アイアムアヒーローの作品情報・感想・評価・動画配信

アイアムアヒーロー2015年製作の映画)

上映日:2016年04月23日

製作国:

上映時間:126分

3.5

あらすじ

「アイアムアヒーロー」に投稿された感想・評価

長澤まさみ
わからなかった
きっむ

きっむの感想・評価

5.0
大泉洋さんは大麻出身ってWikipediaに書いてあった。だから強いのか
限られた時間の中でわざとテンポ遅くしたんだと思うけどそれにしてもテンポが悪い。テンポが悪い上にカットも遅いからカタルシスが生まれないってのはゾンビ映画として好みじゃないなあ
になこ

になこの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

にるさんとオンライン映画鑑賞。

めっっっちゃ怖くて
めっっっちゃ疲れた

最初の15分位から最後まで2時間弱ずっとドキドキして、見終わったら心がざわざわして、
(あーこのままじゃざわざわしすぎて眠れない…怖くてまじでなにも考えたくない…)
もう、ダンベル何キロ持てる?見よう…ってなって、お願いマッスル3回聴きたくなる位にまで疲れた。

お願いマッスルをこんなに欲する日がくるなんて…



最初の片瀬那奈のエクソシストゾンビからのアクロバティックゾンビからのドア噛み締めすぎて、歯がぐにゃ…ぼろ…ぼろぼろって落ちてく所、痛怖すぎた…
顔もめちゃくちゃ怖かったし…

有村架純ちゃんをあんまり可愛いと思ったことがないのですが、とーっても可愛かったです。
猫パンチポーズ最高か…?

あと長澤まさみもすーっごく可愛かった。

もうなんかずっと怖いから2人の可愛さは必須だった。

怖い意外の感想としては、キャスト豪華すぎ!!みんなすごく合ってた。
比呂美ちゃんの戦闘シーンもっと欲しかったです。猫パンチのポーズあと3回は見たかったな…。

うん…
なんかもっと色々ある気がするけど、怖疲れたからそんな感じで…。
にる

にるの感想・評価

3.4
ゾンビ映画慣れてないときついよ?

と聞いて、いやいや大泉洋の邦画のゾンビものでしょ?コメディ要素強いんじゃないの?とか思いつつ鑑賞。

がっっっつりアクションホラーです。
しかもゾンビがジャパニーズホラーな不気味さを兼ね備えてて結構怖かった。

話自体はとてもシンプルだけど、わりと休息なくゾンビと対面するのでずーっとドキドキしてて観終わる頃には少し疲れた。

結局どうなったの?と思うところは多々あれど、別にそこはあまり気にならないくらいには話よりアクション重視な気がしました。

有村架純さんがひたすらに可愛かったです。
Soso

Sosoの感想・評価

3.6
普通のゾンビ映画って感じかな
原作の方は1巻分日常を描いて、ゾンビ化した世界との乖離をインパクトある形で表現していたけど、本作では普通に序盤からゾンビでしたね
少しもったいないとも思いつつ、尺的にしょうがないかなとも…

あとZQNのキモさが薄れていた気もしました
そこは漫画でやりすぎてたところを映画ではオブラートに包んだんでしょうけど、少し残念です

ただ、大通りで人が大量に逃げ惑うシーンは圧巻でした
あそこが韓国で撮影したという迫真のシーンでしょうか、感動しました

あとめちゃくちゃ血が飛び散るのも映画ならではでしたね
アクションはほんと良かったです
みさき

みさきの感想・評価

4.1
今まで見た邦画のゾンビ映画の中で一番おもしろかった。とにかくゾンビやアクションシーンのクオリティが高い。

ゾンビとのバトルシーンはもちろんだが、車のアクションシーンがとても印象に残った。あれだけ迫力のあるシーンが日本でできるのはすごいと思った。人間ドラマもたくさん含まれていてとても世界に入り込めて、2時間があっという間だった。この映画が終わったあとの世界が気になる。

また、ゾンビの中にもキャラクターを設定して、個性があるものがいるのも新しくておもしろかった。

配役も見事だった。特に情けなくもカッコよくもみえる大泉洋は流石。
主人公の鈴木英雄という名前にとてもセンスを感じる。
【soutaの邦画つぶやき No.197】
"アイアムアヒーロー"


鈴木英雄の平凡な日常は終わりを継げる。謎のウイルスにより凶暴化した人間"ZQN"が 街で溢れかえっていた。果たして、英雄は"ヒーロー"となれるのか。。


頼りないおじさんが 漫画の主人公のように大切な人を守るヒーローとなる。英雄を演じるのは、大泉洋さん しかいないね。射撃カッコよかった。。


邦画で作る 本気のゾンビ映画。
スーパーマーケットが攻防戦になる映画は大体面白い。
"ZQN"が個性豊かで インパクトあるビジュアル。結構グロいし 容赦なく襲ってくる。。


"有村架純守り隊"を 発足させてしまう。途中で "守られたい"になるけど笑
>|