アイアムアヒーローの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

アイアムアヒーロー2015年製作の映画)

上映日:2016年04月23日

製作国:

上映時間:126分

3.6

あらすじ

鈴木英雄(大泉洋)35歳。職業:漫画家アシスタント。彼女とは破局寸前。 そんな平凡な毎日が、ある日突然、終わりを告げる…。徹夜仕事を終えアパートに戻った英雄の目に映ったのは、彼女の「異形」の姿。一瞬にして現実の世界は崩壊し、姿を変えて行く。謎の感染によって人々が変貌を遂げた生命体『ZQN(ゾキュン)』で街は溢れ、日本中は感染パニックに陥る。標高の高い場所では感染しないという情報を頼りに富士山に…

鈴木英雄(大泉洋)35歳。職業:漫画家アシスタント。彼女とは破局寸前。 そんな平凡な毎日が、ある日突然、終わりを告げる…。徹夜仕事を終えアパートに戻った英雄の目に映ったのは、彼女の「異形」の姿。一瞬にして現実の世界は崩壊し、姿を変えて行く。謎の感染によって人々が変貌を遂げた生命体『ZQN(ゾキュン)』で街は溢れ、日本中は感染パニックに陥る。標高の高い場所では感染しないという情報を頼りに富士山に向かう英雄。その道中で出会った女子高生・比呂美(有村架純)と元看護師・藪(長澤まさみ)と共に生き残りを賭けた極限のサバイバルが始まった…。果たして彼らは、この変わり果てた日本で生き延びることが出来るのか。そして、英雄は、ただの英雄(ひでお)から本当の英雄(ヒーロー)になれるのか!?

「アイアムアヒーロー」に投稿された感想・評価

原作とは全体的に少し違うが映画として楽しめた。
邦画は全く見ないし、好きではないがこれは面白かった。
最後のショッピングモールとか良かった。
キヲ

キヲの感想・評価

4.0
日本でゾンビ!ZQNパニック!

邦画の本気を見た気がする。海外のものと比べても遜色ないくらい。むしろ日本を舞台にしただけによりリアリティがあって怖かった。
チラシで見た感じのコメディ色は無く、ガチゾンビ。肉片が飛び、血がドロドロ噴き出る。これだけやって作り物感はない!凄い!
ストーリーとしては序盤こそ面白かったものの、後半になるにつれ漫画色が出てしまい、ゾンビ物としてはイマイチ盛り上がらず。有村架純かわいいけど…この映画に必要なのか!?と思ってしまった。
それでも映像がとても良かったので、気になる人にはオススメしたい一本!

徹子が本当に怖かった。この映画を最後まで見れるか不安になるくらい怖かった。最後の電話を思い返すと、めちゃくちゃ悲しくなる。
ゾキュン思ったより気持ち悪かったしグロかったけどまあ見れる範囲内でした。。

映画自体は、原作ほぼ読んだことないですけど、1人のおっさんの成長をゾンビ映画の中で描くという感じで普通に楽しめる感じでした。

映画の2時間くらいに収めるため仕方ないとはいえ絆が深まる描写とかがなかなか少なくて、「え、もうそんな信頼するの!?」みたいな感じになることはあったけども、有村架純可愛かったのでそれだけで全ては良しでした。👍
はまち

はまちの感想・評価

4.0
超面白かったーーーーーー!!
大泉洋かっこよすぎるし、有村架純ちゃん可愛い…!
漫画読んで見ます
きよ

きよの感想・評価

3.7
王道のゾンビ映画の日本版。
アウトレットモールでの籠城や主人公の銃さばき、人間関係のいざこざなど、王道の展開!そして独特のZQNの特徴(生前の特徴を踏まえたセリフや動きで少し愛嬌があった)が面白かった!

原作は知らないけれど2時間じゃ足りない。。この後の3人をもっとみていたかった。

このレビューはネタバレを含みます

 

自宅(CS放送)にて鑑賞。高速道路での事故迄は非常に良かった。その後の何でも揃う商業施設(本作ではアウトレットモール)での籠城、そこでの(私設)軍隊、或いは自警団での排他的な扱いからのイニシアチブ争いや内ゲバへ巻き込まれると、昨今では王道中の王道の展開。原作未読故か“ZQN”の設定や動機付けがイマヒトツで、機敏なのか鈍重なのか、喰らってる様にも思えないし、何の為に人を襲ってるのか判らない。クライマックスの戦闘時に切り札になると思ってた“早狩比呂美”の有村架純が中盤以降ラスト迄、唯のお荷物だったのも?65/100点。

・血糊が多いだけで、ゴア描写はワンパターン。ただ“ZQN”の外観やメイクは佳かった──特に片瀬那奈演じる序盤での“てつこ”こと“黒川徹子”が感染し、ベッドから起き上がりからの格闘シーンの動き方は独創的でとても佳かった。

・中盤以降のアウレットモールでのシーンは、私有地とは云え銃規制の法律に抵触する虞れがある為、富士山の裾野と云う原作の設定に近付けた装飾を施した韓国の金浦国際空港から車で1時間程度の距離に在る数年前に廃業した商業施設でロケが行われた。“鈴木英雄”役の大泉洋はトレーラーに附き、散弾銃の撃ち方や構え方の特訓を受け、このロケ地で実弾を使った撮影が行われた。

・韓国以外でも浜松フィルムコミッションのロケ地誘致に従い、静岡県浜松市にて、大勢のエキストラと交通規制を敷いた環境で行われた。

・昨今では珍しく女性の喫煙シーンがある。ラスト近くで登場するアルファロメオのジュリエッタが、地下に停めていたとは云え、数日経っているにも関わらず汚れや埃の無いピカピカだった事、更には残り弾たった96発で全滅してしまうのにも違和感を憶えた。
 
・鑑賞日:2017年9月3日

 
りか

りかの感想・評価

4.5
どれだけぶりか、ゾンビ映画。
大泉洋の演技も上手いと感じた!
待ってました。ついに邦画でまともなゾンビ映画が誕生。振り切ってR15にして正解。大泉洋のキャスティングも絶妙。原作の何だかな~なラストを考えると、映画化した時期、内容もベストだったと思う。原作が完結した後に撮ってたら、間違いなく迷走映画になってた。
これ本当に邦画?R15で大丈夫?と思うぐらいのぶっ飛んだ最高のゴアアクションとアツすぎるストーリーに、「なぜ映画館で観なかった…」と後悔…
ホラーが苦手で避けてたけど、ZQN化メイプル超合金観たさに鑑賞した勇気を劇場公開中に出したかった。

片瀬那奈演じるてっこのエグすぎる造形からパンデミックを経たカーアクションの流れが本当に素晴らしかったです。
集団としてじゃなく個体としてここまで怖くて個性的なゾンビ達ってだけでも新鮮でおもしろい。

好きなシーンは挙げ出したらキリがないですが、特にアウトレット内にBGMが流されるくだりは最高。
地下の人々を陥れるために流された音楽に、高飛びZQNの記憶がリンクして屋上の安全地帯にまで終焉がもたらされる絶望感たるや…戦犯死すべし。

ロッカー内での葛藤も、何も成し遂げられない負け組の人間臭さに思わず泣きそうになりました。
迷って葛藤して弱い自分と戦って、それでも!と決意したあとの彼は紛れもなくヒーロー。
細かいところですが、初めて発砲する瞬間の「はーい」が大好きです。

次々に頭が爆散して内臓も脳みそも丸見えになる、これでもかというぐらいのエゲツないラストバトルの素晴らしさはもう何も言えません。とにかく観てほしい。
あえて言えば「本当にこれ邦画だよね??」
日本のゾンビもんもいいねぇ!
外国のんとか見てて、言葉発してるんかなぁとか思っててんけど
ゾンビっておかしちょうだ~いとか言うんやな(・¬・)
たまに笑い挟んでくる感じ。大泉洋って感じやったな。
前にレビュー書いてる人も書いてるけど有村架純の役はZQNと人間のハーフで強いんか見てるだけなんか分からんけど、守ってあげたくはなるから可愛さが武器なってるから強い。