アイアムアヒーローの作品情報・感想・評価

アイアムアヒーロー2015年製作の映画)

上映日:2016年04月23日

製作国:

上映時間:126分

3.6

あらすじ

鈴木英雄(大泉洋)35歳。職業:漫画家アシスタント。彼女とは破局寸前。 そんな平凡な毎日が、ある日突然、終わりを告げる…。徹夜仕事を終えアパートに戻った英雄の目に映ったのは、彼女の「異形」の姿。一瞬にして現実の世界は崩壊し、姿を変えて行く。謎の感染によって人々が変貌を遂げた生命体『ZQN(ゾキュン)』で街は溢れ、日本中は感染パニックに陥る。標高の高い場所では感染しないという情報を頼りに富士山に…

鈴木英雄(大泉洋)35歳。職業:漫画家アシスタント。彼女とは破局寸前。 そんな平凡な毎日が、ある日突然、終わりを告げる…。徹夜仕事を終えアパートに戻った英雄の目に映ったのは、彼女の「異形」の姿。一瞬にして現実の世界は崩壊し、姿を変えて行く。謎の感染によって人々が変貌を遂げた生命体『ZQN(ゾキュン)』で街は溢れ、日本中は感染パニックに陥る。標高の高い場所では感染しないという情報を頼りに富士山に向かう英雄。その道中で出会った女子高生・比呂美(有村架純)と元看護師・藪(長澤まさみ)と共に生き残りを賭けた極限のサバイバルが始まった…。果たして彼らは、この変わり果てた日本で生き延びることが出来るのか。そして、英雄は、ただの英雄(ひでお)から本当の英雄(ヒーロー)になれるのか!?

「アイアムアヒーロー」に投稿された感想・評価

SHOWWW

SHOWWWの感想・評価

3.5
観る気は無かったけど、妹が借りてきてたので視聴。

原作は読んでいるし、ストーリー展開よりも質を重視していると聞いていたから、変に裏切られることなく楽しんで見られた。
やっぱりグロいところはグロい。最後のアクションはスカッとする。有村架純はかわいい。長澤まさみはかっこいい。大泉洋も良い感じ。

そんな映画。
おかゆ

おかゆの感想・評価

3.1
和製ゾンビ映画を信用してませんでしたが、本作は非常に良かったです
かなりゾンビに気合いを感じました
向日葵

向日葵の感想・評価

4.5
日本のゾンビはやたらリアルで怖いなと思った。特に彼女がゾンビ化しているシーンは顔を手で覆いながら見るしかなかった。漫画とは違い内容がわかりやすかった。面白かったから続編に期待。
yas

yasの感想・評価

3.7
このパニック感なかなか好き。
一巻からコツコツ買ってて、やっと映画化!
てっこのシーンの再現率すごい。
原作漫画を一巻だけ読んだことがあり、
リアルな描写の中に差し込まれるシュールさ、グロさが面白く、
実写映画化の報せも別段不思議には感じず「あ、イケそう」と勝手に思っていました。
ただ、実写映画化の際に残酷表現がマイルドになっても作品のスタイルとしてダメだし、
原作同様過激だと・・・今度は自分は観れないという事態に・・・(アメリカンスナイパーでの電動ドリルのシーンで気絶しそうになった自分)。
どっちに転んでも満足できないという変な状況に陥ってしまい・・・結局映画館のスクリーンで観るのは断念。
DVDかつパソコン上で画面を小さくして観ました。
・・・恥ずかしい話、ここまでやっておいて正解でした。やばい。グロ過ぎ(一応褒めてます・・・)。


簡単に言うと、ダメ人間がヒーローになるという話で、
原因不明のパンデミック(大規模流行)によって一般市民がゾンビ化。
非感染者を攻撃し、ゾンビ化させるという定番の定番。
そんな王道な話を原作漫画が持つシュールさ混ぜることで独自の空気感を演出してますが、序盤のパンデミック描写は日本映画らしからぬ規模で、
非日常を迫真の演出で描かれ、まさに恐怖!怖い!!
ただ、原作が少しお笑い含むゾンビ描写なので、あくまでホラーとしてのゾンビ映画ではないということは理解しておいた方が良さげ。
物体と肉体の破壊描写をユーモアとシュールで描く快感。これがこの映画の醍醐味です。

とは言うものの、
ビジュアルで盛り上がらせる方向性には何かしらの理由があったほうがイイのは当たり前なわけで、
その理由がこの映画では大泉洋演じる鈴木英雄の成長にあたるわけです。
しかし、一応ダメ人間として思い悩んでいる描写は序盤にしてるものの、彼は漫画家のアシスタントとして一応夢に干渉してる夢追い人なわけです。
しかも(関係は冷えきっているものの)彼女がいるんです。全然ダメ人間じゃないんですよ。
おまけに彼女のてっこを案外簡単に忘れてしまうという序盤とはうって変わった人でなし感。
なので終盤のゾンビの大量襲撃及び迎撃シーンからのヒーロー化というのがあまり響かない。
死体の山の中佇む鈴木の姿をして「ヒーロー・・・」とか言われても、

(・_・)「はい」

という感想しか出ません。
ほんとに映像を楽しむだけの映画にしかなれなかったというのが残念だった(そしてその残酷映像が個人的にはキツい・・・)。
でもまぁ、笑える作品なので悪い印象にはならなかったです。



更に個人的に言うのであれば、
折角ドランクドラゴンの塚地さんが出演していて、台詞に「鈴木くん」があるんだから、
主人公は大泉洋じゃなくて、相方の鈴木拓にするべきでしたね。それだったら最高だったのになぁ
塚地が一番怖かった

このレビューはネタバレを含みます

日本でのゾンビ物ってどうしてもゾンビメイクって感じがして、洋物のゾンビみたく見えない。が、この作品はその面ではとても良かったと思う。
「カラーコンタクトと腐敗メイク」みたいなものではなく、特殊メイクって感じで。ゴキブリみたく這いずり回る動きも良し。
「あー」「うー」みたいな呻きだけでなく、日本語で言葉を話すのは気持ち悪さを増した。
原作未読の為、有村架純がどうなるのか気になる。今作だけで言えばあまり仕事してない。
まくら

まくらの感想・評価

3.8
有村架純の設定が謎
>|