アイアムアヒーローの作品情報・感想・評価

アイアムアヒーロー2015年製作の映画)

上映日:2016年04月23日

製作国:

上映時間:126分

3.6

あらすじ

鈴木英雄(大泉洋)35歳。職業:漫画家アシスタント。彼女とは破局寸前。 そんな平凡な毎日が、ある日突然、終わりを告げる…。徹夜仕事を終えアパートに戻った英雄の目に映ったのは、彼女の「異形」の姿。一瞬にして現実の世界は崩壊し、姿を変えて行く。謎の感染によって人々が変貌を遂げた生命体『ZQN(ゾキュン)』で街は溢れ、日本中は感染パニックに陥る。標高の高い場所では感染しないという情報を頼りに富士山に…

鈴木英雄(大泉洋)35歳。職業:漫画家アシスタント。彼女とは破局寸前。 そんな平凡な毎日が、ある日突然、終わりを告げる…。徹夜仕事を終えアパートに戻った英雄の目に映ったのは、彼女の「異形」の姿。一瞬にして現実の世界は崩壊し、姿を変えて行く。謎の感染によって人々が変貌を遂げた生命体『ZQN(ゾキュン)』で街は溢れ、日本中は感染パニックに陥る。標高の高い場所では感染しないという情報を頼りに富士山に向かう英雄。その道中で出会った女子高生・比呂美(有村架純)と元看護師・藪(長澤まさみ)と共に生き残りを賭けた極限のサバイバルが始まった…。果たして彼らは、この変わり果てた日本で生き延びることが出来るのか。そして、英雄は、ただの英雄(ひでお)から本当の英雄(ヒーロー)になれるのか!?

「アイアムアヒーロー」に投稿された感想・評価

ユタ

ユタの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

普通に面白かったです!
正直佐藤監督にあまり良いイメージがなかったのですが、謝りたいです笑

私は良い評判を聞いてから見たので普通に面白いな〜くらいでしたが、
評判を知らず、期待せずに劇場で見た人はかなり楽しめたのでは?と思いました。

細かい気になるところはあるけど、全体としては作り手の気概が感じられて好感を持てました。


脚本は原作に極力忠実でありつつ、適切に取捨選択してる感じが良かった。

すごく怖い!とまでは思わなかったけど、かなりグロ描写も頑張ってた気がします。

個人的に「エンターテイメント」って言葉が安易に使われるのは言い訳みたいで嫌だけど、
この映画はグロもキチンとやりつつ適度な軽さもあり、まさしく「エンターテイメント」としてしっかり成立してるなと思いました。


キャストは大泉洋がハマってた。ラーメンズ片桐はコロリそのものだった笑
良いのは大泉洋だけです。
この漫画は読めず、ホラーは嫌い。でも、息子が借りて来たし、大泉洋だから観た!大泉洋、かっこいい!!長澤まさみも良いです。でも、やっぱり後味悪くて「落語ザ・ムービー」で口直ししてから寝ました。
2016/04/23
長澤まさみと大泉洋の演技に危機感が感じられませんでした。
全体的に真面目な感じで作ってあるのに、モールの屋上に高飛びするゾンビとか、半ゾンビになってゾンビ倒して猫ポーズとか、中途半端に漫画的な描写があってちょっと冷めたかな。

あと、モールで出会った人との交流がほとんど無く、人間ドラマが描かれていないので、人が死んでもどーでも良かったかな。
洋画だとちゃんと交流シーンがあって、誰か死んでしまった時に悲愴感があったりするんだけど。

でもでもでも…

結構楽しめた!。

映像は結構血みどろグチャグチャだし、ゾンビのビジュアルはなかなか良かったし、片瀬那奈のアグレッシブなエクソシストゾンビには怖さを通り越して笑いそうになりましたよ。

予算を掛けた日本のゾンビ映画って今まで無かったので新鮮だったし興味深く見れました。
ryu

ryuの感想・評価

3.7
記録
ゾンビ好きなら楽しめる。
クレー射撃を始めてみたくなる。
日本映画の弱いアクションホラーではまずまずの出来だと思う。
いかんせん、2時間でまとめないといけないので諸々の未解決や謎は残ってる。
やはりウォーキングデッドみたいに続編でやれば更に良かったのにと思う。
比較されるであろうウォーキングデッドを意識して黒の皮ジャンを取り入れたり、ショッピングカートで運ぶ姿は子連れ狼の大五郎をイメージしたのかなとクスッとするユーモアも入れてる感じが割と好き。
えん

えんの感想・評価

3.5
公開時劇場で鑑賞。邦画だしそんなにかなと思ってたけど思いのほかゴア描写も多く出来が良かった。大泉洋がハマってる。良い。
>|