Hiroco

百円の恋のHirocoのレビュー・感想・評価

百円の恋(2014年製作の映画)
4.0
とにかく痛すぎる一子を演ずる安藤サクラさんの女優魂なのか?一子のキャラがすごいのかよくわからなくなって、魅了されまくりだった。あの試合開始の目つきは確かに接客向けじゃないぜ!ボクサーだ!いけ!左ストレート!

隙だらけな序盤のぐぅ〜たら感からして、モラトリアム好きの作風かと油断した。巻き返しの疾走感が気持ち良い!
ラストのまとめ方も絶妙で、甘くねー!からのエンディングソング、百八円の恋が「痛い痛い痛い」って言ってる抜かりなさ!隙無し!面白かったー