けい

百円の恋のけいのネタバレレビュー・内容・結末

百円の恋(2014年製作の映画)
4.1

このレビューはネタバレを含みます

邦画好きなら観て損はない。
素晴らしい演出と安藤サクラの好演。

前半は本当に登場人物がみんな腐っていて、これはこういう映画なのかなって正直思った。胸糞映画というのも結構あるから。

後半は打って変わって、少しずつ主人公が変わっていく。前半の様々な鬱屈した重いを抱えながらなんとか立ち続けようとする姿に涙が溢れる。

上手くいくことが感動するのではなくて、上手くいかないこともあるけど前を向いていくことに胸を打たれる。

最後のエンドロールもしびれたわ。