アイアムアヒーローの作品情報・感想・評価

アイアムアヒーロー2015年製作の映画)

上映日:2016年04月23日

製作国:

上映時間:126分

3.6

あらすじ

鈴木英雄(大泉洋)35歳。職業:漫画家アシスタント。彼女とは破局寸前。 そんな平凡な毎日が、ある日突然、終わりを告げる…。徹夜仕事を終えアパートに戻った英雄の目に映ったのは、彼女の「異形」の姿。一瞬にして現実の世界は崩壊し、姿を変えて行く。謎の感染によって人々が変貌を遂げた生命体『ZQN(ゾキュン)』で街は溢れ、日本中は感染パニックに陥る。標高の高い場所では感染しないという情報を頼りに富士山に…

鈴木英雄(大泉洋)35歳。職業:漫画家アシスタント。彼女とは破局寸前。 そんな平凡な毎日が、ある日突然、終わりを告げる…。徹夜仕事を終えアパートに戻った英雄の目に映ったのは、彼女の「異形」の姿。一瞬にして現実の世界は崩壊し、姿を変えて行く。謎の感染によって人々が変貌を遂げた生命体『ZQN(ゾキュン)』で街は溢れ、日本中は感染パニックに陥る。標高の高い場所では感染しないという情報を頼りに富士山に向かう英雄。その道中で出会った女子高生・比呂美(有村架純)と元看護師・藪(長澤まさみ)と共に生き残りを賭けた極限のサバイバルが始まった…。果たして彼らは、この変わり果てた日本で生き延びることが出来るのか。そして、英雄は、ただの英雄(ひでお)から本当の英雄(ヒーロー)になれるのか!?

「アイアムアヒーロー」に投稿された感想・評価

SHOWWW

SHOWWWの感想・評価

3.5
観る気は無かったけど、妹が借りてきてたので視聴。

原作は読んでいるし、ストーリー展開よりも質を重視していると聞いていたから、変に裏切られることなく楽しんで見られた。
やっぱりグロいところはグロい。最後のアクションはスカッとする。有村架純はかわいい。長澤まさみはかっこいい。大泉洋も良い感じ。

そんな映画。
つくお

つくおの感想・評価

3.7
面白い。
日本版のザックスナイダードーンオブザデッド。

日本で起きたらこうなるだろうなと、
リアリテイを持って見れたけど、主人公が銃を持ってるところだけ、どうしても違和感が拭えなかった。

漫画を読んで見たくなった。

ゾンビが出ると、
大量の食料があるモールに人間は逃げるんだなぁ。と。
chi

chiの感想・評価

3.6
ふとテレビつけたら放送してたから、最後の30分だけ観てしまった…(笑)

原作は最初の方だけ読んだことがあったし、映画公開時もグロいとは聞いていたけど、いや〜〜やっぱりグロかった!

アウトレットの地下で大量のゾンビに挟まれるという絶望的な状況の時は、「うわ〜〜こんなの無理だよ〜〜逃げたい〜〜〜〜!」と思えるほどハラハラした。というかもう声に出てた。

主人公が銃を撃つシーンも臨場感があったし、ちゃんと題名とも結びついていて良かった!

ただ、一番最後の終わり方は、え??終わり???と思った。
個人的には好きではない。


日本の15禁映画の中ではかなりグロいと思うけど、面白かったし緊張感を楽しめた!
最後の盛り上がるところしか見てないからかな…?
まあ多分もう一度最初から見る機会はないと思う。(笑)

映画館観に行きました。
今回久しぶりに自体で鑑賞。

原作は途中までしか読んでいません。

ゾキュンは気持ち悪くて怖くて襲われるシーンはハラハラするし、人間関係のドロドロは面白いし、わたしはすき。

単純にゾンビ好きは観てほしいなあ。

それに、大泉洋がハマり役だと思うんだなあ。
原作はおいておいてゾンビ映画として面白いと思う。
グロ耐性が必要。尺の問題で、どうしても原作より浅い内容になってしまう、
おまめ

おまめの感想・評価

2.5
こわかった
origami

origamiの感想・評価

3.9
ZQNがいちいち気持ち悪くて最高でした。
Hirotoshi

Hirotoshiの感想・評価

3.7
結局、ZQN(ゾキュン)が何かは不明のまま終了。最初の土佐犬が噛まれたという訳のわからないニュースをサラッと流したところからスタートし、安易な設定で何故、人がZQNというゾンビになるのかの説明もなし。途中、比呂美(有村架純)という女の子と知り合い、半ZQNという状態になった理由も明確にわからず。ゾンビ映画って、こんな感じなんかなぁ〜っと、あらためて実感。終始、ドキドキハラハラで満足できれば、オッケーというのが、ゾンビ映画の楽しみ方かもしれん。
まあ、なんやかんや最後まで楽しんで観れました。
>|