アイアムアヒーローのネタバレレビュー・内容・結末

アイアムアヒーロー2015年製作の映画)

上映日:2016年04月23日

製作国:

上映時間:126分

3.6

あらすじ

鈴木英雄(大泉洋)35歳。職業:漫画家アシスタント。彼女とは破局寸前。 そんな平凡な毎日が、ある日突然、終わりを告げる…。徹夜仕事を終えアパートに戻った英雄の目に映ったのは、彼女の「異形」の姿。一瞬にして現実の世界は崩壊し、姿を変えて行く。謎の感染によって人々が変貌を遂げた生命体『ZQN(ゾキュン)』で街は溢れ、日本中は感染パニックに陥る。標高の高い場所では感染しないという情報を頼りに富士山に…

鈴木英雄(大泉洋)35歳。職業:漫画家アシスタント。彼女とは破局寸前。 そんな平凡な毎日が、ある日突然、終わりを告げる…。徹夜仕事を終えアパートに戻った英雄の目に映ったのは、彼女の「異形」の姿。一瞬にして現実の世界は崩壊し、姿を変えて行く。謎の感染によって人々が変貌を遂げた生命体『ZQN(ゾキュン)』で街は溢れ、日本中は感染パニックに陥る。標高の高い場所では感染しないという情報を頼りに富士山に向かう英雄。その道中で出会った女子高生・比呂美(有村架純)と元看護師・藪(長澤まさみ)と共に生き残りを賭けた極限のサバイバルが始まった…。果たして彼らは、この変わり果てた日本で生き延びることが出来るのか。そして、英雄は、ただの英雄(ひでお)から本当の英雄(ヒーロー)になれるのか!?

「アイアムアヒーロー」に投稿されたネタバレ・内容・結末

普通に面白かったです!
正直佐藤監督にあまり良いイメージがなかったのですが、謝りたいです笑

私は良い評判を聞いてから見たので普通に面白いな〜くらいでしたが、
評判を知らず、期待せずに劇場で見た人はかなり楽しめたのでは?と思いました。

細かい気になるところはあるけど、全体としては作り手の気概が感じられて好感を持てました。


脚本は原作に極力忠実でありつつ、適切に取捨選択してる感じが良かった。

すごく怖い!とまでは思わなかったけど、かなりグロ描写も頑張ってた気がします。

個人的に「エンターテイメント」って言葉が安易に使われるのは言い訳みたいで嫌だけど、
この映画はグロもキチンとやりつつ適度な軽さもあり、まさしく「エンターテイメント」としてしっかり成立してるなと思いました。


キャストは大泉洋がハマってた。ラーメンズ片桐はコロリそのものだった笑
ぶっちゃけ漫画より面白いかもしれない。終わり方が次につながる感じだった。思ったよりグロさがない。グロいというか、映像の鮮明な感じにリアルさを飛び越えて感動…(グロ系が苦手な人は避けるべし)
sexをしよう。

いっち、にぃーー!
友だちにオススメされ、一緒に鑑賞。

見せ方がうまい。
彼女の部屋のポストを覗き込むあたり、てっこ〜?とたっぷり時間を使ってたところから、ポストを覗くと彼女がゴキゴキなってたところ。
ZQNとなった彼女に噛まれた口から手を抜くとき糸が引く描写。
漫画家さんの家に行ったあとに恐る恐る部屋を覗くあたりの、やはりたっぷりとった間合い。

ホラー好きの友だちが邦画のゾンビものの中では1番いい、と言っていたのも頷ける。


これはまた続きとか出るのかな?謎の飛行機がビュンビュン飛んでたこととか、ヒロミちゃんだけ(?)半ZQN状態になってたこととか、あとその状態になるとチカラが異常に強くなってたこととか、色々と謎が残る。
原作1巻読んだだけなんだけど、ビジュアルそっくり。でも主人公が病んでる部分はなかった。まぁ、話が分かりにくくなるだけだから映画にするなら無くてもいいのかも。でもその分かりにくさが面白さの一部な気がするのにちょっと残念。
グロくて気持ち悪いけど面白かった。
あとニートにあんな活動力とか積極性とかあるかな?っていう偏見すいません。

なんかもっと続きみたかったなー。
最初のパニックから始まり、始終ドキドキだった!大量すぎるゾンビ抹殺シーンは疲れたけど。
大泉洋かっこよすぎっしょ。
有村架純はZQNなの?なんなの?例外すぎて設定がよく分からん、、ただ可愛くそこにいるってだけで特に活躍しなかったなー
続編あるなら観たい!
面白かった!原作途中まで。原作の一人言やヘタレ、グチ要素をほぼほぼ排除し、ゾンビエンターテインメント映画としてとても良い仕上がりだった!こういうのを排除したくない人は文句あるかもだけど。あとは思っていたよりもグロ要素が強く、ZQN自体や吹き飛ぶ様はマジでスゴイ。苦手な人はダメかも。原作の半分以上を良い意味でシェイプアップしていたので緊張感あったままのあっという間の作品。大泉洋、最高!

二回目と他の人のレビューを見て↓
謎が解決していないやら感染原因が分からんといった話も確かにあったが、ゾンビ映画でソコを気にしてはいけないと思うし、原作が解決していない点を無理矢理解決させない点は評価してもいいのでは?
謎もあくまでも彼らは一般人であり、警察や特殊部隊の隊員やら政府のエージェントやらではなく、彼らが生き残れるのかどうかというストーリーであればあれは正しい大団円なのかなと

とりあえず面白かったんだ!
怖いしかっこいい。見るのにエネルギーがいる。特に序盤はアドレナリンが脳内を駆け巡る勢いで、パニックに巻き込まれる。

原作の漫画の勢いがそのまま映画になった感じ。映画オリジナルなキャラや補足もあるけど、それも込みで楽しめる。

もし続編が出るなら漫画の結末通りになるのか、非常にきになる。
大泉洋さんがとにかく良い。
ZQNも再現度高いし、それぞれに個性もあるな、と思った。

最後の逆光でのバックショットで、本当の英雄を感じた。

「はーい。」がよかった。
ゾンビが沢山((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
有村架純ちゃん...なんでやろ?

ゾンビ退治は気持ちいいくらいガンガンやっつけていくけど、高跳びの人、予想ついた。
最後は...??
あそこから逃げても助からないよね?
>|