アイアムアヒーローの作品情報・感想・評価

アイアムアヒーロー2015年製作の映画)

上映日:2016年04月23日

製作国:

上映時間:126分

3.6

あらすじ

鈴木英雄(大泉洋)35歳。職業:漫画家アシスタント。彼女とは破局寸前。 そんな平凡な毎日が、ある日突然、終わりを告げる…。徹夜仕事を終えアパートに戻った英雄の目に映ったのは、彼女の「異形」の姿。一瞬にして現実の世界は崩壊し、姿を変えて行く。謎の感染によって人々が変貌を遂げた生命体『ZQN(ゾキュン)』で街は溢れ、日本中は感染パニックに陥る。標高の高い場所では感染しないという情報を頼りに富士山に…

鈴木英雄(大泉洋)35歳。職業:漫画家アシスタント。彼女とは破局寸前。 そんな平凡な毎日が、ある日突然、終わりを告げる…。徹夜仕事を終えアパートに戻った英雄の目に映ったのは、彼女の「異形」の姿。一瞬にして現実の世界は崩壊し、姿を変えて行く。謎の感染によって人々が変貌を遂げた生命体『ZQN(ゾキュン)』で街は溢れ、日本中は感染パニックに陥る。標高の高い場所では感染しないという情報を頼りに富士山に向かう英雄。その道中で出会った女子高生・比呂美(有村架純)と元看護師・藪(長澤まさみ)と共に生き残りを賭けた極限のサバイバルが始まった…。果たして彼らは、この変わり果てた日本で生き延びることが出来るのか。そして、英雄は、ただの英雄(ひでお)から本当の英雄(ヒーロー)になれるのか!?

「アイアムアヒーロー」に投稿された感想・評価

貝崎

貝崎の感想・評価

3.5
記念すべき初めてのゾンビ映画。今まで見向きもしなかったジャンルだけになんと感想を言っていいのかワカラナイですが一言で言うならおもしろい。

最初こそ売れない漫画家の冴えない人生描写がだらだら続くんだけど、テッコ(片瀬那奈)がZQN化してからのスピード感と緊張感はハンパなかった。最後まで。高跳び選手ZQNは忘れられない気持ち悪さだった。さいこーだねあいつ。
ひろみちゃん(有村架純)の存在はお荷物なだけでその必要性は謎だし、英雄(大泉洋)のテッコ失った直後の肩入れ具合もさすがお前すぎる。ZQN化ひろみは二次元キャラっぽいし、謎だけどいろいろ納得、結局必要な存在ってことで。

原作読みたいなと思える映画化、なかなかないと思うんですがこれは原作読みたい。
くま

くまの感想・評価

4.0
おもしろかった!R15指定な演出が原作を損なわなかった気はする
minmi1103

minmi1103の感想・評価

4.0
洋ちゃんが頼もしく見えたのは私だけ⁈
ウォーキングデッドみたいで面白かった!ハラハラドキドキであっという間でした!岡田君、役が似合ってたなー。
Tomomi

Tomomiの感想・評価

3.5
原作を多少読んでいたのでまあそんなにびっくりしなかった。
わりとグロい。
ご飯前にみるべきじゃなかった。
Masaya

Masayaの感想・評価

3.6
邦画でここまでグロいの初めてみたかも
タイトルがよくあっている。
普段アクション映画はそれほど好みではないが、この映画のアクションシーンは結構見入ってしまった。
zqnの気持ち悪さスゴい!
ゾンビ映画としては面白いけど、
後半かったるくて有村架純さんの
可愛さがなかったら観てられない
>|