アイアムアヒーローのネタバレレビュー・内容・結末

「アイアムアヒーロー」に投稿されたネタバレ・内容・結末

普通に面白かったです!
正直佐藤監督にあまり良いイメージがなかったのですが、謝りたいです笑

私は良い評判を聞いてから見たので普通に面白いな〜くらいでしたが、
評判を知らず、期待せずに劇場で見た人はかなり楽しめたのでは?と思いました。

細かい気になるところはあるけど、全体としては作り手の気概が感じられて好感を持てました。


脚本は原作に極力忠実でありつつ、適切に取捨選択してる感じが良かった。

すごく怖い!とまでは思わなかったけど、かなりグロ描写も頑張ってた気がします。

個人的に「エンターテイメント」って言葉が安易に使われるのは言い訳みたいで嫌だけど、
この映画はグロもキチンとやりつつ適度な軽さもあり、まさしく「エンターテイメント」としてしっかり成立してるなと思いました。


キャストは大泉洋がハマってた。ラーメンズ片桐はコロリそのものだった笑
日本のゾンビ映画なんてちゃちいのかと思っていたが、良い意味で裏切られた。しっかりとした特殊メイクでとてもグロい。原作を知らないで観たけれど、避難キャンプに乗り込んでくるところとか絶望感あって良かった。最初のパニックシーンとかもハラハラ感あってよかったし、最後は時間の都合なのか、「俺たちの戦いはこれからだ」ENDでもう少しどうにかならなかったのか?と思ったりもしたけれど、まあ原作を一本の映画にするとなると、とても良い出来だったと思う。ゾンビ映画好きなら観た方がいい作品。続編希望。
ちゃんと片桐仁さんでていた!
平凡で何も取り柄のない人が英雄になることとしては成り立ってるのかもしれない。

キャストが豪華だけで微妙なストーリーであった。
原作を見ていないからわからないが、有村架純の存在が意味不明。

しかし、ゾンビ映画なのでゾンビたちはまぁまぁなレベルで気持ち悪いし怖い。
動きも特徴的なところがあるので苦手な人は結構怖いかもしれない。

大泉洋の彼女は結構怖かった。
マンガから入った作品。
主人公の鈴木英雄役の大泉洋とゾキュンJKの有村架純は役に合っていたと思う。
日本映画としてはCG 然り頑張ったとは思うけど、ゾンビのクオリティがいまいち。
血のリアル感がなくて非常に残念。
ラストの血まみれになる所は良いのだけど、それまでのゾンビがなぁ~。
しかし、ここのゾンビは走ったり壁を飛び越えるから怖すぎます。
日本のゾンビ映画の中では高クオリティだと思います。太ったゾンビの走り方とか時々笑ってしまうところもあって、グロいシーンばかりだけど楽しみながら観られるので時々観たくなる作品。有村架純の役どころはあまり分からなかったけれど、原作マンガだともうちょっと活躍するのかな?
漫画も読んでたので終わりが、、、
まああの長編をまとめるにはこの方法しかなかったのかとしれない、、、

最後、大泉洋がかっこよかった〜
最後の弾切れして銃でゾキュンの頭ぶん殴って勝つシーン、殴るんだ…、となってよかった
割と苦手
でもすき

有村架純の力の発動条件なんだったんだろう。
猫缶好きなの可愛い
陸上部員のしぶとさ笑った




〈記録用〉
日本版ウォーキングデッド。
グロパンデミックな作品としては、日本でひよらずよくやった!といいたい。ただ、 見終わったあと、ヒデオ頑張ったと手放しで褒める爽快感はない。ウォーキングデッドとの違いは、連帯感、仲間っていうところのストーリーがないとこかなあ。ウォーキングデッド、ゾンビを倒しているが、仲間での友情とか、連帯感感なんてのがある。この作品は、ヒデオひとりの闘い。ある意味成長する物語とはいえるのだが、解決の手ががりがない、光がない。なので救いもないので、なんとも言えない疲れた感じで終わってしまう、そんな映画。
>|