シェフ 三ツ星フードトラック始めましたの作品情報・感想・評価

シェフ 三ツ星フードトラック始めました2014年製作の映画)

Chef

上映日:2015年02月28日

製作国:

上映時間:115分

4.0

あらすじ

「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」に投稿された感想・評価

シド

シドの感想・評価

2.9
暖かい。いい話。
黒旗

黒旗の感想・評価

4.0
よだれムービー
sut0

sut0の感想・評価

-
記録用
oktakuya

oktakuyaの感想・評価

4.4
音楽が小気味よく流れていて、料理のテンポにも合って心がワクワクしながら見た。

父と子の距離が、レストランをやめてだんだん近づいていって、最後には離れられない存在になる。

地位や名声や尊厳以上に大切なものの存在に気づかせてくれる、そんなロードムービー。
歌代

歌代の感想・評価

4.5
良。。。
料理好き 食べること大好きな私にとっては 見ているだけでワクワクしちゃう映像ばかり😋さすがの手際の良さと 型に囚われない発想の柔軟さに惚れ惚れ✨
でも やはり雇われシェフだと全部自分の思うようにはできないし オーナーの意向に沿った形じゃないと料理も決められない。やっぱりレストランはオーナーシェフじゃないと難しいのか…

ここからSNSの炎上騒ぎなど色々なことが起こり シェフは一世一代の決断をする。この後はもう楽しくて楽しくて❗️

自分の人生。元妻との関係。そして何より息子との大切な時間。彼がシェフとしてだけでなく人として人生を取り戻していく様子にまたワクワクしました😆

一等地の高級レストランじゃなくてもいいよね❗️フードトラックの狭いキッチンだって構わない。食べてくれる人がいて みんなを幸せにしてあげられるって素敵だよね❗️心が離れかけてた息子と一緒にキッチンに立って いい仕事ができるなんて羨ましい✨

作中ずっと流れるラテン音楽と陽気な人たち 次々作られる料理 映し出される人がみんな幸せな表情で 元気を貰える作品でした。
ニイナ

ニイナの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

好き勝手酷評すりゃ傷つくんだよ!
生活かかってるのに、どうしてくれるんだよ!

仰る通り。

作品中で制作・監督・脚本・主演を担当されたジョン・ファヴローさんがブチ切れながら、そのような台詞を何度も使っておられ、どうやらアイアンマン2など酷評されたらしく、その反論メッセージも込められている様子。
自主制作されたキッカケは色々あると思いますが、どうせだったら映画で見せつけるなんて、スマートな方だと思いました。

内容としては、才能あるシェフがオーナーに雇われて、料理評論家が来店するので腕を奮おうとしたら、「この店のいつも通りのメニューで。オリジナルはいらない。客はこの店の、昔ながらのメニューを求めているんだ。」と、せっかくのメニューを変更させられ、結果はボロボロ。
「客に媚びるシェフに成り下がった。」と、シェフはできる範囲でやった結果なのに、世間の評価が下がり、結局オーナーにキレてクビ。
そこから元妻の紹介で、元旦那という微妙な相手から汚いフードトラックをもらい、リフォームして、ネットに強い隠れ宣伝部長の息子と、シェフの相棒的存在の前の店の部下もついてきて、青春のような移動販売に繰り出すストーリー。

正直もっと観たかったのですが、キャストもトニー・スターク役の方も登場してジョン・ファヴローさんがどれだけ尊敬されてるかも伝わり、自主制作だし、そこまで言うのは贅沢じゃないかとは思いますが、
本当に良い映画なので、パッと終わったので、もうちょっと観たかったです。
それほど後半ワクワク夢中になりました🥰

アイアンマンもアイアンマン2も大好きだったので、彼はGeniusで素晴らしい方で、酷評があったとは知りませんでした。

確かに飲食店のレビューなど、ネットが進化してGoogleレビューとか簡単に色々な物を批評できますが、評価したものはずっと残るので、ピンポイントで一般人も批評されてしまうこともあり、
私は正直好きではありません。
店員の態度がどうとか、ここの映画館の人がどうとか、もう行きませんっていうのを見ますが、その時のタイミングで色々あるでしょうに、いっそそれ目的で行ってるわけじゃないんだから、ずっと残るものに書き込むほどか疑問です。
だったら友人家族に言う程度かと。
私だったら、その人を笑顔にするまで通っちゃうんですけど、本当に。

珍しく長くなってしまいましたが、みんなもっと楽しく支え合って行こうよと。一生懸命頑張ってる人応援して、労わって行こうよと言いたかったんです。
皆さま毎日ご苦労様です!明日も良い映画に出逢えますように。


ブルーレイディスクの特典映像にあるメイキングが面白いので、オススメです。
>|