チェダー

百円の恋のチェダーのネタバレレビュー・内容・結末

百円の恋(2014年製作の映画)
4.1

このレビューはネタバレを含みます

安藤サクラがますます好きになった。
32歳、ニート、実家暮らし、妹と口を聞けば喧嘩。何だか自分にとっては見た事のある風景。
一子はどうしようもなく駄目人間なんだけど、ある事がきっかけで彼女がボクシングに通い、打ち込んでいく姿はただただ単純に格好良かったし美しかった。新井浩文の役も糞だけど、何となく一子と雰囲気が似ているなと感じた。1度は捨てたくせに、彼女がボクシングしている姿を遠くから見ていたりとか、彼もまだ彼女が好きなんだと思った。好きじゃなかったら試合観に来ないし、最後もちゃんと待ってたし。

人は何かを一生懸命に取り組んでいる姿はこんなにも美しく、恰好いい。

一子が100円コンビニで働いているスタッフが糞過ぎて、自分もコンビニ経験があるから観ていて気持ちが分かるし単純に腹が立った。けど、あのパンチは超スカッとした。

あの廃棄ババアは、何故か自分は嫌いじゃなかった。逆に好きだった。本当は駄目だけど一子と同じ事してしまうかもしれない。

久々に元気を貰えた邦画映画だった。安藤サクラ最高!