味園ユニバースの作品情報・感想・評価

味園ユニバース2015年製作の映画)

上映日:2015年02月14日

製作国:

上映時間:103分

3.3

あらすじ

大阪。広場で行われていたバンド【赤犬】のライブに、ふらふらと現れた男(渋谷すばる)。マイクを奪い、声を放つや、会場は水をうったように静まりかえる。圧巻の歌声!そのまま気を失った男だったが、目を覚ますと自分のことを何も覚えていないという。記憶喪失。傷だらけの顔。その正体と歌声に興味を持った【赤犬】マネージャーのカスミ(二階堂ふみ)は、彼を“ポチ男”と名付け、祖父と暮らす自分の家に住まわせながら、バ…

大阪。広場で行われていたバンド【赤犬】のライブに、ふらふらと現れた男(渋谷すばる)。マイクを奪い、声を放つや、会場は水をうったように静まりかえる。圧巻の歌声!そのまま気を失った男だったが、目を覚ますと自分のことを何も覚えていないという。記憶喪失。傷だらけの顔。その正体と歌声に興味を持った【赤犬】マネージャーのカスミ(二階堂ふみ)は、彼を“ポチ男”と名付け、祖父と暮らす自分の家に住まわせながら、バンドのボーカルに迎えようとする。しかし、フラッシュバックで少しずつポチ男の記憶が蘇る―「俺は、危険かもしれない」。それぞれの中で止まっていた時間が、また動き始める。

「味園ユニバース」に投稿された感想・評価

映画館で、渋谷すばるさんの「古い日記」を初めて聴いた時は涙が出ました。彼の声には賛否両論あると思いますが、私はとても、非常に、大好きです。アツイ声です。
話の内容は、すごく厳選して削ぎ落としてこうなったのかなあ〜っという感じです。個人的には、音楽映画なので考えたらあかん、と思えば、まあいっかという気持ちになりました。
jinko

jinkoの感想・評価

-
DVD鑑賞 ふみちゃん 大好き
かさ

かさの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

初 山下敦弘。
映画の色味がすごく好きだった。
映画らしくて、深刻な邦画の一歩手前の色味で。笑
なんだろ、すごく構成とかメッセージとか演出とか分かりやすくて、でもその分かりやすさが良い!

「しょーもなっ」ってキラー台詞。
過去がないなら未来をつくればいい。
かすみの戦闘服がセーラー服ということ。
ストーリーも想像がつくし、ありきたりと言えばありきたりだし、
カラオケの選曲とかメイン曲、あの頃は、ココロオドレバ、記憶、もまぁ普通と言っちゃえば普通だけど
でもその普通さが大事なのかな〜と。

勝手なわたしの思い込みだろうけど
普通な話だからこそ、ワンカットワンカットどう撮るか、そのひとつひとつに迷ってる感を感じた。
ポチ男の揺らぎとともになんか山下とかの揺らぎも含まれてるんでねぇかなと。

一瞬退屈なときとかあったけども
まとまった、という感じ。

渋谷すばるが良い!
途中から完全にそういう人になってて、まったくジャニーズ感なくなって。
この作品で渋谷すばるに正当な評価が与えられたとしたら、とても素晴らしいことですね、、。

二階堂ふみも普通だけど、絶対弱みを見せない盾のような強い当たりとか対応の雑さ荒さとかが良かった。なんかもうちょっと彼女掘ってもよかったかもね。

やっぱ軽い気持ちで見れるのって大事だけど、でもやっぱその軽さは軽さの代償がある。でも重ければいいってわけでなくて、そのバランスがむずいよね。
頑張ってバランス保ってる感ありました。

元の赤犬のボーカルの人、セリフほぼないし顔も薄くて覚えられんけど、でっけぇ役もらったよな。裏の主人公だよ。胸熱。

すいかのシーン、どうでもいいことを共有することで交流するんですよね。
be

beの感想・評価

4.0
記録
やま

やまの感想・評価

3.8
二階堂ふみちゃんの関西弁と少し掠れたハスキーボイスが内容に合っていてすごく良かったです。
むーん

むーんの感想・評価

3.6
この作品は主題歌がほんと合ってて好き。

二階堂ふみの関西弁も最高すぎたしあのくらいの適当な感じを自然に演じてるのが合ってる気がする。

ポチ男って名前のセンスも関西ぽくて可愛かった。
akame

akameの感想・評価

4.0
これを観ると、大阪の人のことをもっと好きになった。
「しょうもな」ってセリフの凡庸性&場の破壊力、好きです。
カスミのセリフ(うろ覚え)「うちには、生きて行くために4つあればいい。おじい、スタジオ、マキちゃん、赤犬」が印象的で、色々考えさせられた。
私にはいくつあれば生きて行くのに充分だろうか。
超期待して見に行ったんですが、味園ユニバース一回しかでてこないし、正直期待はずれ…
私的なんで題名これにしたんだ大賞ノミネート作品
渋谷すばる君の歌がよかったです。
>|