tarupon

百円の恋のtaruponのレビュー・感想・評価

百円の恋(2014年製作の映画)
3.8
安藤サクラ、すごい!その一言に尽きる。
最初のひきこもりのダラダラ総てが緩み切った感じから、後半変わっていく部分まで、別人!?って思うくらいへの変化。
そして、安藤サクラの演じる女性って、なんかそかはかとなく可愛さがあるんだよね。どうみても、可愛い要素ゼロであっても。
試合の場面は、なんか涙がとまりませんでした。
ボクシングが入る映画って男性はあるけれど、女性であそこまで激しくやるのは初めて。
そして、新井浩文の役がハマりすぎている。ずるくてあれでよりを戻しちゃうんだろうなぁ。
あと、坂田聡が演じる店員の野間がホントにうざくてクソすぎて最低だった。