Aimi

百円の恋のAimiのレビュー・感想・評価

百円の恋(2014年製作の映画)
4.0
私の中での邦画って、めっちゃダメかめっちゃ良いかのどっちかに分かれててめっちゃ良いに出会うのは滅多にないんだけれど、久しぶりに出会った!

32歳ニートの女性がボクシングに出会って人生を輝かせていく話。
たくさんの「痛い」がそこかしこに在る。
冒頭のニート姿は見るからに痛いし、あんな形で初めてを体験するなんて観ていて心が痛かった。出会った男は最低なんだけど、その人に尽くしちゃう姿も観ていて心が痛かった。優しいんだね。だからあのホームレスの人たちにも優しく接していたし、断れないし、世話しちゃう。
そんな彼女がボクシングに出会う。ベストを尽くして闘った後、互いを讃え労わる姿に魅了される。

なんとなく。流れで。やりたかったから。
理由はなんであれ、始めてみて、そこに何か心を鷲掴みにするものがあると人はそれに夢中になる。
起きてる間はそのことばかり考えて、たくさん学んでたくさん練習して、上達したらそれが嬉しくてさらに学びさらに練習する。
その直向きさは人を変える。
顔つきが、表情が変わる。
雰囲気が変わる。
目が変わる。
人生が色づき始める。

冒頭と中盤とラストの彼女を見てみてよ。
もう全然違う。

ボクシングで殴られる姿はほんとに、まさに痛いんだけど、それでも立ち、勝ちたいと泣いた彼女の姿は私よりはるか高みを歩いてた。

彼女のそんな姿に感化される人がこれからどんどん出てくるんだろうね。