アイアムアヒーローの作品情報・感想・評価

アイアムアヒーロー2015年製作の映画)

上映日:2016年04月23日

製作国:

上映時間:126分

3.6

あらすじ

鈴木英雄(大泉洋)35歳。職業:漫画家アシスタント。彼女とは破局寸前。 そんな平凡な毎日が、ある日突然、終わりを告げる…。徹夜仕事を終えアパートに戻った英雄の目に映ったのは、彼女の「異形」の姿。一瞬にして現実の世界は崩壊し、姿を変えて行く。謎の感染によって人々が変貌を遂げた生命体『ZQN(ゾキュン)』で街は溢れ、日本中は感染パニックに陥る。標高の高い場所では感染しないという情報を頼りに富士山に…

鈴木英雄(大泉洋)35歳。職業:漫画家アシスタント。彼女とは破局寸前。 そんな平凡な毎日が、ある日突然、終わりを告げる…。徹夜仕事を終えアパートに戻った英雄の目に映ったのは、彼女の「異形」の姿。一瞬にして現実の世界は崩壊し、姿を変えて行く。謎の感染によって人々が変貌を遂げた生命体『ZQN(ゾキュン)』で街は溢れ、日本中は感染パニックに陥る。標高の高い場所では感染しないという情報を頼りに富士山に向かう英雄。その道中で出会った女子高生・比呂美(有村架純)と元看護師・藪(長澤まさみ)と共に生き残りを賭けた極限のサバイバルが始まった…。果たして彼らは、この変わり果てた日本で生き延びることが出来るのか。そして、英雄は、ただの英雄(ひでお)から本当の英雄(ヒーロー)になれるのか!?

「アイアムアヒーロー」に投稿された感想・評価

machida

machidaの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

普通に面白かったです!
正直佐藤監督にあまり良いイメージがなかったのですが、謝りたいです笑

私は良い評判を聞いてから見たので普通に面白いな〜くらいでしたが、
評判を知らず、期待せずに劇場で見た人はかなり楽しめたのでは?と思いました。

細かい気になるところはあるけど、全体としては作り手の気概が感じられて好感を持てました。


脚本は原作に極力忠実でありつつ、適切に取捨選択してる感じが良かった。

すごく怖い!とまでは思わなかったけど、かなりグロ描写も頑張ってた気がします。

個人的に「エンターテイメント」って言葉が安易に使われるのは言い訳みたいで嫌だけど、
この映画はグロもキチンとやりつつ適度な軽さもあり、まさしく「エンターテイメント」としてしっかり成立してるなと思いました。


キャストは大泉洋がハマってた。ラーメンズ片桐はコロリそのものだった笑
オモロしくない!
こんな大泉最低だわ
yasu

yasuの感想・評価

3.8
最初から最後まで楽しめた。パニックホラー系の作品では大前提の静と動を使い分けた演出が特別上手いというわけではなかったけれど、器用な演技力を見せる大泉洋をはじめとした俳優陣のがんばりがあったからこその作品だと思う。ゾンビ化の原因が謎のまま、曖昧な終わらせ方だったのが少し残念な気がした…
Shintaro

Shintaroの感想・評価

4.0
[メモ]
過去のゾンビ映画の、操り人形みたく同じように動くゾンビが一斉に迫ってくるのも、人間らしさが失われる恐怖を感じさせるけど、
この映画での喋るゾンビ、個性あるゾンビっていうのも新鮮。個性ある元人間たちが大勢で襲ってくる方が怖いかも。ガラパゴス…シリアスとコミカルの絶妙なバランスが取れるこの作品ならではの手法かもしれない。
日本という国で生きてきて、法やモラルが染み付いてしまっている男性像
これは間違いなく日本ならではのゾンビ映画。
いろんなゾンビ作品のオマージュも楽しい。
でもこれらはたぶん原作の力かと思うので漫画読まねば。
原作ではもっとひろみにまつわる話とか、アウトレット人間関係の詳細とかもっといろんな要素が描かれるんやろうな〜
でも脚本野木さんか。そら良いはず。どっちにしろ漫画読まねば。

ちゃんと映像的な怖さ(てっこのジャパニーズホラー+エクソシスト的なやべー動き、陸上選手の踏み込みetc.)とか、大げさで爽快な血しぶきとか、まんまとビビらされる音の演出とか、地下駐でのウィリアムテルとか、目で見て耳で聞いて楽しめる要素もたくさんあって、めちゃ良い映画化だと思う。

腕に巻いた大量のロレックスが、お金や社会的地位に対する執着、今まで通りの法の中で生きることへの執着を表していると考えると、最後それらを捨ててZQNに立ち向かう英雄は、ひとりの日本人が保守的な価値観を捨てて、身ひとつ地球に放り出された生き物としての姿勢を取り戻したことを表しているんだと思う。

好きなシーンは葛藤 in the ロッカー
英雄の内面と技法がガチッと一致しとる

例の陸上選手は、脳の皮質などが全て抉り取られ大脳辺縁系だけが残り「運動と捕食」という動物本能のままに活動している。言語による記憶などは薄れ、身体に染み付いた運動の記憶が純化された存在。だから言葉を発することもない。文化的な側面を捨ててタガが外れたホモ・サピエンスの、動物としての底知れぬ身体能力を目の当たりにした時セーフティゾーンだった屋上で僕たちは圧倒的な恐怖に陥る。最後の、ライオンの呻き声みたいな音と共にこちらを見据える選手はまじ怖い。

とにかく日本もまだこれだけのものが作れるんだなと思える作品だった。
Yukita

Yukitaの感想・評価

3.8
原作読んでからの。
大泉洋さんハマり役です。
まだ続くのかなって感じ○
Reina

Reinaの感想・評価

2.9
いやあ
宇多丸さんがシネマハスラーで、
「日本の去勢された男性らしさが上手く表現されてる」みたいなこと言ってた気がするけど、
その通りだと思いました!
ユーモラスかつペーソス漂う個性豊かなゾンビたちの描き方がよかった
人間たちのキャラ造形は尺の都合上原作で補完してねっていう感じなのかな
まろん

まろんの感想・評価

3.6
グロいの嫌
yoshipy

yoshipyの感想・評価

3.8
Made in japanゾンビとしては大成功だと思う。
海外のゾンビ映画やゾンビドラマに出てくるゾンビより今回のゾキュン達は断然恐怖だった。
特に序盤のてっこ。
何あれ。貞子をゾンビにしてテケテケをプラスして大化け物にした感じ。
だけどちょっと笑える。
後、高飛びの選手。
マジでキモい。ヤバイ妖怪かよ。
だけどちょっと笑える。
大泉洋のロッカーシーンはだいぶ笑える。
ちょっと出の風間トオルがイケオジ過ぎた。

ストーリーはよくある構図だけどクズをもれなく一掃してくれるしストレスフリー。

今作のひろみのお荷物感からして続編は確実なんだろうなー
原作未読の為、是非見たい。
>|