百円の恋の作品情報・感想・評価

百円の恋2014年製作の映画)

上映日:2014年12月20日

製作国:

上映時間:113分

3.9

あらすじ

32歳の一子(安藤サクラ)は実家にひきこもり、自堕落な日々を送っていた。 ある日離婚し、子連れで実家に帰ってきた妹の二三子と同居をはじめるが折り合いが悪くなり、しょうがなく家を出て一人暮らしをはじめる。夜な夜な買い食いしていた百円ショップで深夜労働にありつくが、そこは底辺の人間たちの巣窟だった。 心に問題を抱えた店員たちとの生活を送る一子は、帰り道にあるボクシングジム…

32歳の一子(安藤サクラ)は実家にひきこもり、自堕落な日々を送っていた。 ある日離婚し、子連れで実家に帰ってきた妹の二三子と同居をはじめるが折り合いが悪くなり、しょうがなく家を出て一人暮らしをはじめる。夜な夜な買い食いしていた百円ショップで深夜労働にありつくが、そこは底辺の人間たちの巣窟だった。 心に問題を抱えた店員たちとの生活を送る一子は、帰り道にあるボクシングジムで、一人でストイックに練習するボクサー・狩野(新井浩文)を覗き見することが唯一の楽しみとなっていた。 ある夜、そのボクサー・狩野が百円ショップに客としてやってくる。狩野がバナナを忘れていったことをきっかけに2人は距離を縮めていく。なんとなく一緒に住み始め、体を重ねるうちに、一子の中で何かが変わり始めるーーー。

「百円の恋」に投稿された感想・評価

雄貴欠

雄貴欠の感想・評価

3.7
なんといっても安藤サクラさんの役作り。
作品が始まった時は太った主人公が、
ボクシングを始めて激やせするっていう…
ジャブしてるシーンとか練習を重ねてキレ良くなってってるのも凄い!
安藤サクラさんの役者魂が伝わってくる作品。内容は邦画によくあるラブストーリーを1万円とかに例えるならタイトルの通りの恋なのかなと合致できた。
tanaJ

tanaJの感想・評価

4.0
今から人生のスタートを切る!って人に見てほしい。
15歳でこの映画にあえて良かった。
前半はまったく面白くなく
携帯触りながら見てたけど後半になって主人公がボクシングにのめり込んで行くところからガン見。

演技もすごい。
愛り

愛りの感想・評価

5.0
これを観終わった後、しばらく百八円の恋を聴きながらランニングしてたっけな。
終わったのは始まったから、負けたのは戦ってたから、歌詞にある通り、何も行動しない奴は負けることもないし終わることもないけれど始まってもないし戦ってもないってこと。
自分を変えたきゃまずは自分自身と戦わなきゃならない。かっこ悪いくらいに一生懸命に。努力してる奴はかっこ悪いもんだ。
ボクシングで最後にハグするのは、憎しみあって殴ってるわけじゃないからって言ったクソジジイを「憎しまなきゃ殴れねェだろ」ってボソッと言った新井さんにノックアウト。
ペ子

ペ子の感想・評価

4.0
開始30秒で安藤サクラという存在を忘れて、完全に一子を見ていた 肉の塊を噛み切れず泣くシーンが好き エンディングの入り方がとても良い
一子がボクシングにのめり込んでいく姿がとにかくすごい。
普段男っぽい一子だけど、好きなひとが出来て、女らしさを見せる姿にもなんだかホッコリ(^ω^)
かわいかった。

安藤サクラさんの役者魂を感じる一本でした。
コッタ

コッタの感想・評価

3.5
リアル、の一言に尽きる。

ボクシングはそんなに甘くないんだよってセリフと、1度でいいから勝ちたかったってセリフが妙に刺さった。

安藤サクラの演技の迫力にやられる映画。
きっと日本だけじゃなくて世界中に一子みたいな人がたくさんいて、その内の1人でしかない一子。
一子が確実にそこに居る、そんな演技。
底辺っていう道を進んでいた一子。ボクシングを始めてからの一子がすごくいい。安藤サクラのビフォーアフターがすごくて本当にボクサーに見えた

頑張るレベルじゃなくて「変わる」レベルになると人は何にでもなれるのかなって

新井さんがいいキャラしてた
だい

だいの感想・評価

4.0
演技りょくやばい
>|