アイアムアヒーローの作品情報・感想・評価

アイアムアヒーロー2015年製作の映画)

上映日:2016年04月23日

製作国:

上映時間:126分

3.5

あらすじ

鈴木英雄(大泉洋)35歳。職業:漫画家アシスタント。彼女とは破局寸前。 そんな平凡な毎日が、ある日突然、終わりを告げる…。徹夜仕事を終えアパートに戻った英雄の目に映ったのは、彼女の「異形」の姿。一瞬にして現実の世界は崩壊し、姿を変えて行く。謎の感染によって人々が変貌を遂げた生命体『ZQN(ゾキュン)』で街は溢れ、日本中は感染パニックに陥る。標高の高い場所では感染しないという情報を頼りに富士山に…

鈴木英雄(大泉洋)35歳。職業:漫画家アシスタント。彼女とは破局寸前。 そんな平凡な毎日が、ある日突然、終わりを告げる…。徹夜仕事を終えアパートに戻った英雄の目に映ったのは、彼女の「異形」の姿。一瞬にして現実の世界は崩壊し、姿を変えて行く。謎の感染によって人々が変貌を遂げた生命体『ZQN(ゾキュン)』で街は溢れ、日本中は感染パニックに陥る。標高の高い場所では感染しないという情報を頼りに富士山に向かう英雄。その道中で出会った女子高生・比呂美(有村架純)と元看護師・藪(長澤まさみ)と共に生き残りを賭けた極限のサバイバルが始まった…。果たして彼らは、この変わり果てた日本で生き延びることが出来るのか。そして、英雄は、ただの英雄(ひでお)から本当の英雄(ヒーロー)になれるのか!?

「アイアムアヒーロー」に投稿された感想・評価

貝崎

貝崎の感想・評価

3.5
記念すべき初めてのゾンビ映画。今まで見向きもしなかったジャンルだけになんと感想を言っていいのかワカラナイですが一言で言うならおもしろい。

最初こそ売れない漫画家の冴えない人生描写がだらだら続くんだけど、テッコ(片瀬那奈)がZQN化してからのスピード感と緊張感はハンパなかった。最後まで。高跳び選手ZQNは忘れられない気持ち悪さだった。さいこーだねあいつ。
ひろみちゃん(有村架純)の存在はお荷物なだけでその必要性は謎だし、英雄(大泉洋)のテッコ失った直後の肩入れ具合もさすがお前すぎる。ZQN化ひろみは二次元キャラっぽいし、謎だけどいろいろ納得、結局必要な存在ってことで。

原作読みたいなと思える映画化、なかなかないと思うんですがこれは原作読みたい。
Diggy

Diggyの感想・評価

3.3
邦ゾンビ映画観たのは初めてだけどなかなかのクオリティだった!

有名ゾンビ作品をリスペクトしつつも主人公が冴えない日本人っていうオリジナリティもあって飽きのこない2時間

原作が漫画らしいのでぜひ読んでみたい!
abc

abcの感想・評価

3.3
邦画のゾンビ映画もしっかりしてるなぁという印象。ゾンビのビジュアルが怖い。
有村架純の役はきっとキーパーソンなはずなのに、殆ど役立たずで終わってしまったのが残念。

このレビューはネタバレを含みます

面白かったけど消化不良感が否めない
ひろみはどうなっていくのか等、気になることが山積み
ゾンビ倒して、はいおしまいって訳にはいかないと思うんだけど…
Hide

Hideの感想・評価

2.5
グロかったな〜、ゾンビおっかないよ。
話はモールの所までだけど、ほぼ原作通り。細かい人物背景などはバッサリでした。
ジム

ジムの感想・評価

2.8
伝えたいことが絞れてないように感じた
けつ

けつの感想・評価

3.6
アマゾンプライムで視聴。
普通に面白かった〜。ゾンビ物自体もう色々なパターンが決まっていてこれも例外ではなかったけど、やっぱ役者さんなりの演技でだいぶ変わるな〜って思いました。
ただやっぱグロいのでそう言う耐性がない人はあまりおすすめしません。

有村かすみ可愛かった。
ゆうじ

ゆうじの感想・評価

3.6
原作の方に描かれている、英雄のイマジナリーフレンドとか小難しいZQNの設定とかは無い。
分かっちゃいるけど何もできない英雄の葛藤とか、半ZQN化したひろみちゃんとの関わり方とかに焦点を絞って、分かりやすくした感じ。

ZQNの再現度はとても高い。
そば屋

そば屋の感想・評価

3.7
何も考えずに観て楽しむタイプの映画
ゾンビのクオリティーが高くて面白かった
sumire

sumireの感想・評価

3.5
こういう終わり方も全然いいと思う!

ただ、有村架純ちゃんのことが気になりすぎるんですけど…😰
そこだけは彼女がなんだったのか回収して欲しかったなあ🤷‍♀️

ZQN気持ち悪すぎ!
でもなんかゾンビになっても過去の記憶の行為を繰り返してるゾンビって今まで見たことなかったから新鮮だった。
生きてはないんだけど、ゾンビ自身はずっと記憶の中で生きてるつもりなんだよなあ~、なんだか不思議。
>|