情けないところも含めて
作者の投影に思えた
しっかり観れば観るほどきっと疲れる。ゾンビサスペンス、、とくに高跳びのゾンビ怖かった〜。ヒデオはとくに際立った才能があるわけでもないけど ( 銃持ってるってところくらいだし、才能でもないよな ) ヒロミちゃんがいたおかげで頑張れるってとこにフォーカスが当たってて、守るものがある人は強くなれるんだなっていう感想。もっとヒロミちゃん活躍してほしかった〜
“日常が終わる”

誰もが思うであろう。地球終わったな?って。

率直な感想は、
街ごと封鎖っていいなって。

私もゾンビ集団から逃げたいなって。

ゾンビ役で大泉さん追いかけたいなって。

高速道路で暴れる車内の中いたいなって。

私の変人心が滲み出る映画。
なぜか彼氏と付き合って5年記念日の日に鑑賞。
ひたすらゾンビを倒しまくるシーンはおもしろかったけど、
女子高生とのからみもやぶとのからみも中途半端で
ストーリーとしてはものたりなかった。
結局主人公は漫画家になれたのかもわからん。
漫画のあらすじって感じなのかな 原作読んだことないけど。
一番カッコよかったのは、ゾンビになってもなお陸上競技を極めようとするゾンビ。
駄作のつもりで観たら、案外しっかりした作りにびっくり。

映画をどこで切るのかと思えば、なんかいい感じの歯切れの良さ!まぁ、原作を元にこんな映画作って観たという感じ
流れは完全にウォーキングデッドのシーズン1と変わらない。

原作通り、Dannerのダナーライトを履いてくれるあたりすごく嬉しい。原作ではアメカジ、アウトドアを好くひと昔の木村拓哉の様な格好を再現してて良き!
最高!
ただグロいだけじゃなくて、パニックのなかの人の心情が丁寧に描かれていた。

ゾキュンより人間の方が怖いって思うところも多々。
冴えないおじさんがボーガンで自分を撃つシーン哀しすぎる。
自己紹介、初めは「英雄(えいゆう)と書いてひでおです。」とヒーローには遠く及ばない自分をどこかバカにするような調子だったのが、最後「英雄(ひでお)、ただの英雄(ひでお)です。」…痺れました!

最近気づいたんやけど僕、寄生獣といいこれといい、そういう作品が好きっぽいです。
漫画原作だけど読んでても普通に楽しめる。
ゾンビ映画としては割と良い感じ。
でもこの後どうなったのか、どうするのかまでエンディングでオチをつけてほしかった。そこは海外ゾンビ映画と同じにしなくてもいいのになって思う。
ゾンビ映画はそれをしないのが美学だって言われたらそこまでなんだけど。
>|