百円の恋の作品情報・感想・評価

百円の恋2014年製作の映画)

上映日:2014年12月20日

製作国:

上映時間:113分

3.9

あらすじ

32歳の一子(安藤サクラ)は実家にひきこもり、自堕落な日々を送っていた。 ある日離婚し、子連れで実家に帰ってきた妹の二三子と同居をはじめるが折り合いが悪くなり、しょうがなく家を出て一人暮らしをはじめる。夜な夜な買い食いしていた百円ショップで深夜労働にありつくが、そこは底辺の人間たちの巣窟だった。 心に問題を抱えた店員たちとの生活を送る一子は、帰り道にあるボクシングジム…

32歳の一子(安藤サクラ)は実家にひきこもり、自堕落な日々を送っていた。 ある日離婚し、子連れで実家に帰ってきた妹の二三子と同居をはじめるが折り合いが悪くなり、しょうがなく家を出て一人暮らしをはじめる。夜な夜な買い食いしていた百円ショップで深夜労働にありつくが、そこは底辺の人間たちの巣窟だった。 心に問題を抱えた店員たちとの生活を送る一子は、帰り道にあるボクシングジムで、一人でストイックに練習するボクサー・狩野(新井浩文)を覗き見することが唯一の楽しみとなっていた。 ある夜、そのボクサー・狩野が百円ショップに客としてやってくる。狩野がバナナを忘れていったことをきっかけに2人は距離を縮めていく。なんとなく一緒に住み始め、体を重ねるうちに、一子の中で何かが変わり始めるーーー。

「百円の恋」に投稿された感想・評価

雄貴欠

雄貴欠の感想・評価

3.7
なんといっても安藤サクラさんの役作り。
作品が始まった時は太った主人公が、
ボクシングを始めて激やせするっていう…
ジャブしてるシーンとか練習を重ねてキレ良くなってってるのも凄い!
安藤サクラさんの役者魂が伝わってくる作品。内容は邦画によくあるラブストーリーを1万円とかに例えるならタイトルの通りの恋なのかなと合致できた。
歩

歩の感想・評価

4.2
自分の価値を見出せず“自堕落”が代名詞のような女だった一子が、ボクシングと出逢って一皮も二皮も剥けた。

登場人物みんなキャラが立ちすぎて、所々クスッと笑ってしまうシーンがあって好き。個人的には、「ぶりっ子すんな、殺すぞ」ってとこと、「マジすかっ?」を繰り返すとこツボだった。笑

安藤サクラが「愛のむきだし」のときの何倍もいい女優になってて魅せられた。

人間どんな環境であろうと、意志さえあれば変われる。
おれもああいう眼で、這い上がれる男になろうと心から思った。

” Hangry | Angry ”

負け犬でも頑張れる。


安サクの女優魂がビンビンでした。
「愛のむきだし」より、ひと回りもふた回りも良かったです。

しずちゃんとの試合が見てみたいです。

主題歌の「百八円の恋/クリープハイプ」も良かったです。
kなこ

kなこの感想・評価

3.6
2017.11.25
YuuNanbu

YuuNanbuの感想・評価

3.8
まっすぐな姿に憧れる。
shogo

shogoの感想・評価

3.9
人の原動力はどこに転がってるか分からない。
女の人は強いなー。
男もあんなカッコよくなれるかな。
安藤サクラかっこよかった。このキャラ好きだなぁ~。だらだらしたダメ女がボクシングと出会って、心も体も髪型までかわっていく。最初のダメ女の役作りも良かった。ぶりっ子してんな、殺すぞ!とか随所に見られるセリフも面白い。最後、結構きゅんきゅん❤️
TSUBASA

TSUBASAの感想・評価

3.5
【どん底からの拳】75点
ーーーーーーーーーーーーー
監督:武正晴
製作国:日本
ジャンル:ドラマ・スポーツ
収録時間:113分
ーーーーーーーーーーーーー
最初はどうしようもないニートであったアラサーの女性が、コンビニで働き、男と出会い、そしてボクシングをしていくことで成長していくというどん底から這い上がる状況を描いています。何をしたいかよくわからない、何のために生きているのか、ということを度々思う人にとってはかなり印象に残る作品ではないでしょうか。なんだろう、やはりボクシングというスポーツはそういう魅力を持っているのでしょうか。そしてどん底から這い上がる輩を描きますから頗る面白い。これがボクシング映画にハズレがない所以なのかもしれません。

斉藤一子は32歳になったのにもかかわらず、実家でニート暮らし。実家の弁当屋の手伝いもせずタダ飯を食ってはゲームをするばかり。痺れをきらした妹の二三子が一子と喧嘩を始めてしまうのだが。。

冒頭からのだらしなさよ。腹をかきながら甥とボクシングゲームをするその様はいかにも浮浪者。そりゃあ妹もブチキレることでしょう。追い出された一子は行きつけの百円生活という怪しいコンビニでアルバイトをするのですが、ここの店員たちもなかなかの変わり者揃い。売れ残りを毎回回収しにくる婆さん。毎日バナナを大量に買いにくるリアルバナナマンなど、あのBG Mがひたすら流れながらこれなのでカオス以外の何者でもない。

そんな中、気になる男を見つけます。そしてとある理由から近所のボクシングジムに通い始めるのです。やはり、どれだけ錆び付いていた人間でも、何か目標を持つと目つきや顔立ちがガラリと変わる。このどうしようもない一子を演じたのは安藤サクラ。彼女は中々の演技派女優です。最初と最後では同じ役者とは思えないほど違っています。まさにどん底からの拳。決してサクセスストーリーではないものの、それがまたリアルであり多くの人の共感を得たのではないでしょうか。案外人生ってこんなものではないでしょうか。そう考えたら、目標や進路が決まっている人の人生というのはかなり恵まれていますね。

人によっては人生をやり直してみようと思える作品。人生に深い悩みをもつ、もしくは人生を空虚なものと考えている、そんな人にオススメな一品なのかもしれません。それにしても今作、いつまで準新作やねん(笑)
蓮華

蓮華の感想・評価

3.5
安藤サクラがすごい映画
うこん

うこんの感想・評価

3.2
やっと観れたいい具合にポジティブになる
>|